« 「若菜摘みの会」のお誘い | トップページ | 今週の野菜 »

2012年3月21日 (水)

早春の出会いが、新たなご縁に

この春、世田谷の環境講座にて三芳の野菜をふんだんに使った調理実習を開催しました。この講座は環境に関する様々な調査研究を通じて、環境意識の向上を図る市民活動で、食と農、水、緑部会などがあります。
Img_0539_3
普段から食にも関心の高い方が参加されていますが、ここでの出会がきっかけとなり早速、三芳を訪問して頂きましたのでお寄せ頂いた紀行をご紹介します。
 

clover三芳訪問記 (世田谷在住 石川令子様)

3月中旬陽春の中、世田谷区生涯大学で福祉を学ぶ15名で三芳を訪問しました。初めに、山積したダンボール箱を確認しトラックに積む人、伝票を作る人、野菜を分ける人など、もくもくと働く出荷の様子を見学しました。

Dsc_0023_2

「みんなの家」近くでは、手入れの行き届いた畑にいたく感心。平場飼いの鶏小屋では、白く大きな雄鶏が威風堂々と我々を迎えてくれ、その周りを元気な雌鶏が「コケッコッコー」と鳴きながら何しに来たの?と訝しげに首を傾げていたのが印象的でした。

Dsc_0043

農家の方からは、無農薬農業のご苦労を伺いましたが、同時に大変なやりがいを感じていることも伝わり、これからも妥協せずプライドを持ち、真当な野菜作りに取り組んで欲しいと願い、三芳を後にしました。   

clover三芳縁農記 (船橋市在住 小野寺祐子様)

田んぼの仲間二人と縁農に参加しました。環境講座で学んだ食材の無駄や、無節操な食事に大いに反省心を持って三芳の縁農に臨みました。

4889319505d478f0

届けられた野菜を目にして、次々と作る料理の多才さに目を丸くし、残りを無駄なくアレンジする様にさらに感嘆しきり。房総といえば、鴨川の米か、海の幸というイメージがあったので、野菜料理でテーブルを賑わすとは想像していなく、ちょっとした驚きでもありました。二日間に渡り、三芳の宝を見せて頂き感謝感激。また足を運びたいと思います。

18133918372a44cf04

寄稿頂いたお二人から、気付かされることは、まず行動してみること、小規模農家への思いやり、そして野菜の持つ力、食の原点に回帰して豊かさを見直すことなどの大切さです。これからも生き甲斐と感動を味わう仲間を求めて行動して参ります。末筆になりますが、この出会いが食べる会との新たなご縁に結びついたことを付け加えておきます。 

                    企画/縁農委員 國井孝昭

|

« 「若菜摘みの会」のお誘い | トップページ | 今週の野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「若菜摘みの会」のお誘い | トップページ | 今週の野菜 »