« お茶生産者佐藤さんより | トップページ | ブロック会議に参加して~と、お米のこと »

2018年9月18日 (火)

彼岸頃迄

                                                     20番 溝口和基

 

 真夏の猛暑の時期でも、種まきをするものはいろいろあります。7月中には大豆とニンジン。8月中旬にはブロッコリーやカリフラワー、冬キャベツとレタスを畑の一部を苗床にして播種しました。8月下旬には白菜と京菜を苗床に、2回目のニンジンを畑に播き、ラッキョウを植えました。9月に入ってからはタマネギと春キャベツを苗床に、ダイコンを畑に播きました。この後はホウレンソウやコマツナ、二回目のダイコンを播く予定です。ナバナとカブも播きたいのですが、いまのところ畑が空いていません。

 

 この時期は夏野菜が終わりに近づき、収穫物は少なくなってきますが、種まきやら植え付けが多くて意外と忙しいです。加えて、日が段々と短くなり雨も多いので余計忙しいです。大豆は花が咲き終えて、小さな莢がついています。10月上旬にはエダマメとして収穫できそうです。最初に播いたニンジンは葉が10センチほどに伸び、そろそろ間引きのころ合いといったところです。収穫は10月下旬以降の予定です。ブロッコリー・カリフラワー・冬キャベツは畑に仮植して、一部は枯れましたが、ほとんどは無事に根付きました。レタスは定植を終え、ハクサイは定植の途中です。育苗床にある野菜は、彼岸が過ぎるまでには植えてしまいたいです。

 

 種まきや植え付けをするときになって畑に空きがない、ということがよくあります。収穫を終えた野菜をすぐに片づけられればいいのですが、夏野菜は株自体が大きくなるものが多く、片付けるのが大変です。葉菜類や根菜類などは、収穫しながら周りの草取りもすれば後が楽なのですが、果菜類などは収穫が終わってから一気に片付けることになります。夏野菜の中でも特に厄介なのがオクラとモロヘイヤです。オクラは茎が細いものなら簡単に引っこ抜けるのですが、太いものだと引っこ抜けないのでスコップを使って掘ります。モロヘイヤは野菜というよりも木といったほうがいいような姿になるので、引っこ抜くのは初めからあきらめて、草刈り機で根元を切り、トラクターで耕耘した後に根を拾います。

 

 オクラも草刈り機で刈ったほうが楽なのですが、地中に根を残したくないのでなるべく引っこ抜くようにしています。トラクターで耕耘すると、地中に残っていた根が地上に出てくるのもあれば、土の中に埋まってしまうものもあります。すべてを手で拾いきることはできません。こういう大きいものが土の中に残っていて、そのあとにダイコンやニンジンなどを播くと、伸びていく過程で障害物をよけるために曲がったり二股になってしまったりします。堆肥の塊なんかが直下にあっても同じことが起こるそうです。なかなかスムーズに事は運びませんが、やはり種まきは楽しいものです。

 

 今年入れたヒヨコが、9月の頭に卵を産み始めました。もうヒヨコと呼んではいけないかもしれません。若鶏の卵がだんだん増えてくるかと思いきや、1日に23個の状態が続いています。体の大きさがまだまだ小さい鶏もいるので、全員が生み始めるまでしばらくかかりそうです。ほかの生産者でも、まだ卵を産み始めていないという人が何人かいるので気長に待つことにします。


255_3

|

« お茶生産者佐藤さんより | トップページ | ブロック会議に参加して~と、お米のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶生産者佐藤さんより | トップページ | ブロック会議に参加して~と、お米のこと »