« フキノトウ出荷・イノシシ対策・のし餅づくり・シイタケ原木準備 | トップページ | ひよこが来た! »

2017年3月11日 (土)

大雨にも負けずイノシシにも負けず

1番 和田博之

  ――提携を始めた40年前より自然条件が厳しくなっているように感じますが、どうですか。

 確かに以前より大きく変わってきています。特に激しいのはここ23年です。雨量、曇りや雨の日が多く、これに加えて気温の変化が激しく、作物やニワトリが対応しきれないものが多く見られます。生育不良になって小ぶりのものや不良品が多く出て、不作となります。また不思議と天候不順だと虫の発生は多くなるものです。

 対策としては、土の中の水分量をいかにコントロールするか、工夫が必要になりそうです。

 ――イノシシやその他の野生動物による被害も多く、対策も大変のようですね。

 野生動物の中で田畑に大きな被害をもたらしているのはイノシシです。昔は私達の住む房総半島には居ませんでした。13年程前から大発生し、近くに山林のある田畑は囲いを造らないと荒らされて耕作不能になってしまいますので、電柵、トタン、ワイヤーメッシュ等で周りを囲います。多くの労力とお金がかかり、そうしても破られて荒らされることがあり、やりがいのなさにがっかりする生産者も少なくありません。

 この他に作物やニワトリを荒らす者どもは、動物ではタヌキ、マミ、ハクビシン、イタチ、ペレット、ウサギ、ネズミ、モグラ等です。鳥類ではカラス、ハト、ヒヨドリ、キジ、タカの類等。虫では20種類以上の害虫が見られます。以上の者たちが被害を起こしますので、それぞれに対応を工夫しなければなりません。

 ^――和田さんのところは山の中で、被害にあって悔しがっておられましたが……

 10年程前にジャガ芋を全部イノシシに食べられてしまいました。エーッ!こんなことまでやるのと驚くばかりでした。今は畑の周りを二重に囲ってありますので、小さな被害はありますが、治まっています。

 それから昨年11月、イノシシが鶏小屋の中に残り餌(ぬか)があるのを知って、トタンを破って入るのを覚えられてしまいました。生きたニワトリは食べませんが、体重があるので大きな穴をあけられ、修理が大変でした。電柵を張ったので、その後は入らなくなりましたが、今度はタヌキに入られ、一夜に10羽以上、3回もやられました。トタンの弱い所の土を掘って入ったのです。タヌキは12羽しか食べませんが、ニワトリが逃げ惑うのを噛み殺す性質があるので、被害は大きいのです。ワナを仕掛けて捕えましたが、超メタボの古ダヌキでした。

生産グループの平均年齢も上がって、気象条件の悪化、虫の発生、野生動物等の被害・対応など体力を要する仕事も増えてきています。みんな疲れ気味なのかな~と時々感じるこの頃です。

――お元気ですね。81歳なのに露地で野菜をつくり、ニワトリを飼い、週三回は出荷と仕分け作業、その上に運転助手として配送に来て下さっています。40年前と表情も姿勢もお話しぶりもあまりお変わりになっていないように感じますが、元気の秘訣は?

自分では年齢相応だと思っています。元気なわけって、改めて考えたことはないのですが、露木先生にお会いし、食べる会の皆様におつき合いいただく中で人、自分、社会、自然を大切にする生き方に目覚め、私の価値観は変わりました。

・自然に学んだ発想と自信

   ・正しい食べ物と食べ方

   ・偏らない運動(血液の循環)

   ・いつも感謝の気持ちを持って

・何かのお役に立てばという自覚

 こんなことを日々思いながら農作をし、生活を送っているだけですが……

 

 ――そろそろ春の農作業が始まりますか。

 二、三日前にウグイスが鳴きました。


オーガニック食品ランキング

|

« フキノトウ出荷・イノシシ対策・のし餅づくり・シイタケ原木準備 | トップページ | ひよこが来た! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フキノトウ出荷・イノシシ対策・のし餅づくり・シイタケ原木準備 | トップページ | ひよこが来た! »