« 変わらないために変わらなくてはならない事 ~ 配送コース見直しによるトラック2台化 ~ | トップページ | 鶏たちの最近の様子 ~ ピーちゃんその後 ~ »

2016年2月22日 (月)

シイタケのこま打ち

縁農委員さんとシイタケのこま打ち縁農に行ってきました。

Dsc_3997_600x800

まずは、伐採しておいたシイ、クヌギ、栗、トウジなどの木に電気ドリルで穴を開けます。

Dsc_4004_600x800

そこへ、シイタケ菌のコマを入れて、金槌でしっかりと打ち込みます。(今日は小雨が時々降る生憎のお天気でした。縁農委員さんたちはレインコートを着てお手伝いです)

この木を時々裏返したりして向きを変えながら木漏れ日の当たる林の中に1年半くらい置いておくと、シイタケが生えてくるそうです。

Img_4400_533x800

生産者番号28番、大森さんのシイタケ。コマを打って1年目くらいだそう。可愛いシイタケが出てきていました。

Img_4442_800x533

12番 古宮さんのシイタケ。(後日、ホームページのトップページへ、こま打ちの動画を載せますね。少しお待ちください。只今、和田さんの里芋のお話など載せています)

Img_4464_800x533

ここからは、29番安田さんの畑です。玉ねぎ

Img_4458_641x800

キヌサヤが育ってきていました。


Img_4475_533x800

ブロッコリー


Img_4497_533x800

白菜

Img_4459_533x800_533x800

水菜

Img_4490_533x800

菜の花

Img_4480_533x800


春キャベツ



Img_4467_800x533

鶏たちも元気に小屋の中を走り回っていました。

Img_4484_800x533

レモンも豊作ですね。

Img_4429_533x800

川野(甘夏みかん)がたわわに実っていました。21番君塚さん。

Img_4485_800x533

イノシシの被害は相変わらずだそうで、畑の周りやシイタケ林の周りは電柵や丈夫な金網で囲ってありました。シイタケそのものは食べないそうですが、木の周辺の虫を探すためか、土を掘り起こしてシイタケに被害を与えるそうです。

今回、畑と山を案内していただいた生産者番号29番、安田さんの息子さんと28番大森さん。シャイなお二人の横顔しか撮れず、ごめんなさい。

美味しいシイタケが届くのを楽しみにしていますねhappy01


オーガニック食品 ブログランキングへ

                                          企画委員会

|

« 変わらないために変わらなくてはならない事 ~ 配送コース見直しによるトラック2台化 ~ | トップページ | 鶏たちの最近の様子 ~ ピーちゃんその後 ~ »

コメント

 縁農、お疲れ様でした。そして、有難うございます。三芳村の様子を教えて頂けるのも、嬉しいです。この間届いたしいたけも、ものすごくおいしかった…。

 娘が、大学の授業で食べ物について考えるというものをとっていて、三芳のかわいらしいにわとりさん達にご飯をあげた時の事をメールで送ったそうです。先生が興味をもたれたので、HPを伝えたと申していました。

 以前だったら、娘はただおいしいという気持ちだけで、お肉を食べていたことでしょう。こんな沢山の事を感じて考えられるようにいつの間にか成長していたことに喜びを感じ、そして改めてそのような環境を整えてきた皆様のお力を感じました。

 どうも有難うございます。

投稿: 萩原 祐美子 | 2016年2月23日 (火) 06時29分

今回の記事は三芳の様子がうまく書かれていますね。またシイタケの駒打ち作業は、縁農作業の中でも簡単で面白い作業の1つです。木をたたく音が山に響きわたり気持ちがいいです。
鶏も野菜も果物も、みんな生き物であり、人間はその生命をいただいて生活しています。
今回のこのすばらしい記事はインターネット環境のある人だけが見るのではもったいないので、他の会員の方にも見てもらえないか、食べる会に相談して紙での発行も検討してみます。

投稿: 八代弘樹(56番) | 2016年2月23日 (火) 11時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変わらないために変わらなくてはならない事 ~ 配送コース見直しによるトラック2台化 ~ | トップページ | 鶏たちの最近の様子 ~ ピーちゃんその後 ~ »