« 今日は今雨が降っています。 | トップページ | 「そして、誰もいなくなった」~昆虫や小動物たちから人類への警告~ »

2014年5月20日 (火)

「ニッキの木」の不思議な効能と「幻の白い筍」のお話

そろそろ筍も終わりに近づきました。我が家ではいつも私と母の2人で筍山に出かけます。そして母は平たんな場所、私は斜面を担当。

手分けして宝を探しにいきます。しかし、予想よりも収穫が少ない時は、相手が見終わった場所にもう一度探しに行きます。

そしてそこで筍を見つけて「こんなところにまだあった~」と誇らし気に叫びます。もちろん相手に聞こえるように。

そして顔はもちろん「どや顔」! 母が言うには、この瞬間がなんともいえない優越感なんだそうです。もちろん私も時々は反撃します。

気付くとお互い侵犯合戦になっている時も(苦笑)。

私は斜面担当ですので、よけいに体力が消耗します。また特に雨あがりなどは滑るのでよけに疲れます。

そんな時、山の斜面に生えている「ニッキの木」の葉っぱを枚、ちぎって香をかぎます。すると、なんともいえないいい香りがします。

子供の頃にお祭り縁日でよくニッキの香のする砂糖が売っていて、それをタバコのパイプのような容器に詰めて、ちょっと大人気分で吸っていたので、

その時の懐かしい時代を思い出します。そうすると、なんだか体に力がわいてきます。そのおかげで毎回元気に山を歩きまわる事ができます。

母が子供の頃は「根っこをよくしゃぶった」と言っていました。今は人工的に作った香もでまわっていますが、これは本物の木ですから、

より気分も向上するのだと思います。香りというのは本当に人体に影響を与えるものですね。

ニッキの木は葉の葉脈(血管のようなもの)が他の葉と変わっているので、すぐにわかります(写真では上の葉がニッキ)。

Photo

多分、ニッキの木は10本くらいあると思います。根は無理ですが、葉や茎が欲しい方(少しですが)はお送りします(先着20名くらいかな)ので三芳までご連絡ください。

また、この時期に話題になるのが「白い筍」。写真を見ればわかると思いますが、全身が白く、頭から根っこ近くまでやわらかく味は最高!

Photo_2

しかし今まで13年間、毎年掘っていて、見つけたのはたったの1本!多分1万本に1本程度の確率だと思います。

衝撃や乾燥に弱く、すぐに割れてしまいます。突然変異で白くなるというと「ホワイトタイガー」を真っ先に思い出しますが、

ちょっと違うかな?とにかくお宝の中のお宝ですね!

生産者番号56番 八代弘樹

|

« 今日は今雨が降っています。 | トップページ | 「そして、誰もいなくなった」~昆虫や小動物たちから人類への警告~ »

コメント

「おたべ⌋を食べて、ニッキとシナモンの違いを調べたら、
そうニッキは、根っこだった。
夜店の屋台で、ニッキを売ってたが、分からないので、
買ったことはなかった。最近は売っる屋台も見かけなく
なり、ちょっと寂しいかな。
ニッキの葉っぱ、爽やかな気持ちいいのでしょうか。

投稿: 今村ゆう子 | 2018年12月18日 (火) 19時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日は今雨が降っています。 | トップページ | 「そして、誰もいなくなった」~昆虫や小動物たちから人類への警告~ »