« ヒヨコのその後と春の畑 | トップページ | 三芳縁農記 »

2017年5月18日 (木)

5月3~4日縁農報告縁農委員

中野慧子(三多摩火・小川団地ポスト)

 縁農の日取りが決まると、一番気になるのが天気です。どうぞ晴れますように。次は、自分が朝寝坊しないでちゃんと起き、おにぎりも作って予定の列車に乗れますように。でも、天気のことはどうしよううもなく、三芳に行ってみないとわかりません。ということで、53日、4日と5名で三芳へ行っ来ました。天気は申し分なし。新緑が鮮やかです。

3日(水)午後、20番溝口さんの畑に行きました。まだ始まったばかりですが、キヌサヤの収穫です。次がスナップエンドウ、グリンピースの順に出荷だそうです。そら豆がだいぶ食べ頃になってきています。先行予約も始まりました。根元の方から順に花が咲き、それが枯れて黒くなったら、その花殻を付けたまま(はじめは本当に鉛筆の芯のように小さいのが)だんだん大きくなって豆の形になり、黒い花殻が落ちて収穫になるそうです。字のとおり空に向かって豆が大きくなっています。先日の土、日に子供たちが我が家に来て、葉タマネギのスライスにおかかとポン酢をかけて食べさせたところ、「おいしいね、この葉タマネギはいつ植えるの?」と聞かれて返事に窮しました。そこで聞きました。9月頃畑の隅に苗床を作って種をまき、11月頃一本一本定植するそうです。そして4月いっぱいは葉タマネギとして、5月からは掘りおこして乾かしたうえタマネギとして出荷になるとのことです。ちなみにキヌサヤは直まきで密集していました。それから、メルマガで紹介のあったひよこを見せてもらいました。まだハトより一回り小さいのですが、順調に育っているそうです。

4日(木)は出荷場の手伝い。我がポストは火曜日1コースです。2日前に野菜が来ました。ねぎ、サヤ、キャベツ、サニーレタス、タケノコ、生姜、卵でした。少ないねー、と話していましたが、木曜日に出荷場に行ってビックリ。サヤ、スナップエンドウ、レタス、キャベツ、サニーレタス、タマネギ、タケノコ、フキ、ねぎ、ホウレン草、セロリと野菜がいっぱい。急に増えてきましたとのこと。1030分頃終わり(手伝いになったのか、邪魔になったのか)午後に14番蓑浦さん宅の田植えの予定があるということでその準備。しっかり育った苗の箱をハウスから出し、道の脇に並べました。80100箱。水を含んでいるのでかなりの重さ。5人でバケツリレーの要領で運びましたが、一人でこれをやるのは大変です。「助かりました」という蓑浦さんの言葉にすっかりうれしくなって、縁農は終了。三芳の田植えも連休中にすべて終わるそうです。でも、「三芳は連休も関係ないですね」とのこと。みんなの家の玄関の戸をあけておくと、ツバメが入って来ます。キジも卵を守るため鳴いています。山藤、山ツツジも見事です。カエルの声がうるさいほどにぎやか。次は6月中旬の田の草取りです。皆さん、是非参加して下さい。



オーガニック食品ランキング

|

« ヒヨコのその後と春の畑 | トップページ | 三芳縁農記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒヨコのその後と春の畑 | トップページ | 三芳縁農記 »