« 巣立ちの季節 ~ ホッとひと安心 ~ | トップページ | みかんと高枝切りはさみ ~ミヨシ・ド・ソレイユ(笑)~ »

2014年8月 2日 (土)

マイブーム 「自家製の梅酒はいかが?」 

 皆さん、お酒のデビューはいつ頃ですか?私は中学生くらいです。未成年ですので問題が無いとは言えませんが、皆さんだいたいそれくらいの歳ではないですか?

その頃は、今のようにお酒の種類も多くはなかったですね。ワインも同様でしたが、我が家は「赤玉ワイン」の瓶が台所のテーブルの上にありました。そして祖母が時々寝る前に飲んでいたような記憶があります。

ところで、人が飲んだり食べたりしているのを見ると、なぜかおいしそうに見えてしまうもの。私も大人の目を盗んで、蓋をあけて香りをかいでみました。するとどうでしょう。なんともいえないいい香りがするではありませんか。ついでに一口。口の中に広がる芳醇な甘み。子供心に「ワインってこんなに甘くておいしいんだな~」って思いました。そしてもちろん、飲んだ...というか舐めた後は少し鼓動が高まるのを感じ、お酒を飲むってこんな感じなんだと思いました。それから、たま~に盗み酒(ほんのちょっとだけ)。そして、その瓶の中身が実は「梅酒」だった事を知ったのは、それからずっと後、20歳の頃でした(もちろん実話です)。初めて本物のワインを飲んだ時、そのすっぱさに、顔がゆがんだのを思い出します。我が家の瓶の中は自家製の「梅酒」。多分、祖母が入れ替えたのでしょうね。確か祖母は「これは、大人の薬だから」と言っていました。ですから、梅酒の香りをかぐと、時々祖母の事を思い出し、ちょっぴり懐かしい気持ちになります。

三芳では、5月頃に「青梅」が出荷されます。三芳だよりにも書きましたが、数人の生産者は自家製の梅干しを作っています。青梅にも虫がつくので、一般の農家ではもちろん農薬を使っていますが、三芳では、運良く虫に刺されなかった青梅を使って、こだわりの梅干しを作ります。

我が家にも梅の木が1本あります。春には少し花が咲き、いい香りがしますが、夏みかんの木に日差しを遮られているせいか、最近は梅の実がならなくなりました。ですから自家製の梅酒なんて、ここ十数年お目にかかれませんでしたが、仲間に「くずの梅で良ければあるよ~」と声をかけてもらい、たくさんの青梅をゲット!早速梅酒を8リットルの瓶に3つも仕込みました。全くの素人なので、スーパーに置いてあったメモを見て仕込んでみました。さあ、どうなる事でしょう。

Photo_6 

縁農などで、我が家に来られたら、是非振る舞う(毒味?)つもりですが、食べる会の方の中には、複数の果物を一緒に漬け込んだり(サングリアと言って、今流行っている)、また使用するお酒にこだわっていたりと、なかなか通な人もいるようです。この記事を見て、是非アドバイスしたい。また毒味...ではなく試飲したいという方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡ください。

三芳村生産グループ 番号56 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

|

« 巣立ちの季節 ~ ホッとひと安心 ~ | トップページ | みかんと高枝切りはさみ ~ミヨシ・ド・ソレイユ(笑)~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 巣立ちの季節 ~ ホッとひと安心 ~ | トップページ | みかんと高枝切りはさみ ~ミヨシ・ド・ソレイユ(笑)~ »