« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月18日 (木)

20年前の稲づくりと今の稲づくり

14番 蓑浦 孝昭

 59日に谷田の田植えを終え、今日は谷田の機械で植えられなかった隅の補植をしています。年々田植えが早くなっています。生産グループもずいぶん早くなっていると思います。

台風や長雨になる前に収穫をしたいということでしょう。我が家でも20年前に比べると、だいぶ早くなりました。イネミズゾウムシの害がないとはいえませんが、当時から比べると大分減ったためです。というより、何といってもイノシシの害があまりにも多く、まわりの水田なみに収穫しなければならないからです。

原〔平坦地〕の水田30a、谷田20aに「ひとめぼれ」とモチ米を少し作付けしました。今年から谷田15a減反しました。この谷田は、奥の方から荒れてきています。荒れた田はイノシシの水浴び場になり、その間に稲を植えた水田があるという風景です。我が家もここ数年、収穫できない水田が増え、諦めることにしました。植え付けが遅いと、当然稲刈りが遅くなります。まして日照時間の少ない谷田は稲刈りが遅くなります。メッシュで囲った上に電柵を施しても、イノシシの餌場になってしまうのです。

谷田の田作りは本当に手間がかかります。原の方は、山名の場合だいたい1反から2反の大きさですが、谷田は1枚あたりが小さく、くろぬりの部分が多いことになります。有機農業では、水止めがうまくできなければ、みじめな結果になります。この谷田は、昔から「ボラ谷だからね」といわれ、水止めにはどの農家も苦労していました。今年は業者を頼んで修理をしたばかりでしたので安心していたところ、水が止まらず、もりはじめたのです。

また、土手を切り、見ると修理してもらったコンクリートのもっと下にシミズガニが穴をあけたのです。コンクリートでだめならば、とビニールや寒冷紗の古いもの等を詰め込んでみましたが、毎年これのくり返しです。この水止めを完璧にすることは、体力を使い、年を取った者にはきつい仕事です。

困ったことばかしのようですが、今は機械の力を借り、本当に助かっていることも多くあります。田のくろぬりも以前は耕運機でくろをぬるきわを何回も行き来をし、よく練った土をまんのうで寄せ、足で踏みながら鍬でぬり、一週間くらいして、落ちていたらもう一度上ぐろをかけてと、人の手によるもので、本当に大変な作業でした。今はくろぬり機で、あっという間に大きなくろを築いてくれるのです。

田植えも原の三反は乗用四条の田植え機で植えてもらいました。機械は優秀で、半日もかからず、手直しもいらないほどきれいに植えられていました。本当にありがたいことです。

生産グループの仲間に手伝ってもらったり、縁農のお世話になったり、いろいろな方々に支えられて続けられていますが、あと何年できるか?不安に思うこともあります。

これからは水の管理が大切な仕事です。水もれのないことを願うばかりです。

最後に気になるのが今年の天候です。長雨で適期に稲刈りができなかったり、充分乾かないうちに脱穀をしなければならなくなったり。今年こそいい年で、光沢のある、おいしいお米をお届けできるよう頑張っていきたいです。いつもみなさまからの応援ありがとうございます。


オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

三芳縁農記

縁農委員 齊藤理子(城南・左近山ポスト)

五月晴れの53日、4日連休縁農に参加しました。みんなの家の前に広がる三芳の風景にいつも清清しさを感じます。みんなの家の前には12番古宮、14番蓑浦、16番古宮、23番稲葉さんの田圃があり、田植えのすんだ田圃と水が張られ、田植えを待っている田圃を目にしました。爽やかな風が吹いて水面が動き、小さな稲が気持ち良さそうでした。三芳では連休中に田植えは終了とのことでした。すでにサトイモを植えたとか、田畑は初夏の収穫と秋の準備です。

3日(水)は午後130から20番さんの畑へ。先ずはキヌサヤの収穫。キヌサヤの大きさに注意し、手かハサミで探るとのこと。きれいな薄紫の花を見ながらの収穫でした。黄緑色の葉の中に隠れているサヤを見つけるといった感じが、だまし絵の如く、探し忘れそうでした。キヌサヤのとなり畑にはジャガイモが植えてあり、紫色の花を二つ見つけました。次は蚕豆のアブラ虫取り。蚕豆は一番下についているサヤ一つが食べられる大きさに育ち、これからふくらんでくるサヤは、真っ直ぐ空を見上げているようで、かわいいものでした。5月半ばからの出荷を待ち遠しく思いました。

畑の中に入っていくと、少し元気のない一番上の葉の先に黒いアブラ虫がぎっしり。その近くにはテントウ虫の幼虫(全体は黑色で、背中に一本のオレンジ色の筋)がおり、アブラ虫を食べてくれるそうです。アブラ虫のついている茎をハサミで取り除きました。元気な蚕豆の一番上の葉には大きなテントウ虫が一匹。何かしてやったりの存在感がありました。常に畑を見回らなければならない生産者の大変さを思いました。

次は葱坊主取り。葱坊主の大きいのや葱坊主を被っているうす皮が弾けているものの茎の先を取るのです。ポツ、ポツ、ポツというやさしい音が静かな畑に響きました。これは、はじめての体験でした。縁農の作業中にウグイスたちが鳴き始めました。帰り途、田んぼに白サギが一羽、みんなの家の手前に一羽のキジを見ました。

4日(木)には午前830頃から出荷場での出荷仕分け作業でした。テーブルの上にカゴを並べ、キヌサヤの袋を3等分に、スナップえんどう1袋を2等分に、フキ1束を4等分に指示通りに分けて行きます。偶数に分けるのは容易ですが、奇数に分ける時には気を使います。その時生産者のTさんが「頭を使って! 〇〇防止」と何度か大きな声をかけてきます。その声を聞いてか生産者のさんが「大丈夫、作業から外されていないね」と私達のそばを通りがかります。私達は「まだ大丈夫よ」と返します。

生産者の方々の役割分担で着々と作業が進んで行きます。この日は卵、フキ、キヌサヤ、スナップエンドウ、タマネギ、生姜、キャベツ、サニーレタス、ホウレン草、ねぎが箱詰めされました。野菜は先週より少しずつ増えてきたようです。これで木曜配送の手伝いは終了です。いつも卵、野菜の位置に気を配りながらスピーディーにボックスを作って下さる生産者の皆様、本当にありがとうございます。

異常気象続きで、作付けも大変のことと思います。テレビに天気予報図が映ると、房総半島の真ん中に位置する三芳に目が行くようになりました。生産者の方々が「作業などしなくても三芳に来てもらえたら」とおっしゃっていました。美しい緑とおいしい空気、そして生産者の方々のなごやかな雰囲気の三芳です。

天候にも恵まれ、あっという間に楽しい時間がながれた1泊2日の縁農でした。


オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

5月3~4日縁農報告縁農委員

中野慧子(三多摩火・小川団地ポスト)

 縁農の日取りが決まると、一番気になるのが天気です。どうぞ晴れますように。次は、自分が朝寝坊しないでちゃんと起き、おにぎりも作って予定の列車に乗れますように。でも、天気のことはどうしよううもなく、三芳に行ってみないとわかりません。ということで、53日、4日と5名で三芳へ行っ来ました。天気は申し分なし。新緑が鮮やかです。

3日(水)午後、20番溝口さんの畑に行きました。まだ始まったばかりですが、キヌサヤの収穫です。次がスナップエンドウ、グリンピースの順に出荷だそうです。そら豆がだいぶ食べ頃になってきています。先行予約も始まりました。根元の方から順に花が咲き、それが枯れて黒くなったら、その花殻を付けたまま(はじめは本当に鉛筆の芯のように小さいのが)だんだん大きくなって豆の形になり、黒い花殻が落ちて収穫になるそうです。字のとおり空に向かって豆が大きくなっています。先日の土、日に子供たちが我が家に来て、葉タマネギのスライスにおかかとポン酢をかけて食べさせたところ、「おいしいね、この葉タマネギはいつ植えるの?」と聞かれて返事に窮しました。そこで聞きました。9月頃畑の隅に苗床を作って種をまき、11月頃一本一本定植するそうです。そして4月いっぱいは葉タマネギとして、5月からは掘りおこして乾かしたうえタマネギとして出荷になるとのことです。ちなみにキヌサヤは直まきで密集していました。それから、メルマガで紹介のあったひよこを見せてもらいました。まだハトより一回り小さいのですが、順調に育っているそうです。

4日(木)は出荷場の手伝い。我がポストは火曜日1コースです。2日前に野菜が来ました。ねぎ、サヤ、キャベツ、サニーレタス、タケノコ、生姜、卵でした。少ないねー、と話していましたが、木曜日に出荷場に行ってビックリ。サヤ、スナップエンドウ、レタス、キャベツ、サニーレタス、タマネギ、タケノコ、フキ、ねぎ、ホウレン草、セロリと野菜がいっぱい。急に増えてきましたとのこと。1030分頃終わり(手伝いになったのか、邪魔になったのか)午後に14番蓑浦さん宅の田植えの予定があるということでその準備。しっかり育った苗の箱をハウスから出し、道の脇に並べました。80100箱。水を含んでいるのでかなりの重さ。5人でバケツリレーの要領で運びましたが、一人でこれをやるのは大変です。「助かりました」という蓑浦さんの言葉にすっかりうれしくなって、縁農は終了。三芳の田植えも連休中にすべて終わるそうです。でも、「三芳は連休も関係ないですね」とのこと。みんなの家の玄関の戸をあけておくと、ツバメが入って来ます。キジも卵を守るため鳴いています。山藤、山ツツジも見事です。カエルの声がうるさいほどにぎやか。次は6月中旬の田の草取りです。皆さん、是非参加して下さい。



オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

ヒヨコのその後と春の畑

20番 溝口和基

 ヒヨコの世話については以前メールマガジンに書いた通りなので、あまり書くことがありません。見の変化は、来た時から体が二回りくらい大きくなったこと、羽根が生えてきて色が変わったことくらいです。

 三月の下旬頃から、昼間は育雛箱の外に出して夜に戻すということを繰り返してきましたが、今週(四月第三週)から育雛箱の正面の壁をなくして自由に行き来できるようにしました。当初は細かく刻んで与えていた葉っぱや野菜くずなどは、そのままでも食べるようになりました。春キャベツの外葉が大人気で飛びついてきますが、さすがに中肋(「ちゅうろく」葉の真ん中の太い葉脈のこと。葉っぱの芯)までは食べきれないようでした。まだ少し人を警戒しているようで、なかなか手のひらからエサを食べてくれません。エサを持っていると近づいては来るので、もう少しだと思います。

184

 四月に入ってから寒い日も何日かありましたが、中旬になって春らしい(初夏並みの気温ですが)日和となってきました。畑では野菜が急に育ち、育てていない草が伸び、虫たちの姿を多く見かけるようになりました。冬野菜の花が咲いたり春野菜のトウがたったりしています。夜も虫やカエルの声がにぎやかになってきました。「ヒヨコのその後のことと、エダマメのことを書いてください」とのことでメールマガジンを書いていますが、エダマメのことも今の段階ではあまり書くことがないので、とりあえず、やっと出荷し始めることができた

春キャベツのことを書きます。 今出荷している春キャベツは、去年の1027日に播種、1126日に仮植、そして今年の128日~24日に定植したものです。

 播種は畑の一角、狭い範囲に種をばらまきして、その上から土ともみ殻をかけます。種をまいた場所のことを育苗床と言います。ばらまきをするので株間も何もあったものではなく、芽が出てきて少し大きくなった頃には混みあってしまって成長が阻害されるものが出てきてしまいます。そこで、別の場所に15センチ程度の株間をとって、列をつくって植え替えます。これが仮植です。播種から定植までの期間は寒冷紗をかけて虫が入らないようにします。

 仮植した苗が大きくなったら340センチの株間に定植です。仮植した苗を掘りあげて別のところに持っていきますが、いい具合の株間になるように一部残しておきます。2株掘って1株残すといった具合です。あとは追肥と草取りをするだけです。 仮植や定植など、植え替えをする際には慎重にやっていても多少は根を切ってしまいます。植えた後はまず根を伸ばし、それから地上部が成長するので植え替えていないものと比べると、根がのびる期間分の成長の差がでます。それならば植え替えを2回もしなければいいと思われるかもしれませんが、その場合は最初から340センチの株間に植えなければならないので、それなりに場所をとってしまいます。畑の面積が限られているので、我が家ではこのような方法でキャベツやブロッコリーを育てています。

184_3

 二枚のキャベツの写真のうち、収穫できるくらいの大きさになっているのは植え替えが一回だけのもので、やっと結球しはじめてきたのが植え替えを二回したものです。少し見づらいかもしれませんが。播種したのは同じ日なのにこんなに差がでます。一斉収穫をするのには向きませんが、少しずつ収穫すれば長い期間出荷することができます。

 そしてエダマメの話です。去年は直播きをしましたが、今年はキャベツと同じように育苗床で苗を育ててから植え替えます。そうした理由は二つあります。一つ目は、エダマメは芽が出た直後(写真の時)に鳥に狙われやすいので、この時期に鳥よけの策を講じておく必要があります。寒冷紗で覆ったり、鳥よけのひもを張ったり、といったことですが、これらは範囲が狭いほうがやりやすいから、ということです。二つ目は、「エダマメは移植栽培をしたほうが節間が短くなり、莢のつきがよくなる」ということを本で読んだからです。直播きか移植栽培か、結果の良かったほうを来年採用しようと思います。どちらにしても虫取りが大変になると思いますが……。

184_2

去年の反省点を生かして、今年はカメムシが大量発生する前にとってしまいたいです。エダマメは7月中旬に収穫できる予定です(あくまでも予定です!)。キャベツは5月いっぱいくらいで出荷しきることができると思います。春キャベツではなくて初夏キャベツと言ってしまってもいいかもしれません。

184_4

 キャベツの上をモンシロチョウが舞い、作業場にツバメが巣作りに来ました。春本番、これから豌豆や蚕豆の季節です。それに田植えもあります。今年はあまり曲がらないように植えたいです。


オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

3月下旬~4月始めの農作業(3月25日~4月5日)

33番  安田澄子  

 私とおとうさん(夫・安田仁)の二人三脚で農作業をやっています。私のところは山名の中でもひらけた嵯峨志地区にあり、28番大森さん、21番君塚茂さん、32番君塚弘和さんの家が近所にあります。家の周りの畑のほかに、高齢で退会された7番鈴木昇さんの山の中腹の畑を引き継いで野菜を作っています(下の畑にはほうれん草、大根、水菜などを植え、上の畑には413日にキュウリを定植して寒冷紗をかけました)

体にこたえるのでレンコンづくりはやめましたが、できるだけ多くの品目の野菜をつくろうと心がけています。3月下旬はゴボウを掘って出荷しました。この時期冬野菜の畑を整地し、いろいろな作物の種をまきました。

プラムの花は咲きましたけど、老木になりまして、上の枝を切ったので花の咲きはさびしいです。今はしだれ桜の花が満開で、きれいです。その後ぼたん桜が咲きます。 

323日(木)晴 出荷日(卵、ねぎ、ほうれん草、切干大根、ゴボウ)。ゴボウ掘り。ほうれん草取り。朝夕に鶏の世話と卵ふき。この春ひよこは入れませんでした。

★鶏は230羽飼っていて、毎日朝夕世話をし、卵をふく作業業を二人でしています。

324日(金)晴  出荷準備。二人でほうれん草収穫。おとうさんはゴボウ掘り。

   私は鴨川の亀田総合病院へ乳がん検診に行く。

325日(土)雨 出荷日(卵、ネギ、ほうれん草、ゴボウ、切干大根)。雨のため農作業休み。 午後おとうさんは嵯峨志の組の総会。

326日(日)曇 私はサニーレタス、レタスの定植。おとうさんはトラクターかけ(耕運)。二人でニンジンの種まき。おとうさんが種をまき、私がもみがらをかける。

★種まきにはニンジン、大根のように直まきするものとポット植えがあります。

ポット植えは、30個ほどが一箱になっている連結育苗ポット一つひとつに土を入れて種を植え、これを小ビニールハウスに入れて苗を育て、畑に定植します。

327日(月)小雨 出荷準備。おとうさんはゴボウ掘り。私は年金友の会役員会。

328日(火)晴のち曇 出荷日(卵、ゴボウ、ほうれん草、ねぎ、キャベツ)。私はサニーレタスのポット植え。二人でインゲン片づけ。もっと早く片づける予定だったのがなかなかやれやれず、やっとできました。その後おとうさんはモアで草刈り。この草刈機は草を細かく刻んでくれる。

329日(水)晴のち曇 出荷準備。二人でゴボウ掘り。ピース、スナップえんどうの支柱立てとネッ張り。

330(木)晴 出荷日(卵、ねぎ、切干大根、ゴボウ、パセリ)。私は種屋さんに行き、カボチャ、インゲン、小松菜、春菊の種を買う。早速にカボチャの種まき(ポットへ)。一回まいたが、芽の出が悪かったので、二度目の種まき。二人でスナップ、ピースの芯張り棒立て。つるが伸びてくると強い風などで倒されるのを防ぐため。おとうさんは鍬で畑の畝の溝上げ作業。

331日(金)曇のち雨 二人でレタス400本定植し、お父さん鶏糞をまく。出荷準備。鶏の餌のぬか30袋くる。

4 1日(土)雨 出荷日(卵、ねぎ)。おとうさん配送。私はサニーレタスのポット植え(200本)のあと作業休み。

42日(日)晴のち曇 二人で万願寺とうがらし、ナス種まき(ポットへ)、私は出荷するキャベツの荷作り。

   おとうさんはモアで草刈り。夕方からおとうさん組役員引き継ぎ。

4 3日(月)晴 二人で溝上げ。私は草刈り、おとうさんはトラクターかけ。

4 4日(火)出荷日(卵、キャベツ)。私は種屋さんでアイコトマト、春菊、水菜の種を買う。ソラマメ畑の草取り。インゲンの種まき。おとうさんはみつば、春菊、小松菜、インゲンの種まき、溝上げ、トラクターかけ。

4 5日(水)私はキャベツ畑片づけ、ミニトマト種まき。とう立ちチンゲンサイ刈り取り。おとうさんはトラクターかけ、大根種まき、二人でサヤえんどう支柱直し。芯張り棒がしっかりやってなかったために強風で支柱が傾いたので、直しました。出荷準備(ねぎ、ほうれん草)

 


オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ