« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月

2017年1月21日 (土)

今年一年を振りかえって 

本番を迎え、予想通り「鶏インフルエンザ」が国内で広まりつつある。私たちの養鶏の羽数は1軒あたり300羽程度で、大規模な養鶏所と比べると100~500分の1程度である。しかし先日、家畜保健所より鶏舎の周囲に石灰をまくよう連絡があり、その3日後くらいに担当の方が様子を見にきた。昔に比べ養鶏農家は減ってきているとはいえ、私たちのような小規模農家まで一軒一軒見回するのも大変だと思う。私たちの養鶏の場合は基本的には「安全な鶏糞が欲しい」という考えで行なっている。よってもしも発症した場合は、自分というよりも、自宅から周囲数十㎞圏内の大規模養鶏農家の方に迷惑をかけてしまう事が心配である。また、鶏を本来の目的であるお肉にするための殺処分でも抵抗があるのに、鶏舎の中の消毒や、罪もない鶏たちが処分される様子を目にすると心が痛む。

Photo_18

この一年色々なことがあったが、三芳では、決して忘れる事の出来ない悲しい出来事があった。それは、私が生産グループに入会してから初めて不祥事による退会者が出た事である。確かに今までも色々な事でもめる事はあった。しかしそれは会やメンバーが前へ進むために必要な事。しかし今回は仲間を裁かなくてはならないという、言葉に言い表せないような状況になった。食べる会の方から「一回だけ見逃してあげられないのか?」という温かい言葉もいただいたが、三芳側の考えを尊重する形で退会が決定した。実際には当事者(家族)より会に対し、退会との話が伝わった形で決着。そこに至るまでに、当事者抜きでの全体会議も行ったが、とにかく他のメンバーの「農薬」に関する厳しい考えがヒシヒシと伝わってきた。なかには「農薬を使ったら楽だろうな~などと、農薬や化学肥料の事を考えるようでは既にダメ(退会に値する)だと思う」という生産者もいたほど。私も皆の意見を聞きながら、自分が他のメンバーより甘い考えでいたと反省した。逆に考えると、生産者は自分の田畑の安全性に対し本当に真面目に取り組んでいる事がわかった。いつも「三芳は食べる会の方に感謝しなくてはいけない」という話ばかり述べているが、今回だけは「食べる会の会員の方は、こんな頭の固い農家の人達と知り合えて幸せなのかも…」と感じました。しかし考えてみれば43年前に会が発足した時の消費者と生産者の熱意は今も変わっていないという事だと思います。

退会した先輩とは本当にたくさんの楽しい思い出があります。そして、ちゃんとそのお礼も言えぬままの退会となってしまい、申し訳ない気持ちもありますが、今後は同じような事が発生しないよう、メンバーはより一層気を引き締めていかなければならないし、これからもずっと一緒に笑顔が絶えない会でいられるよう祈りつつ、今年最後のメルマガを結びたいと思います。 

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

短編集の公開 その3  ~ フェイスブック(Facebook)の情報より ~

10月22日 松ぼっくりと地元の海  

ようやく冬の足音が聞こえてきたようです。幼稚園の先生をしている娘からのリクエストで、松ぼっくりを拾いに行きました。周囲からの目を気にしながら、夫婦二人で地元の海岸にある松林の中を探索。しかし、大きな松ぼっくりがなかなか見つからず苦労しましたが、松林を抜けて海側に出ると目の前には太平洋の荒波が。娘のお陰で久しぶりに地元の海を眺めることができました。

Photo_9

Photo_10

10月26日 カブの出荷基準

ドラえもん風に言うと「カブ用メタボ測定器~」(笑)。今年も手作りのこのアイテムが登場。これがあれば規格に合うかどうかが一発でわかります。カブが、小さな輪よりも大きく、大きな輪よりも小さければ出荷できます。今のところ、カブを出荷しているのは私だけ。しかも今年のように出来が悪いときは「もう少し規格を甘くしてよ~」と言いたいところですが、グループで出荷している以上、迷惑をかける事はできないので、ぐっと我慢です。

Photo_11

Photo_12

しかし、そういう規格外のカブは私の大好物の「菊花カブの甘酢漬け」となり私の胃袋に入ります。今年のように極端に野菜が少ない時は、私たちの野菜を待っていてくれる会員の皆さんが最優先。ですからB級品でもないとなかなかお腹一杯は食べられなかったりします。早く野菜が増えてきて欲しいです。

11月15日 新兵器の紹介!

我が家のトラクターの秘密兵器を大公開!ロータリーの所に木製の突起が5本あり、畑を耕す時に突起部分を立てると畑にスジが付き、すぐに種をまく事ができます。二人で紐を引っ張って種まきしている人を見かけますが、我が家はこれがあるお陰で一人でどんどん仕事が進められます。ちなみに20年くらい前に父が考案したものです。ちょっとした工夫で作業が楽になりますよ。皆さんもどうですか。

Photo_13

11月21日 鶏の解体作業

今から、鶏の解体作業です。我が家の鶏たちともお別れ。昨夜、母と一緒に捕まえました。毎年の事ですが、やっぱりさみしいです。しかし現在、解体作業中ですが、羽を抜く作業に使う機器が漏電で作業ストップ中。先が思いやられます。でもがんばりま~す。

Photo_14

11月23日 畑の陥没事故

最近、都会で発生している地面の陥没事故。しかし犠牲者が出ていないのは、さすが日本だと感心していましたが、ついに我が家の畑でも発生!私の手抜き作業ではなく、「もぐら」の仕業です。おかげでチンゲン菜の苗が沈没。しかし、もぐらがいるのは安全で良い畑の証。畑は私が管理はしていますが、同時に動植物たちのものでもあります。トンネルにより土の中に酸素も入り野菜も元気になります。しかし、隣の人参畑は見逃してね(笑)。これからも一緒に畑を守っていこうと思います。

Photo_15

11月30日 人参の洗浄

ほんとうに今年は雨ばかり。畑の端には常に水たまりがある。よって我が家の人参も収穫すると泥だらけのため水で洗って出荷している。大きく立派な人参であれば少しくらい手を抜くのだが、小さくて出荷規準の重さスレスレの物もあるので、仲間の品質管理係へやる気をアピールし、チェックを甘くしてもらうためにピカピカにしている(笑)。しかし、洗いたてはオレンジ色が冴えて、そのまま生かじりしたいほど、ほんとうにきれいな色になる。洗う作業も大変なのだが、自然の作り出す色はどうしてこんなに素晴らしいんだろうと思う。人参を洗った直後だけ見ることのできるこの色彩!家にいて紅葉狩りに行ったような気持ちになっている今日このごろです。

Photo_16

12月9日 ブロッコリーの成長!

この暖かい気候で我が家のブロッコリーも日に日に成長しています 。天敵である芋虫たちも 近くにある キャベツや白菜の方が味が良いらしく、そちらにお出掛けのため、今年はブロッコリーが助かっています。ブロッコリーは花の株を食べます。しかしよく見ると一つの花は、数百数千という小さな 花が集まってできています。その一つ一つの小さい花は みんなお行儀良くその口を閉じています。開いてしまうと 野菜としての価値が落ちてしまいますので、農家としては助かります。

Photo_17

そういえば今年いっぱいで解散するSMAP の「世界で一つだけの花 」は私も好きですが 、ひとつひとつの花の役割という意味ではこのブロッコリーの花のようにずっとメンバーの5人はチームワークを乱す事なく長い間頑張ってきたのだと思います。最後は色々ともめ事はありましたが、長い間のご苦労に感謝したいと思いますし、これから個々の活動の中で、昔のSMAPの頃の思い出を懐かしく感じる事もあるでしょう。これからは野に放たれた蝶のように、それぞれの進むべき方向へ羽ばたいてほしいと思います。

 次回は今年最後のメルマガになると思います。今年も色々とありましたので、私個人の感想も含め書かせていただきたいと思います。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

イモムシバスターズ登場!   ~ 冬キャベツにも良さがある ~

一番早く野菜を出荷するというのは気持ちがいいものである。今年は11月24日に冬キャベツを初出荷。もちろん会のメンバーの中でも最速である。というのは、今年から生産者側で「冬キャベツと春キャベツの出荷が重なった場合は春キャベツを優先させる事とする!」というルールが正式に決まったからである。以前にもお話したように、その背景には食べる会の会員の方の好み、そして品種改良などで比較的寒さに強い春キャベツが開発されてきたという事もある。しかし各生産者はそれぞれが野菜の作付けを管理していて、なるべく長期間出荷が続くように、同じ品目の野菜でも早く作る人と遅く作る人がいる。ですから春キャベツも早めに苗を仕立てれば冬キャベツと同じようなタイミングで出荷するのも不可能ではなくなった。しかし早く種をまいて育てると寒くなる前にキャベツが丸くなり出す。するとそこをイモムシたちが狙い定めたように食いついてくる。春キャベツであれば葉が薄くやわらかいので、冬キャベツに比べなおさら被害も拡大しやすくなる。昨年までは冬キャベツを作っていた我が家も、虫取りが大変だという事、そして「春キャベツ優先」の新ルールの内容を母にも伝えたので、もう冬キャベツは作付けしないと思っていた。しかし母から返ってきた言葉は「早く出荷すればいいんでしょ?」だった。我が家はずっと冬キャベツだけを作っていたが、私がグループの方向性に合わせるように3年前から春キャベツを作りだした。そしてそれからは母が冬キャベツ、私が春キャベツのメーンの担当として管理してきた。しかしこのルールにより冬キャベツの立場が弱くなってしまったのは確かであるが、母は多分「冬キャベツには春キャベツとは違った良さがある」と考えたのであろう。今年の作付け量は7割程度に減らしたが、母の「冬キャベツ計画」は密かに進められており先日それが実を結んだ。しかも、母も春キャベツに参入!そして種苗会社のパンフレットで吟味して、私と違う種類の品種を作付けしたようだ。ちなみにその品種名は企業秘密なんだか、本当に忘れてしまったんだか(笑)は定かではないが、私が聞いても教えてくれない。しかたなく私も自分が管理している春キャベツを定植して世話をしている。

こういう話をすると、1つの家庭でこのような管理の仕方はおかしいと感じる人もいると思うが、それぞれがそれぞれの方法で出荷に向けて頑張っている。また考えようによっては母の品種は初めてであるので試験的な要素も同時進行していると言える。もちろん失敗する時もあるが、お互いに相手の良いところは吸収しているし、車を運転できない母は近くの畑を、そして私は母の出来ない遠くの畑の世話を中心に行い、そして相手が管理している畑にも時々目をやり手助けもする。例えば、どちらかというと朝早いのは苦手だが夜の仕事は苦にならない私は夜の虫取りを担当。ちなみに毎年この時期、私はヘッドライトを頭に付けて畑で虫取りをする。5年前までは父と一緒に行っていたのだが、私も先輩である父より先に「先にあがるから」と言い出せず、寒い中、父が先にあがるまで我慢していた記憶がよみがえってきた。現在、イモムシバスターズは一人だが、それはそれでマイペースでできて好きな時にあがれるのでそんなに嫌ではない。

Photo_8

虫取り…と一言でいっても奥が深い!一番の天敵である夜盗虫は名前の通り夜に活動する。また暖かい日は活発だが、霜が降りるような日はキャベツの丸まった葉の中や大きな葉の裏側にいる事が多いので見つけづらい。したがって、同じ場所を最低3日間は行わないといけない。しかし3日間行っても駆除は8割程度。しかし虫が2割になると野菜も出荷できる程度のものになる。また、駆除率を上げるコツはイモムシたちの「フン(うんち)」を観察して、そのキャベツにいる虫の種類や数を推測する。ここで名探偵の素質が試されるわけである。

大きいイモムシは大きなフンをする。また、たくさんいればフンの量も多い。そしてモンシロチョウの幼虫のフンは少し緑がかっている。それは食べた葉の色が完全に消化されずに出てくるという事。それに比べ夜盗虫は完全に消化しているのか茶色や黒色をしている。ちなみに色的には茶色の夜盗虫の方が発見しやすい。

そしてフンがどこにあるかも重要!したがって雨あがりなどは流れてしまっているので手がかりが乏しく、そのために見落としも増えてしまう。ですから「このフンの量からするとあと2匹はいるはず!」と推測しその通りになるとうれしい。そして、自然と「この野郎~ 隠れても無駄だ~」などとイモムシを相手に大人げない言葉を発している。また、暖かいせいか「ナメクジ」や「カタツムリ」もキャベツを食べているので驚く。刑事ドラマが好きなせいか「がさ入れ」に入った時のような気分で、一晩に200~300匹くらいのイモムシを退治する。もちろん隣の列にはブロッコリーも植えてあるが、キャベツの葉の方がイモムシには人気のようです。いよいよ今年も残りわずか。暖かかったので年末に向けて種をまいた野菜が早めに出荷されてしまった感はありますが、これからブロッコリーなど、新顔が出荷されるといいですね。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

異物混入で大騒ぎ!

最近よく耳にする、製品のリコールに関するニュース。自動車(エアバッグ)や瞬間湯沸かし器、温風ヒーターなどの不完全燃焼により人命に係わるものもあるようであるが、最近ではスマートフォンからの発火等も増えている。しかし、スマートフォンもサイズはそのままに機能はどんどん向上している。はっきり言ってパソコンと同等の機能を持っているにもかかわらず、パソコンには当たり前についているCPU[中央演算装置(人で言うと頭脳にあたる機器)]を冷やすためのファンがスマートフォンにはついていない。パソコンはCPUの演算能力が画期的に向上したが、同時にCPUから発生する熱も増え、現在ではCPU自体に冷却用のファンがついているものもある。よってスマートフォンの内部はいったいどうなっているのだろうかと私は不思議に思う。ですからそのスマートフォンを炎天下の車内に放置したりすれば燃え出して当然ではないかとも思う。しかし消費者を守る法律(PL法)などもでき、昔に比べ企業側の責任も重くなってきた。

また、身近なリコールとして食品がある。以前は冷凍食品に「農薬」の混入があったりして大騒ぎした頃もあったが、最近は「虫」が入ったり、製造過程で機械部品が破損してその一部が入ったりするケースもある。海外ではペットフードやベビーフードに毒が入っていたり、信じられないようなケースの報告もある。口に入るものだけに気になるところであるが、それに備え企業側でもトレーサビリティーを強化し、製造番号の管理等をして該当の商品を絞り込み、回収も最小限で済むように努力しているようだ。

私たちのグループも私が入った頃はポストで会員の方が荷分けするところが多く、何かあった場合はすぐにその野菜を生産(出荷)した人がわかる仕組みであった。しかし現在はワンボックスや宅配便の方が増え、出荷元でセットにしてしまうため、通常は小袋入りの野菜以外は生産者がわからない。しかしながら、セット野菜を詰める際は生産者の目に触れる事になるため、その場で互いに目を光らせ注意し合って品質の向上に努めている。しかし一般のそういうリコールのニュースを目にしても、私たちの場合は野菜をそのまま届けるだけなので、あまり関係ないと考えがちである。ちなみに過去の「異物騒ぎ」といっても、収穫時に使用したハサミや手袋などの道具が入ってしまった程度で、翌週の配送でその品を返されるだけである。しかし先日我が家でもちょっとしたハプニングが発生した!

Photo_6

皆さんご存知だと思いますが、我が家は小麦を作っている。そしてここ数年間は小麦のまま業者に送り「小麦粉」と「うどん」に加工してもらっていた。また今年の感謝祭でたこ焼きに使う分は時間に余裕がなかった事もあり、知り合いに加工をお願いしたのだが、5年くらい前までは家で加工していた事をふと思いだし、製粉機と振るい機を掃除して使ってみる事にした。2つの機械の掃除と調整は考えていたより大変で部品を外してブラッシングしたり掃除機で吸い取ったりした。製粉機はモーターと機械が平たく長いベルトでつながり動力を伝える仕組みであり、最初はそのベルトが滑ったり外れたりしてなかなか思うように進まなかった。そして、ようやく要領がわかり、作業が軌道にのってきた矢先の時でした。網をとめているプラスチックのつまみが1つ無くなっている事に気付きました…冷汗。さあ大変!キッチンにザルを取りに行き「ドジョウすくい」ではなく「つまみすくい」の開始。かなりの量を調べて残りわずかとなり「やり直しかな…」と思った時にザルにつまみが引っかかりホッとしました。なお、2つの機械の写真を添付します。はずれたつまみもわかるようにマークしておきますのでご覧ください。

Photo_7

そのつまみは手で回して締めるタイプで私もしっかり締めたつもりだったのですが、モーターと連結され網ごと激しく揺さぶられる部分なので、少しずつ緩んだのだと思います。ちなみに、その時は内緒にしていましたが、その後にもう一度外れました。しかしすぐに気付いたのでセーフでした。業者に加工を頼むと7割くらいが手数料で取られてしまいますが、やはり手間のかかる作業なんだと実感させられた体験でした。

以前、この作業は父が担当していました。私が引き継いでからは、うどんにチャレンジした事もあり、ほとんど業者に委託していましたが、特に振るい機は動き出すと「ガチャガチャ」と大きな音を出します。父も久しぶりのその懐かしい機械の音が聞こえたのでしょう。様子を見にきてくれました。顔も作業着も粉で真っ白になり、また久しぶりの作業だったので古い機械の整備や調整で大変でしたが、麦の「種まき」「草取り」「収穫」「脱穀」「乾燥」「磨き」「製粉」「袋詰め」「出荷」と、我が家の麦の一生の全てに自分がかかわった事の満足感はまた格別でした。

これから、人だけでなく「鶏インフルエンザ」も流行ってくると思います。「対岸の火事」と思わずに気を引き締めて、無事に新年を迎えたいと思います。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

農家の意地と感謝の気持ち!  ~ 苦境に立たされ、より一層強まる絆 ~

新穀感謝祭後の配送でポストの方から「久しぶりに感謝祭の畑見学に参加して涙が出ました。」と言われた。生産者の畑の無残な野菜の姿を目にしたとの事。「百聞は一見に如かず」である。毎年行っている感謝祭であるが、より多くの会員の皆さんに気軽に畑を見学していただきたいと、昨年より更に感謝祭のイベントの開始時間を少し遅らせて畑見学の時間を長く設けるようにしたのが良かったようである。

そして、皆さんご存知の通り今年の秋は天候不順で大変でした。もちろん畑の管理も大変でしたが、一番大変だったのは「生産グループとしてこの苦境をどう乗り切るか」でした。結果的に食べる会の役員の皆さんへその旨をお伝えしたうえ、配送や宅配を交互に休む事で1回の荷物に対して最低限の量を確保し、私たち三芳側もダメージを最小限に抑える事ができました。今回に関しては、各野菜の状況を会員の皆さんにお伝えするだけで精一杯で、各品目の出荷規格をもう少し甘くするかなどと検討している余裕もなく、またほとんどが苗の段階で被害にあっているため、そういう救済措置をとったとしても、それによってどこまでの野菜が救えて、どれだけの野菜が増えるかなどという事も未知数でした。ですから今回は食べる会の皆さんの素早いご判断により危機を救っていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

しかし、今回のこの一件で生産者側も学ばなければならない事があると思う。それは「農家としての意地(プライド)の再認識」。私は「天候不順」に続く、この野菜の不作の原因は各農家の「昨年と同じようにやっていれば、そこそこの収穫はできるだろう」という考えにあると思う。超大型台風直撃等という事であればやむを得ないが、「異常気象」は今年から起きたわけではない。少なくても4~5年前からはニュースでも取り上げられている。確かに「リスクをおかして失敗したらどうする」という考え方も一理ある。しかし「昨年よりも確実に収穫量を維持する方法」はまだ残っていると思う。

昔、会員数が千人以上だった時は「出荷量を増やすには、条件のあまり良くない畑をどう活かして野菜を作るか」がポイントであった。しかしそれは、生産者も若く、昼でも夜でも動ける余裕があった時の事。家から距離があり、なかなか目のゆきとどかない畑を管理するのがどんなに大変かは今までにメルマガでお話ししてきた通り。生産者は22軒。そして2人で働いている家庭がほとんどだと考えると、毎年生産グループ全体で44歳(22歳×2人分)の歳をとる事になる。若い二代目といってもほとんどの生産者は50歳を超えている。よってこれからは「良い条件の畑をいかにして活かしきるか」がポイントになると思う。そして毎年同じ事をするのではなく、少しでも工夫をして失敗を防がなければならない。ですから食べる会の方も、また来年の秋に今年と同じような状況になったら、生産者に厳しい言葉のひとつも浴びせて欲しいと思います。そして生産者も、食べる会に泣きつけばなんとかしてくれるという考えを捨てて、もう一度「農業のプロ」というプライドを持って野菜の世話に没頭しなければならないと思います。

私は今回のように苦しい時、会に入って間もない時に両親に言われた事を思い出します。それは「この会(生産グループ)に入る前、収穫したばかりのレタスを荷台にいっぱい積んで一日中都会の団地を売って回った事がある。しかしほとんど売れず、丹精込めて作った野菜は無駄になった。それが、食べる会に入ると(調整はあるが)荷造りした野菜は全て買ってくださる。それがどんなに幸せな事か。その事を絶対忘れないようにしなさい。」という言葉である。また生産者がもっと若かった時、地元での宣伝にもつながると、野菜や卵の余剰分を地元の直売所にも卸して(食べる会了承)いた事がある。もちろん価格は食べる会と同じだが、お客さんが買いやすいように小袋に詰め直したりしていた。しかし認証をとっていないため「有機」と明記できない事や、周囲に安く体裁の良い野菜が並ぶため、売れ残って返却される事も少なくはなかった。私も同様に出した事があるが、ラッピングやシール張りなどして店内にきれいに並べても、それでも売れ残りはあった。そういう作業をしていると、食べる会に出荷できるという事がどんなに幸せであるかが身に染みる。

しかし、その直売所と会の付き合いが無くなって5年近くが経ち、生産者も食べる会へ出荷する荷姿があたりまえという意識になりつつあるような気がする。

現在「提携セミナー」も行われており「生産者の事、そして生産現場の事をもっと知ろう!」という試みが続いている。ですから生産者も今一度、褌(ふんどし)を締め直し、食べる会への感謝の気持ちを心に持ち、会員の方が三芳以外の野菜を買う事なくずっと健康でいられるよう頑張らなくてはならないと思う。

お互いに相手に対する敬いと助け合いの気持ちがあれば、TPPだろうが、異常気象だろうが乗り切っていけると私は信じています。

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

短編集の公開 その2  ~ フェイスブック(Facebook)の情報より ~

l 9月19日 シークワーサーとさんま

Ø 今が旬の秋刀魚。ちょっとおしゃれなお皿に載せて、すだちと大根おろしを添えていただきま~す。といいたいところですが、実はすだちではなく「シークワーサー」です。もちろん自家栽培で無農薬、無化学肥料栽培です。すだちより味もすっきりしていておいしかったです。もちろんお酒で割ってもいいですよ!

Photo

l 9月22日 読み聞かせ「いのちをいただく」を聞いて

Ø インターネット上に色々な形で公開されている「いのちをいただく」という動画を見ました。人間はたくさんの命をいただいて暮らしています。この話を耳にした時、私たちが鶏たちをお肉にする時の事を思い出し涙が出ました。牛は銃で、豚は電気ショックで、そして鶏たちは頸動脈を切ります。鶏でさえつらいので、牛や豚との別れはどんなにつらい事でしょう。ネット上では、「寸劇風」「動画風」「一人読み聞かせ風」など様々ですので、お好きなものをご覧いただきたいと思います。今年もこれから1000羽近くの鶏たちの解体作業が始まりますが「ありがとう」の気持ちをもって作業したいと思います。

l 9月30日 田んぼからの解放!

Ø 長雨が続き、ずっと田んぼにかけ干し(はざかけ)してあった「もち米」がようやく乾きました。水分計では16%ですので、出荷前にもう少し天日で干して白くする必要がありますが、明日は雨なので急いで脱穀します。これでようやく田んぼが終わります。やった~!

Photo_2

l 10月2日 トンボからの洗礼!

Ø 稲の収穫が終わった田んぼをトラクターで耕していたら、トンボ(アキアカネ)に囲まれてしまいました。基盤整備(小さな田畑を、大きく、また形を整えるための工事)により、小川も無くなってしまったため、トンボのヤゴのほとんどは有機栽培の田んぼで育つといわれています。従って、このトンボからの洗礼は「故郷の田んぼを守っている私へのお礼」なのか、それとも「故郷を勝手に耕すな!」という事なのでしょうか?
しかしトラクターのエンジンを止めてしばらくするとおとなしくなる事から、どうも後者のようです…()。しかし手広く米を作っている農家の方が我が家の米を見て「あんたたちの米は農薬も使っていないのにきれい(虫に刺された米が少ない)だね。俺たちなんか農薬かけてるのに…」と言われました。私は「多分、薬を使わない事で稲1本1本が健康だからだと思いますよ!野菜も弱っているものから害虫が寄ってきますからね。」と答えました。実際、米作りを辞める農家が増え、それを引き受けて続けている農家も面積が増えすぎて面倒を見れる面積がもう限界にきているのだと思います。TPPによって輸入米が増え、これから日本の米作りはどうなるのでしょうか。

l 10月5日 幼い頃の記憶!

Ø 「子供の頃、バランスをとりながらよくこの上を歩いたな~」と回想をしつつ、田んぼのならし(稲を干した竿)を片付けています。竹を使う家が多いなか、我が家は木を使っています。しかし今年は地面に深く刺さっていてなかなか抜けません。雨で濡れた稲はさぞかし重かった事でしょう。ならし作りではまだ見習いの私が作ったちょっと不恰好なならしでしたが、台風によく耐えてくれました。「ありがとう。また来年頼むね!」とならしの部品を軽トラで屋根付きで風通しの良い倉庫へ運びました。

Photo_3

l 10月8日 鶏さん用のマンションをリフォーム!

Ø 素材は冬に暖かいダンボールで中はフカフカな高級敷きワラ。卵を産み出したヒヨコたちのためです。あとはカーテンをつけて完成!皆さんも別荘に一部屋いかがですか()

Photo_4

l 10月12日 発酵したもみ殻の地層を見て

Ø 2年間積んで発酵させた「もみがら」です。同じ条件のはずなのに場所により発酵の具合に差がでて、断面の色が変わっているのがわかると思います。地球の地下で色々な鉱物資源ができますが、もみがらの地層の断面を眺めていると、なぜかその仕組みがわかるような気がするので不思議です。これもまた鶏小屋へ入れます。鶏たちのエサにもなり、また更に発酵が進み堆肥となる事でしょう。放射能汚染で我が家の山は落ち葉でいっぱいです。早く落ち葉の使用が認められればと願っています。

Photo_5

生産者番号 56番 八代弘樹


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »