« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

9月稲刈り稲架がけ縁農

房総半島も実りの秋を迎えた。稲刈り稲架掛け縁農の第一段がスタート。初日は16番古宮さんの稲架がけである。

021

経験豊かな縁農委員の軽快な動きで、黄金色に広がった田んぼがたちまち稲架がけの風景に変わる。参加者一同みんなの家の前で記念撮影。

022_2

翌日はみんなの家の前に広がる12番古宮さんの約4反歩の稲架がけとなる。
50mは有に超す竹製の稲架約数10本は、たわわに実った稲でずしりと垂れ下がる。

023_2

約4~5日間、天日に晒し完熟してから脱穀するとのこと。自然の力を最後の最後まで借りた稲架がけ、この豊かな秋の田園風景、いつまで見ることができるのであろうか。

024_2

隣接田んぼでは、所々に青々とっしたヒエが目立つ。稲間には盛んな分をした強靭なヒエが立ちはだかり、稲刈りバインダーのいく手に支障を来すため、事前に鎌を使って刈ることに。小一時間、稲間に顔をうずめて苦闘の末、スムーズな稲刈り作業を支援することができ、忽ち田んぼに稲束の広がりを見せたのである。

025

隣接の慣行田では、コンバインによる稲刈りが終了したようだ。籾殻に火が放たれ田園一体を煙らせる秋の風情でもあるが、私には無味乾燥な風景に映る。米を作った稲わらは、様々な形態で利用されることなく、収穫後は直ちに灰となる様は工業化社会の縮図を見ているようだ。ここには命の営みを見つめる時間が少なく、農業文化までもが否定されているように思える。

026_2

9月上旬のこの時期はまた、蕎麦蒔きの季節である。今年も少し高地にある中村さんの畑で自家採取の種を蒔いた。蕎麦の会恒例の行事として、年末にかけて蕎麦を打って嗜むのである。

027_3

三芳には手頃なそば前も豊富である。その一助を担うなが蕎麦畑の隣で収穫を待つばかりの生姜、見事に成っている。天水だよりの山麓にあって、麓に掘った井戸でこまめに水撒きをした結果でもある。今年も高温、小雨に泣かされた。関東では三週間強、まともな降雨がない。天水だけでは野菜も限界なのである。日射も一段落した夕刻に、20年以上も使用しているという放水銃にて水まきをしてこの日の作業を仕舞いとしたのである。

028_3

翌週9月中旬も稲架がけ縁農の第二段である。三芳生産グループでもほぼ最終の稲刈り、稲架がけとなる。14番箕浦さんの約二反部、二日にまたがる縁農である。秋の落日は釣瓶落とし、初日一反部の稲架かけが終わった頃には、日中の猛暑がうそのような清々しい夕空にしばしねぎらうことができた。縁農者はこれで上がりであるが、実は農家の方は、すっかり日が落ち周りに夕闇が訪れるぎりぎりまで翌日の稲刈り準備作業を行っていたのである。翌日直ぐに稲架掛けできるように数条の稲を刈り、稲架の場所を確保するためだ。縁農者には見えないところで、気持ち良く作業ができる環境を準備万端、進めてくれていたのである。

029_5

夜半には台風16号の影響と思われる豪雨に見舞われたが、翌朝はすっかり快晴、どうにか残り一反部の稲刈り、稲架掛けができそうである。半年前から来ている三芳研究員の若人と三人、途中バインダーの故障などのハプニングがあったものどうにか目処がつくところまで終えることができた。

030_4

縁農委員はこれで帰京するが農家には終わりがない。まさにエンドレスの農事が続くのである。地道であるが継続して毎日の作業を行うことで、消費者は望む野菜を口にすることができるのだ。縁農はその意味で単に援農に限らず、農家の日々の活動を理解し、課題を共有する学びの場でもあるのだ。田んぼや畑に出てしばし農作業を共にして汗を流すことで、生き方を見つける貴重な機会に繋がり、ゆるやかな絆からご縁に発展するのであろう。

今回の写真も写真愛好家の遠藤委員のご協力を頂きました。

                                   縁農委員 國井孝昭

| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

講演と映画上映会のご紹介

とき:10月11日(木)開場13:00
場所:コール田無 多目的ホール  
   (
東京都西東京市田無町 3-7-2) 

  西武新宿線 田無駅徒歩10分 

講演
  「まもりたい!未来のために」   13:30~

    講師 鎌仲ひとみさん(「内部被ばくを生き抜く」監督)
      

映画 「内部被ばくを生き抜く」   14:40~16:00

主催:西東京市  企画運営:西東京市消費者生活展実行委員会
問い合わせ:西東京市消費者センター TEL:042-425-4141

                  (事務局)

| | コメント (0)

横浜カーフリーデーに参加しました

 9月22日(土)横浜公園を中心に日本大通りから象の鼻パークまでを会場に、カーフリーデーが開催され、野菜とお茶の宣伝販売をしました。三芳から生産者がお二人、お茶生産者ご夫妻も駆けつけてくれました。
2012922_car_free_day_in_yokohama__6


 「安心の三芳野菜」「39年間露地栽培無農薬」あたらしく作った「佐藤さんのお茶」のパンフレットを配り、お茶は冷茶の試飲も加わって、多くの方が足を止めて生産物を手にとってくれたり、説明に耳を傾けてくれました。
話を聞いてくれたのは若い方が多く、とくに若いお父さんが積極的でした。お父さんが率先して聞きに来てくれた家族連れもありました。
 20代後半と思われる女性達が、生産者や会員の説明に聞き入り、玄米やお茶を購入していたのが印象的でした。
 

                     (城南ブロック)

| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

「そ~らの家」料理教室

「そ~らの家」料理教室のご案内delicious

武蔵野市のデイサービス施設「そ~らの家」で、料理教室を開催します。

食べる会会員歴39年の細田さん(井の頭ポスト)に講師になっていただき、三芳の無農薬野菜で作った料理の数々を一緒にいただきます。

appleメニュー・・・季節野菜を使ったラタトゥユ・野菜のちらし寿司・レモン風味の蒸し鶏・出汁のとり方・エンサイ(空芯菜)料理・・・などの予定です。

Img_1910_533x800←イメージです(ゆうゆう館料理教室の様子)

riceball日時:9月29日(土) 午前11時~午後2時

riceball会場:そ~らの家(武蔵野市)http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_hokenfukushi/000886.html

riceball参加費用:大人500円、子ども(小学生)300円 (+施設使用料200円をいただきます)

riceball定員:15名(小学生以下のお子さんは、保護者同伴でお願いします)

申し込み・お問い合わせ

●「そ~らの家」☎0422-71-3336(月曜~金曜午前9時~午後5時)

●「安全な食べ物をつくって食べる会」企画委員会 ↓こちらの「コメント欄」にお申込みください。

                                     企画委員 堀江美穂

| | コメント (0)

今週の野菜

Dsc_0503_1024x882

9月6日

オクラ、瓜、ピーマン、シシトウ、エンサイ、モロヘイヤ、ぶどう、卵
ゴーヤ(特注分)

riceball今週から、新米が届きますsign01お楽しみに~heart04

特注できる野菜・・・オクラ、シシトウ、ピーマン、ショウガ、古根ショウガ、たけのこ瓶づめ、梅酢

chick特注は、出荷場にファックスしてね!

| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

三芳キャンプの報告

7月28~29日に、三芳キャンプに行ってきました。
新宿発の特急さざなみ号に乗り、総勢27名(子供17人、大人6人、委員2人、ボランティア2人)での行事となりました。

1日目は、生産者の方に車で20分ほど離れた増間という地区の山奥へ連れて行っていただき川遊びをしました。川は木陰で、ひんやりと涼しく、小さな滝の滝壺の辺りはひざ程度の深さで安心して楽しめました。カエルや沢がに、小魚などを見つけたり、流れに沿って下流に冒険して、少し水の深い場所で高学年の子供たちは楽しんだりして、街の生活では味わえない体験を楽しんでいました。
川から上がり、スイカ割りをする頃には、今日初めて会った子供たちも、いつのまにか仲良くなっていました。
夕飯のバーベキューの前に、生産者の方々に竹細工を教わって、自分の使う箸とコップを手作りしました。バーベキューでは、三芳の夏野菜を美味しく頂きました。

Miyoshi11

2日目は、ザリガニ釣りと流しソーメンを楽しみました。
釣ったザリガニは、子供たちは生産者の方に教えてもらいながら自分たちで料理して食べてみました。見た目はロブスターを小さくした感じで、お味はエビに似ていたそうです。初めに食べた子どもが「美味しい!!」と一言いうと、あっという間になくなっていました。
昼食は、キャンプ恒例の流しソーメンを楽しみました。生産者の方が山から切り出してくれた長い竹での流しソーメンは、子どもだけでなく、大人の楽しめる本格的なもので、これも普段できない体験をさせてもらいました。

Miyoshi12

お天気にも恵まれ、三芳で気持ち良く過ごせて何よりの2日間になりました。
次回のさつま芋掘り(11月17~18日)も沢山の方に参加していただけると嬉しいです。

                                子供の家委員 北島昌子

| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »