« 2014年度食べる会総会のお知らせ | トップページ | 三芳からの「宝石箱」は届きましたか? ~今この時代に足りないもの~ »

2014年6月17日 (火)

我ら「地中防衛軍」!!

  先日、我が家に来客があり、夜に外食を終えて車で家へ帰る途中「この音なんだろ?」と聞いてきた。愛車のエンジン音がおかしいのか?いや特に問題ない。結局その音は、な、なんと「カエルの合唱」。田植えがほぼ終わり、水が張られた田んぼでカエルたちが嬉しそうに歌っていたのである。

Photo

ほんとうに慣れは怖い。毎日カエルの鳴き声を聞いていると、子守唄どころか、気にならなくなってしまう。以前、同じように、ゼンマイ仕掛けの壁掛け時計の「カチカチ」という音を、電話中の相手に「なんか時限爆弾動いてない?」と指摘されびっくりした事を思い出した(笑)。

ちょっと話は変わるが、最近テレビCMで「抗菌、除菌、殺菌効果」などという言葉をよく耳にする。もちろん昔は日本も今のように衛生的でなかったはず。しかし今は、本当に菌の少ないきれいな部屋で生活している人がほとんど。それでも、さらにCMでは、洗濯物やキッチン、また部屋全体までも「これ一本で抗菌OK~」と流れている。もちろんトイレだってウォシュレットが増えている。

赤ちゃんだって、最近では哺乳瓶を煮沸でなく薬で除菌。おむつも綿の布ではなく、家でも常に使い捨ての紙おむつ。ベランダに干してある綿のおむつ等は全くといっていいほど目にする事はない。赤ちゃんはこれで大丈夫なのか?

私は、哺乳瓶はもちろんの事、キッチン周りなど、口に入るものを必要以上に殺菌するのはちょっと問題があるのではと時々心配になる。

有機農業は色々な菌に助けられて成り立っている。自然界にはもちろん悪い菌もいる。でも、良い菌もたくさんいる。有機物が発酵して堆肥になるのも菌のおかげ。私は、人の生活環境の清潔化と様々なアレルギーの人が増えてきたという問題は関係があるのではないかと思う。しかし、そんな事を言う私も、もう立派なおじさん。最近は靴の臭いが気になり、時々「シュッ」っと除菌スプレーを使ってしまう。また、公衆トイレでウォシュレットがあるとホッとする。本当に習慣とは怖いものだと思う。

最近よくテレビで流れる、レスリング選手が出る警備会社のCMを見て思う。私たち有機農業者だって「地球防衛軍!?」と言ってはちょっとオーバーかもしれないが、「地中防衛軍!!」ではあると思う!これからも色々な菌たちとうまくつきあい、少なくとも地中はいつまでも菌たちの楽園であって欲しいと思う。そしていつまでも、生態系ピラミッドの底辺をしっかり支えて欲しいと願っている。

また、今回の放射能事故による影響を一番受けているのは、実は菌たちかもしれない。人の真上に広がる大宇宙ももちろん大切。でも、三芳の農家は「足元に広がる小宇宙」をこれからも大切にしていきたいと思う。

生産者番号 56 八代弘樹

|

« 2014年度食べる会総会のお知らせ | トップページ | 三芳からの「宝石箱」は届きましたか? ~今この時代に足りないもの~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014年度食べる会総会のお知らせ | トップページ | 三芳からの「宝石箱」は届きましたか? ~今この時代に足りないもの~ »