« 「朝顔につるべ取られてもらい水」  ~ 夏野菜の様子から ~ | トップページ | 今週の野菜 »

2016年8月 6日 (土)

ガスバーナーの威力  ~ 「雑草」の赤ちゃんごめんなさい ~

初夏から秋まではとにかく雑草の成長が早く、その対策に苦労します。私もタイプの異なる2台の草刈り機を持っていますが、それはみかん畑や田畑の畔道などが主で、野菜が植えられている畑の中ではなかなか能力を発揮できません。一番苦労するのは「草刈り」ではなく、やはり「草取り」(苦笑)。現在出荷している人参も、今年はいつもよりしっかり草取りをしたと思っていても、収穫の時期になると雑草が人参と同じくらい成長してしまっていて、かきわけながらの収穫になります。そして一番草取りしにくいのが「ツル系の野菜」。南瓜などもツルの成長に合わせて草取りをしていかなければなりませんが、ツルの成長が加速してくると葉も大きくなり雑草に打ち勝つくらいの勢いが出てきます。そういう面では良いですが、なんといっても広がる速度も速いので追いつかなくなるケースも出てきます。しかしそういう時でも南瓜はそこそこ実をつけてくれるありがたい夏野菜です。また、私達の田畑は農薬を使わないので土が雑草の種だらけとだという事も原因のひとつですが、雑草の予備軍が常に控えていて、耕すような事をして最初の雑草を退治しても、耕した事で予備軍の種の発芽条件がそろって、また芽を出します。野菜を植えず、一年中「発芽させる」+「耕す」を繰り返していれば雑草の種も減ると思いますが、雑草もまた、地下から水分や養分を吸い上げてくれていて、その雑草を土に返す事でまたその土地が肥沃になりますので、野菜の生育に支障が出ないよう、雑草とも上手に付き合っていかなければなりません。

また、特にさつま芋畑はうねがありデコボコしているので、草取りがしにくく、お天気の日に山になった部分の草をむやみに抜いたり草取り鎌でガリガリ削ると、うねの山が崩れてしまい、さつま芋の苗の生育に影響が出る場合もあるし、また谷の部分は常に湿っているので草の芽が出やすく、いつも草取りが遅れてしまいます。そこで、我が家のさつま芋畑で活躍しているのが写真の「ガスバーナー」です。これはカセットボンベを使用し、強さのボリューム調整にもよりますがボンベ1本で15分くらいもちます。そして雑草の芽がとても小さな(目に見えるかどうかくらいの)時に、このバーナーを使って表面を焼きます。すると芽を出したばかりの雑草たちはすぐに枯れてしまいますし、土の中にいる予備軍の種たちもそのままなので、新たな雑草の芽がでる確率も低くなります。しかし、近くにさつま芋の苗もありますので一緒に焼いてしまう時もあります。特に雑草の発見が遅れて双葉がはっきりわかるほどになると、なかなかバーナーで焼く事ができません。その状態で人間の方が熱くなって、なんとかこがそうとねばっているとガスはなくなるし、さつま芋もこげて枯れてしまいます。ですから攻略ポイントの1つ目は「雑草の芽が小さいうちに焼く事!」です。そして、もう一つのポイントは「その時の天候の状態によって焼き方を変える」という事。それは、今年のように雨が多い日が続いている年は草の芽もしぶといので、ちょっと焼いたくらいでは枯れない場合があります。また逆にさつま芋の苗をこがしてしまっても、また芽が出てくる可能性も高いので、このような雨の多い気候の時は苗をちょっとこがしてしまってもいいのでしっかり雑草の芽を焼く事です。逆に天気が続いて地表が乾いている場合などは、さつま芋の苗のやけどは致命傷になるので、雑草の芽を軽く焼くだけにします。それでも若い雑草の芽にはかなりのダメージになります。そして最後のポイントは「深追いしない」という事!これは異性を口説く時と同じで「ちょっと手ごわいな」と感じたらあきらめるという事です(笑)。要するに、雑草の中には種から芽が出たものだけでなく、生き残っていた根から芽が出て、あきらかに他の雑草とは大きさが違うものもあります。そういう草の芽にいつまでもこだわって焼こうとしていてもガスと時間の無駄です。また、さつま芋のツルの中にからんで生えている草もあきらめた方が良いと思います。そういう草はしかたないので手で抜いてくださいね。以前に作業の優先順序の話をした事があると思いますが、こういう仕事は適期に最優先で行なっておかないと手遅れになります。家族になんと言われようが、後々の作業を楽にする大切な仕事の1つです。今回はそのガスバーナーの写真を添付します。どうですか…ガスバーナーがどや顔(えらそうな顔)をしているように見えませんか(笑)?

Photo_3

ただ、作業時に注意して欲しい事があります。先ほど人間が熱くなって…といいましたが、熱くなるのは頭だけではなくて、足の先も焼いてしまう場合もあります。実例も耳にしていましたが、それでも私は体験するまで半信半疑でした。しかし風が前から吹いていた時に「足先がちょっと温かくなったな」という感覚で家に戻り長靴と靴下を脱いだところ、足先が火照ってしまっている事に気付きすぐに井戸水で冷やし、なんとか一命を(こんなにオーバーではないが)取りとめました。いわゆる低温やけど一歩手前状態。という事で「農作業、草を焼いても足焼くな!」皆さんも気をつけてくださいね。

生産者番号 56番 八代弘樹

 


オーガニック食品 ブログランキングへ

|

« 「朝顔につるべ取られてもらい水」  ~ 夏野菜の様子から ~ | トップページ | 今週の野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「朝顔につるべ取られてもらい水」  ~ 夏野菜の様子から ~ | トップページ | 今週の野菜 »