« なつみかんの摘花 | トップページ | 立春野菜 »

2019年3月 5日 (火)

新宿でフェアに参加

新宿での南房総市フェアに参加しました

                           代表 32番 君塚弘和

 

219日(火)から23日(土)まで、新宿駅南口近くにあるJA東京アグリパークで行われた南房総市フェアに参加しました。市から出店のお誘いがあったからです。

初日に、割り当てられたコーナーに卵(10個パック入り)、コンバイン米(5キロ袋と2キロ袋)、マヨネーズ、梅干、米粉、里芋、シイタケ、生姜、フキノトウ、ナ花、大根などを並べました。5日間のうち生産グループから売り子が行ったのは初日(32番君塚・12番古宮)と最後の二日(2232番君塚、2332番君塚・56番八代)でしたが、ウイークデーはビジネス街らしく、昼ごろになると、どっと人が来ました。関心を持って話しかけて下さる方も何人かありました。

値段は食べる会価格より2割ほど高くしましたが、全体としてよく売れたのは小袋入りのナ花(110袋)、里芋(15ケース、500g90袋)、生姜、梅干、卵(30キロ)でした。「なくなった」と連絡があるごとに追加して届けました。期待のお米は、2キロ袋6袋、5キロ袋ゼロでした(「誰が重いお米を新宿から持ち帰ると思ってるの? 2キロ袋をド~ンと目立つように積まなくちゃ!」と食べる会の方にいわれました)

新宿にはスーパーマーケットがない。勤め人の方は話をすれば、よいものなら売れると感じました。


277

 

|

« なつみかんの摘花 | トップページ | 立春野菜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なつみかんの摘花 | トップページ | 立春野菜 »