« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月

2019年2月19日 (火)

なつみかんの摘花

 なつみかんの摘果

                           かわばた園 佐藤寛之

 立春もだいぶ前に過ぎ、静岡でも梅の花やふきのとうなど、春はもうすぐというように季節が変化しています。かわばた園でも梅の剪定が終わり、

次はなつみかんの摘果作業に取り掛かりました。

 なつみかんはそれほど広い畑ではなく、父と2人で1日半作業しただけで完了してしまう程度の面積ですが、急斜面にあることに加えて、

不安定な木の上に登っての作業となり、それなりの疲労感があります。

 樹齢がかなり高齢になっていることもあり、昨年から年間注文は受け付けられてはおりませんが、今年は去年よりは多く残ったかな?という印象です。

残念ながら今年も年間注文としては受け付けられないような印象らしいですが、個別にご連絡をいただければあるいは……といった感じです。

注文のところに関しては改めてご連絡致します。

 私は摘果の作業自体はまだ2回目の初心者なので、どの実を摘果するのかという判断が父のようにサクサクとはいきません。

 父からは「迷ったら落とせ」とのアドバイスをもらってはいますが、そのアドバイス通り素直に摘果してしまうと、1本の木に4個ほどしか

残らなかったものありました(笑)。さすがにやり過ぎているのは自分でもわかるので、「迷ったら……」とは簡単に言っても、やはり考えながら

摘果作業をしていかなければならないものです。何にしても経験ですね。

 梅の剪定についても同じことが言えます。地面に対して垂直に伸びる“直立枝”、太い枝の進行方向とは逆向きに伸びている“逆行枝”は切る、

と言われても、素直に全てやるとスカスカの木が出来上がります。結局、6月ごろの収穫量が減ってしまうのでこちらも難しいところ。

 「こういう剪定、摘果をしたら、こういう収穫量、結果になった」という反省が得られるのは数ヶ月かかってしまう農業の難しさを感じながら、

ちゃんと記録を残して早めの成長を目指します。


276img_3179_2

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

近況報告

近況報告(農作業日誌に代えて)

                 23番 稲葉晃一

 寒くカラカラ天気がしばらく続いて、ようやく雨が降り出しました。作物もやっと一息ついているのかなと思う今日この頃です。

近況報告ということで、23日(日)について書きだしました。

 午前中は、お寺の役員として、木が覆いかぶさっている墓地のこさ切り作業。チェーンソー等を駆使しての大木伐採作業を行いました

(とは言っても、主に補助的な後片付けが主なものでしたが……)

 午後からは、山名下二地区の「初午」神事に参加しました。20名程の集まりですが、五穀豊穣を祈念しての宴となりました。

非農家の方も参加しての集いであり、年に二、三回しか顔合わせしない方もいて、久々の懇談会となり、夕刻まで話が弾みました

(しかしながら、当分の間は、ノンアルコールでのお付き合いとなりますが……)

 

 鶏たちも、数多くの卵を産んでくれています。来月にヒナが来るので、鶏舎の片づけと併せ、水田へと鶏糞・米ぬかの搬入をしています。

この間田んぼが終わったと思ったら、田んぼ関連作業がもう始まるんだなという感じです。

 お米のだぶつきも懸念されますが、生産現場は、美味しいお米作りに励んでおります。山名地区でも、高齢化等により、コメ作りを断念する

農家が増加しています。

しかし、この米作りは農業の「礎」と思います。多年にわたり育んできたこの大切な農地を、これからも守り続けていきたいと思います。

新たな販路開拓、様々な商品開発等知恵を出し合いながら、前に進みたいと思います。

 まずは健康第一で頑張りまっさ! 春はもうすぐそこまで……


| | コメント (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »