« 3月半ばの農作業(3月8日~14日) | トップページ | 3月下旬~4月始めの農作業(3月25日~4月5日) »

2017年4月15日 (土)

我が家の柑橘類について

23番  稲葉晃一  

 

「稲葉さんのところはみかん畑が多いですから、これ書いて下さい。私たちは、果実は実るものと思っていて、今年は豊作、今年は不作ぐらいにしか考えていないのですが、世話が大変なんですってね」と和田あき子さんから質問状をもらいましたので、以下のとおり回答いたします。私自身長らく勤めの傍らの農作業でしたので、ミカンも毎年実るものと思っていました。今更ながらに、両親が健在の内に早く伝授してもらうべきだったなと痛感しています。なので、素人同様の回答になりますこと、ご理解ください。

   昨年のミカン不作の原因=我が家の温州ミカンは、私が子どものころ、50年以上前に植えたもので寿命らしく、近年枯死樹が多く、さらに裏年も重なったためと思われます。隔年結果は老木ほど、その傾向が強いようです。また、管理不足が大きな主要因です(笑)


1822_2

  一年を通じての作業=春先からの剪定に始まり、施肥、草刈、摘果、収穫等がメインとなります。老木化により、苔が生えてくるので適宜除去が必要です。この苔は枯死の原因になりますが、なかなか手が回らず、現状は草刈で手一杯です。

  無農薬無化学肥料でミカンを栽培する一番の難しさ=基本的に通常栽培ですと、そうか病・黒点病・ハダニ・アブラムシ・カミキリムシ等の病害虫対策として年間多くの種類の農薬を散布します。私たちのミカンについて、会員の皆さんには、外見等かなり我慢していただいている感もあり、大変恐縮に存じます。害虫には悩まされますが、特にカミキリムシの対策が大変です。夏場に樹の周りに白い粉が吹いていると、その中に幼虫がいて、幹を食い荒らします。対策としては、針金等でつついて、虫を除去するのですが、暑い時期、草も大量に繁茂しているので、草刈だけで精いっぱいなのが現状です。そのまま放置すると枯死となります。

  野生動物の被害=イノシシにより幼木は幹ごとに根こそぎなぎ倒され、毛根等食い荒らされます。同様に、成木も背の届く範囲のミカンは食べつくされます。皮が散乱しています。苗木時は、ウサギによる食害があり、幼葉が食べられ、幹のみとなり、枯死します。サルがまだ群れで押し寄せていないのが幸いです。

  いよかん・三宝柑・八朔・川野の今年の作柄=いよかん・三宝柑は我が家では栽培しておりません。八朔については、少しありますが、病気により矮小化が進んでいます。川野については、管理不足とイノシシ害等により出荷はやや少な目です。晩柑類は、適正管理により隔年結果はあまりないように思います。

  新品種の取り組み=シークワーサー等取り組んでいる方がおります。

  レモンの栽培=レモンは比較的栽培しやすく、多くの方が出荷しています。イノシシも酸っぱいのか、あまり被害はないです。

  今年の夏ミカンの作柄=夏みかんはどの農家でも庭先等にあると思います。我が家にも多くありますが、管理不足で、小粒が多くなってしまいました。加工される方もいらっしゃいますが、あまり人気はないのかなと認識します。

  今後について=現状は、枯死していく温州ミカンばかりなので、苗木を植栽し始めました。結果は、数年くらい先となろうかと思いますが(笑)。後年の管理も考慮して、庭先で一年肥培して、その後畑へ移植しています。その際、ウサギの食害を避けるため、ビニール袋で覆いをかけております(写真)。また、晩柑類等を投入し、年間通じての柑橘類の生産を目指したいと思います。

多年、ミカン狩り援農等でお世話になっています。依頼する場所を言わなくても「あそこの畑だよね!」ってことで、夕方遅くまで援農していただいた食べる会会員の方々ありがとうございます。「ミカンもぎにきて!」と早く言えるようなミカン山にしたいと思います。いつになることやらですが……


オーガニック食品ランキング

182

|

« 3月半ばの農作業(3月8日~14日) | トップページ | 3月下旬~4月始めの農作業(3月25日~4月5日) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3月半ばの農作業(3月8日~14日) | トップページ | 3月下旬~4月始めの農作業(3月25日~4月5日) »