« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月20日 (火)

今週の野菜

Dsc_0747_1024x585

11月15日

落花生、シイタケ、大根、人参、さつま芋、ネギ、チンゲン菜、カブ、ピーマン、シシトウ、卵

chick特注できる野菜・・・タケノコの瓶詰(お正月のお節にも、どうぞ~)、古根ショウガ、人参、大根、ネギ、梅酢

特注は出荷場にFAXしてね!

| | コメント (0)

共同購入委員連絡会より

                               

 

 

 

             

キーウィは順調に生育し収穫できたそうです。

椎茸は、雨の後に気温が15℃前後になると沢山出てくるそうです。収穫した後に4~5日乾燥し出荷されます。今年は千葉ブロック・三多摩ブロック・城南ブロック・都心ブロックの順に出荷されます。2キロ以上注文した方は、今まではひとまとめだったのですが、1キロずつに小分けして送られてくる予定です。

今回はお便りの方が遅くなってしまい申し訳ございません。なるべく早めにお振り込みください。

                             共同購入委員連絡会

| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

杉並区ゆうゆう館料理教室

立冬を迎えた11月初め、料理教室を開講した。杉並区のゆうゆう今川館を拠点に通算8回目の開催となる。この日は会員外から新たな先生を迎えての試みでもある。三芳 村生産グループが提供する旬の野菜へのこだわりから、講師も三芳「提携」の会員から選抜してきた経緯がある。年間6回開催が定着した現在、会員外から見た 三芳野菜の食べ方を試行する意味合いを含み、素材の安全性と旬を原則に、調理の多様性や楽しさを狙ったものでもある。
Img_1477_r
メニューは以下7品に加えて、収穫したての新米を提供することができた。

1.春菊のおひたし
2.ごぼうの牛肉煮
3.大根とツナのサラダ
4.キャベツのお好みサラダ
5.エビ玉炒め
6.チンゲン菜のホット鍋
7.さつま芋とレーズンのデザート

Img_1489_r

講 師は、出来るだけ手早く、しかしながら手を抜くのではなくひと工夫を加えた、彩り鮮やかなお皿になるべく心掛けてこられたとのこ。参加者への熱心な説 明、参画してもらう工夫など、新鮮で役に立つ試みでもあった。今回は野菜だけではなく、少しのお肉や海山物を加え、全体としてのバランスを保つことでメ ニューの広がりが出てきた。手間をかけなくとも豊かな料理を作ることができることに参加者の感心が寄せられたことは言うまでもない。

Img_1491_r

参加者は子ども2名を加えた12名である。新たな参加者が半数加わり、少しずつであるが広がりを見せていることは主催者として有難いことである。

食後は、極簡単に出来る、大人、子どもにも好評であったさつま芋デザートを食べながら、何時もの「食と農豆知識」のミニ講座を開催。食を作る、あるいは運ぶ為に費や されているエネルギーに焦点を絞り、フード・マイレージを紹介した。日本の食料自給率39%は先進国中最低であるだけでなく、海外への食品依存率も トップを占め、しかも食糧を運ぶ為のエネルギー消費量はダントツの世界一なのである。エネルギー問題が叫ばれて久しいが、栄養価の観点からも地産地消の推進を大いに推奨、実践したいきたいものである。

                                 企画委員 國井孝昭

| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

青空のもと、新穀感謝祭が開かれました

 11月4日(日)、みんなの家に近い稲都公民館駐車場で恒例の新穀感謝祭が開かれました。会員110名が参加(会員70名、会員でない方14名、子ども26名)、婦人部の手作りの料理やつきたての餅・焼き鳥・地酒に舌鼓をうちました。野菜の重さ当てクイズやブロック対抗玉入れなどゲームも用意され、生産者23名、婦人部15名の方の心づくしに感謝した1日でした。
帰りのバスの中で、三芳のおもてなしの心に感謝する声が聞こえてきました。

2012_3

2012_5

                      (事務局)




| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »