« 配送の状況と今後について | トップページ | 新穀感謝祭へのご支援ありがとうございました »

2018年10月30日 (火)

写真で、見る10月の三芳

写真で見る10月の三芳

(写真・文)59番大橋一史

台風被害からここまで回復

930日と101日の台風被害は甚大でした。食べる会会員の皆様にも配送、発送の回数が減りご迷惑をおかけしています。生産者も復興に向け着々と頑張っています。

(写真1)台風被害を乗り越えた人参。33番安田さんの畑。11月中には出荷できます。他、ネギ・大根も乞うご期待(1026日撮影)。

 三方が山に囲まれ、台風被害を逃れた大根ナと小松菜(活字版掲載)

261

(写真2)台風が去った後も10月は雨が多く、畑に入れる日が少なく苦労しましたが、12月・1月に向けた葉物野菜の種まきを多くの生産者が行っています。

 順調にいけば12月にも出荷できるかもしれません。君塚代表が種まき機で「ほうれん草」「ナ花」「小松菜」を撒いてる様子(1025日撮影)。第二弾です。

 この種まき機は、種の大きさにも対応して「土を軽くよける」「種を落とす」「土をかける」。種を落とす間隔も調整できるという優れモノ。23月に向けた中期の野菜も頑張っています。

261_2

(写真3)右から「キャベツ」「ブロッコリー」「白菜」。12番古宮さんの畑。生産者のなかでも最も出来のいい畑の一つです(1024日撮影)。これは台風後に苗を植えたもの。

 写真には写ってませんが、この隣に水没して泥をかぶり、出荷できなくなった枝豆畑がありました(鶏の餌にすると卵の質が向上)

写真はここには載せられません(活字版掲載)が、4月以降の出荷準備も怠りありません。先月号でお伝えした渡辺さんの玉ねぎの種をまく前に、

ワラを燃やして雑草の種を焼きワラの肥料分を固定させたもの。生産者間で「今年の玉ねぎはあまりよくない」という声もきかれる中、立派な苗が出来てます。

 もっとタイムスパンの長いのが、8月に種を植えて、来年6月に収穫するニンニク。台風に負けず見事な成長ぶりです。ラッキョウと並んで、最も畑にいる期間が長い野菜です。

261_3

 どちらもこれからの草取りがどこまでできるかが勝負となります。

農業にはこんな機械が……(写真4)10月から11月にかけてお届け出来た枝豆ですが、ほとんどの生産者は一粒づつ手でもいでますが、56番八代君はサヤの部分を枝からはずすこんな機械を所有。

中で回転する刃は、軟質ゴムで出来ており、手にあたっても平気です。もがれたサヤは下に受けたザルに溜まります。

ただし実の選別まではしてくれないので、そこから先は人の手と目による作業です。ちなみに約30万円。

261_4

 畑からの風景 (写真5)1025日午前530分。十五夜の月が西に沈む様子。自宅から100m程離れた畑より。

 月の下あたりが私の倉庫2棟とハウス。雨戸の閉まっている家が母屋。21年間居住。

261_5

 

|

« 配送の状況と今後について | トップページ | 新穀感謝祭へのご支援ありがとうございました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 配送の状況と今後について | トップページ | 新穀感謝祭へのご支援ありがとうございました »