« 野菜の規格とB級品の活用術 | トップページ | 今年の夏を振り返って  ~ 芋掘り仕事と心理作戦 ~ »

2015年12月19日 (土)

仕事の優先順位 ~ ヌカの争奪戦 ~

いよいよ大根やネギ、そして小松菜などの出荷が始まり、冬の足音が近づいてきましたね。枝豆も早く出荷しないと色が変わってしまいます。最近の私は、お腹の中も頭の中も枝豆の事でいっぱいです。さて、枝豆と一言でいいますが、同じ種(大豆)を使っても畑によって枝の状態や大きさも異なります。そして味も違う事がわかってきました。三芳には枝豆を一番早く出荷する先輩…いわゆる「枝豆奉行」がいて、私はいつも二番手でしたが、今年は最初に枝豆を出荷する事ができました。今年は2種類の豆を7か所の畑にまき、サヤのふくらみや葉の色を比較しながら早く熟した場所から選んで出荷してきました。そして最初、枝豆は競合が少なく調整にならないので、だいたい良い畑で早めに種をまいたものを出荷し、収穫が終わったらその畑はすぐに耕して、別の葉物野菜などを植えられるように段取っています。また、今年の大豆はほぼ計算通りに進みました。

何でも「一番」というのは気持ちがいいものです。枝豆を一番早く出荷し、その夜にB級品は我が家の食卓へ…。何といっても初物。枝豆がたらふく食べられるので本当に楽しみにしていました。残念ながら仕事が終わっていなかったのでビールはおあずけとなりましたが、私は茹でたてのその枝豆を口に放り込みました。その時「ん…!」。「こんな感じだったかな?」という気持ちになりました。三芳の枝豆は、何と言っても鮮度もいいし味は保証付きのはずでしたが、そのわりには何かちょっと物足りない気がしました。今季初めてでしたので、茹で方のせいなのか、塩分がちょっと足りないのか?その時はそんな理由だと思っていました。しかし最初の畑の収穫が終わり次の畑の枝豆に切替わった時に、最初の畑の豆の味が今一つであった事に気付きました。そういえば、その場所は9月中旬からの長雨で枯れた枝豆の木もあった場所。収穫した木は元気であったし、見た目ではわからなかったが、初物とはいえ今回はチョット失敗したかもしれません。食べる会の方の晩酌のビールの味にも影響を与えてしまったかもしれませんね(反省)。最初の一口目の違和感を思い過してしまうようでは、私もまだまだですね。新米がとれる9月はテレビで「お米マイスター」の方が活躍し、日本各地のお米の良さをアピールしています。同じコシヒカリでも、産地によって味が異なるようです。また話によると、日本人の味覚はとても優秀だそうです。来年は私ももっと成長し「枝豆マイスター」になれるでしょうか。

また枝豆はもうじき終わりますが、毎年枝豆の時期に悩む事があります。それは冬野菜の段取り仕事と、どっちを優先させるかという事。雨の日などは室内で枝豆もぎをすればいいのですが、そればかりやっていると冬野菜の段取りが遅れてしまいます。最近、どうも母が落ち着かない様子だったのはそのせいだったようで、ブロッコリーとキャベツの苗が苗床で大きくなりすぎてしまい、さすがの母も焦っていたようです。私も毎日の天気によって作業を決めます。我が家はある程度仕事が分かれているので、自分が担当している野菜の仕事が遅れてくると、何を優先したらいいかパニックになりそうになります。しかし母も感謝祭の前に苗の定植がひと段落し、やっと落ち着いた様子。ちょっと大きくなりすぎてしまった感はありますが、無事に植えられた苗たちは、昼間はちょっとしおれますが、夜には少し元気になります。そしてそれを毎日繰り返しながら、そのうち根がしっかり張り元気になってきます。今回はその畑の写真を添付します。私もレタス、サニーレタス、チンゲン菜、春キャベツの苗が定植を待っています。定植作業も少しずつは進めていますが、レタスとサニーレタスはものにならないかもしれませんね。枝豆の色が黄色くなって枝豆の出荷が終わるまで、はたして残った苗たちは持ちこたえてくれるでしょうか。今度は私がパニックになりそうです(笑)。

Photo_6

ところで、大根が出荷されるようになると、いよいよタクワン漬けの準備も始まります。しかしひとつ困った事が…。それはその作業に必要なヌカがなかなか集まらない事。タクワンを漬ける人は何とかして無農薬のヌカを手に入れなければなりません。私が入会した14年前は毎月の米の出荷量が多く、3月くらいには三芳の米の在庫が無くなってしまっていました。ですからその頃は全く問題が無かったのですが、現在、お米の出荷は一年かけて丁度出し切れるくらいのペースです。しかも出し始めは皆が米の在庫をかかえていますので、1人の生産者が出荷できる米の量は限られています。しかも玄米を出荷してもヌカは出ません。ちなみに我が家は最近タクワンを作っていません。大根についても他のメンバーはたくさん出荷しているのに、我が家の大根といえばまだ小指サイズ。はたして出荷はいつになるのでしょうか。タクワンもルールが決まっていて、遅くても1月中に漬ける事になっています。という訳で我が家の貴重なヌカはタクワン作りをする仲間のお宅へ旅にでます。誰からヌカを頼まれているかはトップシークレット。三芳では色々な面でこうやって助け合って頑張っています。先日、JAで販売されている一部の有機肥料に虚偽がある事がわかりましたが、やはり私たちグループのように、他の資材をあてにする事なく自分たちでサイクルを回して農業が成り立つ仕組みが一番だと感じました。これからは「石橋をたたいて壊す…」くらいの姿勢でないと会員の方の食卓は守れないかもしれませんね(笑)。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

|

« 野菜の規格とB級品の活用術 | トップページ | 今年の夏を振り返って  ~ 芋掘り仕事と心理作戦 ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野菜の規格とB級品の活用術 | トップページ | 今年の夏を振り返って  ~ 芋掘り仕事と心理作戦 ~ »