« 20年前の稲づくりと今の稲づくり | トップページ | 古宮さん農業日誌 »

2018年8月 7日 (火)

特注について

生産者からのおたより

特注について          33番 安田 仁

Q 特注を受けてから、出荷されるまでの流れを教えてください。

 A FAX、電話、メールで特注が来ると、特注係にすべての注文が知らされます。それを一覧表にして、出荷作業をしている生産者たちに特注として出してもらえる野菜を聞いてまわります。それぞれ出荷する野菜は前回の出荷日に予約を出しているので、誰がどの野菜が出荷調整(特注を受けられるか)になっているかだいたいわかります。火曜日分は土曜日に、木曜日分は火曜日に、土曜日分は木曜日に、9時半ごろから頼み始めます。

 Q 毎回どのくらいの数の特注がありますか。火、木、土で差はありますか。特注するのはポストが多いですか、宅配の方からもありますか。

 A 特注品目の多いこの頃は、だいたい毎回1020品目の特注があります。火曜日と土曜日はあまり変わらないけど、木曜日は少ないようです。宅配の人からは火、木、土とも56名来ます。

 

Q 特注が多いと、大変ですね。

 A 大変ですが、沢山特注をいただければ、ありがたいです。

Q 春ごろからどんなものに多く特注がありましたか。新規に青梅、完熟梅、らっきょうなど特注扱いになりましたが、結果はどうでしたか。

A この二か月ほどの数字ですが、多かったのは川野みかん、ニンニク、じゃがいも、夏みかん、きゅうりなどでした。青梅、完熟梅、らっきょうなどは出荷事務扱いで、特注ではなく先行予約で出荷事務扱いですが、注文に応じられない品目もあり、好評だったようです。

Q たとえば伝票ではきゅうりが特注品目になっているのに、届いた荷物には3本しか入ってないといったことがあります。どうしてこうしたことが起こるのか、私たちには不思議です。

A これは出荷事務の関係ですが、たまたまその日に出荷する生産者が少なかったということです。特注にまわしたので、本体が少ないということはありません。

Q 総会のとき「特注しても来なかった。ない時には連絡が欲しい」という要望がありましたが、ないときどのような対応をしていますか。「行かなければ、ないと思ってくれ」ということですか。私たちとしては「特注の申し込みをいただきましたが、なくなりました」といった連絡がもらえるとありがたいのですが、無理ですか。

A 宅配便の方には荷物の中に「ありません」というお知らせを入れます。ポストの場合はそのままです。

 Q 特注する人に要望したいことはありますか。

 A 木曜日の人は火曜日930分までに、土曜日の人は木曜日930分までに、火曜日の人は土曜日930分までに申し込んでください。それ以後に連絡をいただいても、出荷作業は終わって、生産者が帰ってしまうと、出してくれる人を探して頼むことができません。よろしくお願いします。

【写真】三芳山名夏祭り(2) 23番稲葉晃一撮影

 みんなの家前でのおみこしのもみ②白丁踊り③みんなの家前での見物客(前列左か元14番中村、坂詰・ 後列左から和田、根本、遠藤、石畑)


249



 

|

« 20年前の稲づくりと今の稲づくり | トップページ | 古宮さん農業日誌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20年前の稲づくりと今の稲づくり | トップページ | 古宮さん農業日誌 »