« 鶏たちの合唱コンクール | トップページ | 野菜のベストミックスとは  ~ 先入観にとらわれない若きチャレンジャーの挑戦! ~ »

2016年9月 3日 (土)

天皇陛下の生前退位  ~ 「平成」の年号に込められた平和への願い! ~

 皆さん、最近の陛下を見ていてどう思いますか。82歳になられ、過去に大きな手術も受けられたのにもかかわらず、現在も本当に多くの公務を果たされ、全国各地、いや世界各国を飛び回っておられます。私は最近テレビで両陛下の映像が流れると涙が出てきます。それは申し訳ないという気持ち、そして両陛下がそれぞれ相手を思いやる気持ちが伝わってくるからにほかなりません。被災地を訪問された時には、なるべく多くの方に声をかけたいという事で、すぐにお二人別れての行動をとられ、そして自ら膝を折り、被災者と同じ目線で言葉をかけておられました。また、少し前になりますが、記者からの「皇后様に対して点数をつけるなら何点ですか?」という質問に対する「点数でなく、感謝状を贈りたい」というお答えに、感動して言葉が出ませんでした。そして本当に日本人に生まれてきて良かったと感じました。

 陛下の望む日本国、そして陛下の望む世界とはなんでしょう。政治色との関わりを持ってはならないというしがらみのある中で、日本そして世界の平和のため、ずっとご尽力されてこられました。こんなに国民の幸せを、そして世界平和を祈っている人が他にいるでしょうか。日本国民が幸せになるためには、世界の人々も幸せでなくてはならない」きっとそう考えておられるのだろうと思います。戦争で犠牲になられた各国を訪問され、記念碑などに深々と、そして長時間祈りを捧げ、日本という国が過去におかした過ちに対して国を代表して謝罪の旅を続けておられる両陛下。しかし国民はそれをどこまで理解しているのでしょうか。

 そして、先日の参議院選挙の結果が出た直後の「生前退位のご意向」の記事。これはどういう意味があるのかと私は思いました。きっと両陛下が決して国民に打ち明ける事のない「心の中のため息」の原因を国民が作り出してしまっているのだと思います。

両陛下に謝罪の旅をさせ、その裏で日本国民は日本が世界に大きく踏み出すための準備を着々と進めようとしています。それは参議院選挙の結果からも明らかです。なぜ日本がそこまで強くならなくてはならないのでしょうか。なぜ、日本という国が世界で大きな権限を持たなくてはならないのでしょうか。私には理解できません。

皆自分の国は正しいと思っています。だから正しい国が力を持てば世界を正しい方向に導けると思っています。しかし、そこに民主主義の落とし穴があります。民主主義の下では、その都度国民に選ばれた国の代表がその国を動かします。しかし日本は大統領制ではなく、与党の代表が総理大臣に、また連立与党になると、場合によっては第一党ではない人が総理大臣になる場合もあります。実際には直接国民が選んだのではない人が国を動かしてしまうのです。すると国民も政治に興味が無くなっていきます。ですから選挙の投票率が下がってきているのはあたりまえの結果だと私は思います。

世界には様々な国があり、色々な問題をかかえています。そういう問題の中にはその国だけでは解決できない事もあると思います。もちろん隣接する国々との問題などもそれに含まれ、現在世界のあちこちで国と国の小競り合いが発生しています。また過激な思想家によるテロも多発しています。あちらを立てればこちらが立たず…。本当に外交は難しいと思います。しかし、そのために国連をはじめ様々な大きな世界的組織があります。ですから、これからは国同士が1対1で交渉するだけでなく、そういう組織が両国を公平な立場で判断する場を増やしていくべきだと思います。「風が吹けば桶屋が儲かる」ということわざもありますし、景気などについても「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく」などという言葉もあります。また「固い物同士がぶつかると壊れるが、どちらかが柔らかければ大丈夫」というCMもあります。やはり世界平和、そして世界全体の幸せの先に日本国民の幸せがあるのだと思います。

ずっと国民のために身を粉にして尽くしてくれている両陛下のために、もう一度過去の過ちを顧みる事が必要だと思います。先日亡くなった大橋巨泉さんも「戦争の怖さ、愚かさを知る人間がいなくなり、これからは戦争を知らない人間が議員となって憲法を戦争ができる方向に変えていってしまう。」という言葉を残しています。そして日本は原爆を2つも落とされている唯一の被爆国です。きっと私たち日本にしかできない事があります。そして、その国民の手で両陛下が望む日本をそして世界を作りあげる事ができたらいいと思います。

生産者番号 56番 八代弘樹



オーガニック食品 ブログランキングへ

|

« 鶏たちの合唱コンクール | トップページ | 野菜のベストミックスとは  ~ 先入観にとらわれない若きチャレンジャーの挑戦! ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鶏たちの合唱コンクール | トップページ | 野菜のベストミックスとは  ~ 先入観にとらわれない若きチャレンジャーの挑戦! ~ »