« 出番を待つ冬野菜たち | トップページ | 後期のじゃが芋と玉ねぎが届きます »

2011年1月20日 (木)

生産グループの鶏

(つづき・・・)

八代さんの鶏小屋を見せていただきました。
30畳?くらいの広さの、日当たりのいい鶏小屋。こんな大きい鶏小屋が3つあって、今350羽くらいの鶏がいるそうですよーhappy02

Img_9650

白い鶏は雄鶏。大体雌鶏20羽に1羽くらいいるんだってsign01(はい!だから有精卵なのね)

Img_9643

ここは卵を産む部屋。ちゃんとカーテンも付けてもらってます。

Img_9645

小部屋はたくさんあるのに、皆それぞれ自分のお気に入りの部屋があるそうで、部屋が空くまで、外でじっと待っているんだってdash

Img_9648_2

わぁ、産みたてほやほやの卵がたくさんsign03

大体一羽が2~3日に1こ卵を産むんだって。
鶏のエサは、野菜くずやお米のヌカ。12番小宮さんの家では小さいじゃが芋やカボチャをゆでてあげたり、23番稲葉さんの家では、みかんをたくさん入れてあったよdelicious

(あー、私も食べたい!) 幸せな鶏たちだね~。

                                             企画 堀江

|

« 出番を待つ冬野菜たち | トップページ | 後期のじゃが芋と玉ねぎが届きます »

コメント

三芳平場飼いの鶏を頂きました。直ぐに浮かんだのが参鶏湯(サムゲタン)!韓国では夏に滋養強壮食として頂くが、この寒さに我慢できず早速料理。長時間煮込むことで薬草との絶妙なコラボ・スープと共に美味しく堪能しました。今度機会があれば丸鶏で頂き本格的な参鶏湯にチャレンジしたいですね。その際はよろしくお願いします。私のブログに写真をUPしましたのでご参考までに。 http://blog.livedoor.jp/shokunoh/

投稿: 國井孝昭 | 2011年1月29日 (土) 20時03分

國井さん
参鶏湯の写真とレシピを見せていただきました。本場さながらの内容に驚きました。
我が家もテレビドラマ的には韓流ブームがおきていますが、料理の方といえば...まだ「トッポッキ」くらいです。
我が家の鶏肉もまだ残っているので、色々と試してみようと思います。

生産者番号 56番 八代

投稿: 八代弘樹(生産グループ) | 2011年2月 1日 (火) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出番を待つ冬野菜たち | トップページ | 後期のじゃが芋と玉ねぎが届きます »