« 第6回の提携セミナーに参加して  ~ それぞれの新人の熱い想い! ~ | トップページ | 短編集の公開 その1  ~ フェイスブック(Facebook)の情報より ~ »

2016年12月15日 (木)

季節ごとの香り  ~ みかんの花はみかんの香りがする ~

私たちが自然栽培で育てている野菜は香りが強いとよく言われます。そして、それぞれの季節を代表する香りというのもあると思います。四季を代表する香りといってもすぐにパッとは思いつきませんが、春はみかんの花の香りでしょうか。また私は梅の花の香りが特に好きなのですが、果実の花というのはその実自体に近い香りがして本当にすがすがしいものです。そして初夏は「三つ葉」「ニンニク」。夏はやはり「青シソ」と「ニラ」でしょうか。そして秋は「セロリ」かな…。また、出荷量は少ないですが「ミョウガ」などもいい香りがします。

Photo

実は、私も会社員だった16年前までは、特に野菜には興味は無かったし、ニラとニンニク以外の香りが強い野菜はどちらかというと苦手でした。しかし自分で野菜を育てるようになると、自然と食べられるようになってきます。三つ葉、そしてミョウガなども香りや味が独特ですので、昔はのり巻に三つ葉が入っていると食べない事もあり、ミョウガの入った汁物も苦手でした。そしてもちろんセロリなんて触れるのも嫌でした。しかし歳を重ねて好みが変わってきた事。そしてセロリなどは自分が苦労して育てたという事もあり、大好き…という訳ではありませんが食べるようになりました。

子供の頃を振り返ってみると、高価でなかなか食べられないものは、無条件に美味しいと思い込んでいたような気もします。メロン等も今は安いものも売られており、手の届かないものではありませんが、昔は高価でほとんど食べられませんでした。そして、子供の頃は家で育てている黄色い「まくわ瓜」をメロンだと言われて食べていた記憶があります。ですから、後になってマスクメロンを見た時に、周囲にばれないように「これが、本当のメロンか~。でも味はまくわ瓜とあまり変わらないんだな~」と心の中でつぶやいていました。また、伊勢海老やアワビなどの高級海産物も確かに美味しいですが、「貴重品」「高級品」という観念がよけいにおいしくさせているのかもしれません。そういえばこの前、三芳の仲間で高級焼肉店に行って特上肉を食べたのですが、皆に「高級すぎて油で胃をやられたかも…。次からは高級じゃなくていいよ!」と言われ、あきらかに歳には勝てないな~と感じました。

しかし逆に現在の子供たちはどうでしょう。豊かな時代を象徴するように「高級食材」というフレーズにはあまり興味がないように感じます。我が家の子供たちも昔から「メロン」が嫌いでした。私は「どうして~? もったいない~」と、その度につい口に出していたものです。そして今の世代は「高かろうが安かろうが好きなものは好き。そして嫌いなものは嫌い。」といった感じです。ですから健康であるうちは、食べ物の質にもあまりこだわらないんだろうと思います。よく「小さなうちに良い物を食べさせておくと、その違いがわかる人になる」と言われますが、実際にはどうなんでしょうね。我が家はそういう育て方をしませんでしたので胸を張る事はできませんが、お米の味についてはわかるようで、スーパーで買った米とは全然違うと連絡があった時はちょっとホッとしました。

私の子供時代は、かろうじて「風邪など体調を崩した時でないと食べられなかったもの」というのが存在していたと思います。私の場合は果物の缶詰でしょうか。その中でも特に「黄桃」!缶の外側に印刷された黄桃のおいしそうな事といったら、見ているだけでも唾液が出るほど。今はそれこそ輸入された安価な缶詰もたくさんありますが、昔は国産の有名メーカーのものがほとんどで、値段も高かったように思います。もちろん中学生くらいになってからは、誘惑に負けて、こっそり盗み食いした時もあります。その時はもちろんばれないように、在庫が2つ以上ある果物缶だけですけどね…(笑)。しかし今考えると、笑ってしまうようなちっぽけな野望ですね。皆さんはどうですか?「バナナ」が頭に浮かんだ方は、きっと私より先輩ですね。でも昔の方がそういうちょっとした事で幸せを感じられていたような気がします。

ところでちょっと話は変わりますが、農家にとって品物を見極めるのに、香り…というか「臭い」というのはとても大切です。川野や夏みかんはちょっとぶつけたりすると、すぐに傷んできます。そして細い棒などが刺さった時などは外見からはわからない場合もあります。ですから出荷の朝に「クンクン」とワンちゃんのように臭いで判断します。また卵も夏場は腐りやすいので、私は臭いもチェックするのですが、ちょうどその時期はニラも出荷しています。我が家の高級なニラ(笑)を触ると指先にニラの臭いが付き、2~3日洗っても落ちません。ですから卵なども手で持って「クンクン」してもみんなニラの臭いになります。よって、そういう時は卵をトレーに置いたまま、顔だけ近づけて「クンクン」します。知らない人から見たらちょっと滑稽かもしれませんね(笑)。しかし本人はいたって真剣です。それでも時々、不注意や見落とし等でご迷惑をかける事もありますが、我が家の最終手段は「クンクン」です!

今「私はそんな、はしたない事はしないわ!」と思った都会の皆さん。皆さんが冷蔵庫の中で期限切れ間近のものを見つけた時と同じですよ(笑)。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

|

« 第6回の提携セミナーに参加して  ~ それぞれの新人の熱い想い! ~ | トップページ | 短編集の公開 その1  ~ フェイスブック(Facebook)の情報より ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第6回の提携セミナーに参加して  ~ それぞれの新人の熱い想い! ~ | トップページ | 短編集の公開 その1  ~ フェイスブック(Facebook)の情報より ~ »