« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月26日 (火)

6月の田の草取り縁農

入梅を目前としたこの季節、田植え後ほぼ一か月を経過した田んぼでは草取りが主な縁農作業となる。苗の活着と共に草たちも元気なのである。
初日は時折横殴りの強風を伴う雨天であるが、16番、古宮さんの熱意を感じて、縁農委員6人全員で草取りに集中することに。ホタルイが主であるが、やや浅水のところにはヒエも繁茂し、少々手こずりながらの除草となる。

Photo

Photo_2

格闘?すること二時間強で、粗方目立つ草を取り除くことができた。草丈20㎝程度のヒエであるが結構根付いており、後半は草を抜く手にも力が入らないほどである。一週間も遅れたら大変な労力が必要になることは容易に想像できる。

Photo_3

荒天にも拘わらず、腰を曲げ、ただひたすらに水面に向かう作業に、一同遣り甲斐を感じての「縁農日より」となったのではなかろうか。とにかくこの雨は恵みをもたらすものであることを願うばかりだ。

二日目は、前日とうって変わり、日照りが眩しいほどの初夏の陽気になった。この日も12番蓑浦さんでの田の草取りである。

Photo_4

同じ地域の田んぼでも生えてくる草たちは全く違い、ホタルイやヒエは見当たらず、水草のような浮草状のものとアゼナのような植物が水面一面に生えている。田植え後二週間ほどしか経っていないために根張りも少なめで、比較的簡単に取り除くことができ、ご夫妻に3名の縁農委員が加わり、午前の3時間程度で、ほぼ一反歩の除草が完了した。農家の仕事はエンドレスであることは重々分かっているが、やはり区切りよく終わると、それだけで心が晴れ晴れするものである。

Photo_5

あと三か月ほどで実りを迎えることになるが、これからも日々腰を折り、水面に向かう、肉体的にはキツイ仕事が豊穣を想いながら続くことになる。

田の草取りを縁農した後は、改めて三芳から届くコメ袋の表記が心に響く。
「九十九度の腰折って、八十八度の手をかけた、お天道様とおれ達の二人三脚」。農繁期における豊かさを万感しての縁農記である。

                               縁農委員 國井孝昭

| | コメント (4)

2012年6月16日 (土)

今週の野菜

Img_0933_1024x802

6月14日

ニンジン、大根、じゃが芋、玉ねぎ、レタス、ショウガ、夏みかん、卵

特注できる野菜・・・玉ねぎ、ニンジン、じゃが芋、じゃが芋(小)、ニンニク、夏みかん、川野(甘夏みかん)、ショウガ、梅酢、マヨネーズ、米粉

snail特注は、出荷場にFAXしてね!

| | コメント (0)

2012年6月14日 (木)

森(?)を育てています

いよいよ梅雨入りですね。

畑の様子も春野菜から夏野菜に切り替わってきました。

そんな中、突如、畑の中に緑の森が出現!

Photo

でも、よく見ると様子がおかしい...(ん?)

これは、サニーレタスです。

この陽気で中心の茎がものすごいペースで伸びてきました。

鶏さんもこの暑さで弱ってきていますので、毎日1回、これを鶏舎に入れています。

鶏さんもこの新鮮サラダを食べて卵をたくさん産んでくれることでしょう。

また、この時期は水田でたくさん増えた「ザリガニくん」を捕まえて、同じく鶏舎に入れます。

鶏さんが「ザリガニくん」を食べると卵の黄身が赤くなります。

その卵にあたった方は「大当たり!」

いい事があるかも...なんちゃって(笑)

栄養満点の卵を食べて、この夏を乗り切ってください。

三芳村生産グループ  生産者番号56番  八代

| | コメント (0)

2012年6月 7日 (木)

2012年度のお米の年間注文を受け付けています

 三芳では田植えも終わりました。秋の収穫まで順調に育つことを願うばかりです。
只今、2012年度のお米の年間注文を受け付けています。

今年度のお米の人数配分(比例配分)は9月、1月、5月です。

年間注文票にある説明をお読みいただき、ご注文ください。

たくさんのご注文をお待ちしています。

           事務局

| | コメント (0)

放射能測定結果

6月6日現在の生産物の放射性物質の測定結果を
お知らせいたします。

「hp.2012.6.6 radioactivity.result.pdf」をダウンロード

☆三芳村生産グループより:青梅の結果が不検出だったことを受け、
青梅の出荷および梅干し、梅酢、しそ葉漬け作りを始めます。
             放射能汚染対策プロジェクト

| | コメント (0)

ニンニクのじゅうたん

これは生産者番号12番の古宮和男さんのニンニク畑です。

Ninniku_1 

ニンニクは育つのに長期間(8ヶ月くらい)畑を使う事もあり、昔に比べて作る量も減ってきていますが、古宮さんは今もたくさんの量を作っています。

ニンニクは土から引き抜いた後、天日で数日間干し、その後取り込みます。

ニンニクは250gで350円です。

Ninniku_2

スーパーで並んでいる国産ニンニクよりも安く、また種類も香りの強い皮が赤紫の在来種とこだわっています。

特注も受け付けておりますので、よろしくお願いします。

生産者番号 56 八代

| | コメント (0)

2012年6月 5日 (火)

共同購入品の申し込み

shine平成24年度の共同購入品の一括申し込みの受け付けをいたします。

一年に一度の注文です。忘れずに、締切日までに各ブロックの窓口に必ず郵送でお申込みください。

締切日 7月6日(金)

(詳しくは、ピンク色の共同購入委員連絡会からの「おたより」を見てねsign01

                                     共同購入委員連絡会

| | コメント (0)

5月末の縁農報告

5月の連休に続いての生産グループのご要望により、縁農に出掛けた。この時期まさに猫の手も借りたい農繁期真っ盛りである。

Img_0116

一日目は、32番君塚さんでのタマネギ収穫をお手伝い。
タマネギを抜き、草を刈り、次作に備えまた畑を整える作業である。横にはまもなく収穫期を迎えるジャガイモ畑が広がり、その花は満開である。

Photo

初夏のやや強い陽射しがあるものの、畑を横切る風は幾分ひんやりと、実に心地よく快適な畑仕事でもある。

Photo_3

残り時間を里芋畑の除草に充てる。100mもあろうか長い畝の除草はなかなか進まず、ほんの僅かでこの日は作業仕舞いとなる。有機農家の大変さが改めて実感できる時でもある。

Photo_4

二日目は12番古宮さんでのニンニクの収穫である。三芳一番のニンニクと自慢するだけの見事な出来栄えである。この畝も100m級。果たして結果はほぼ半日で四分の一を収穫するのがせいぜいであった。

抜いたニンニク畑は根を切った後二日ほど天日乾燥し、再度ハウス内保管後、出荷を迎える。葉の途中からニンニクの芽が出る奇形も見られ、生命力の強さを感じる。

Photo_6

ニンニク畑横では、ご夫婦でタマネギの収穫に精を出されていた。畑のいたるところに目配りしながらの無駄のない動きは、まさに百姓の気遣いが行き届く場所でもあるのだ。

Photo_10

二日目も野良仕事に最適な天候に恵まれ、清々しく畑に向かうことが出来た。
縁農とは名ばかりでいくらの労力にも成りえないが、交流を通じてお互いに僅かであるがリフレッシュの時を持てたような気もする。縁農でいつも想う、土に向かうことは命の食としての野菜作りの基本であり、同時に生きることの根幹を体感する時でもあるのだと。

                                     縁農委員 國井孝昭

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »