« 縁農ボランティア、ありがとうございました | トップページ | 驚きの台風15号 »

2019年10月 1日 (火)

9月24日の台風報告

それなりに頑張っていきたいと思います           14番 蓑浦みち子      

 今まで災害の少ない房総でしたが、こんなに大きな台風がきてしまったのです。本当に一晩中眠れない、こわい台風でした。

我が家では台所の屋根、ガラス窓、牛舎の屋根のトタン等々、とくに住まい方だけは雨が入らないように応急処置をしていただき、ひと安心です。とりあえず今まで通りの生活ができていますので、片付けはあとでと考えています。

今は稲刈りを終わらせることに日々過ごしております。

食べる会の皆様には励ましのTELをいただいたり、助けていただいたり、元気をいただいております。子供たちも「ありがたいね」と申しております。

主人も今年は災難続きで弱気になっているところに、この台風でしたので、体調を心配しましたが、様子をみながら動いているようですので、ひと安心というところです。今までも台風のたびになんとかのりきってきました。

私どもも年齢的に無理はできませんが、それなりに頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

【コメント】いただいた葉書を了解を得て配信します。孝昭さんは春先の左足くび骨折のあと帯状疱疹に悩まされたりされていました。台所の庇が壊されてガス台が水びたしになったそうですが、断水はなく、停電も5日目ぐらいで復旧。

19日、20日、生産グループの12番古宮さん、60番江原さんが刈った稲をボランティア縁農メンバーが3人ずつはざかけを手伝って、稲の収穫はほぼできたそうです。

〇写真は19日、20日に縁農ボランティアに行かれた広報委員会堀江美穂さんの撮影です。①②21番さんの全壊した鶏小屋③塩害に見舞われた32番君塚さんの大豆畑④蓑浦さんの田でのはざかけ縁農

|

« 縁農ボランティア、ありがとうございました | トップページ | 驚きの台風15号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 縁農ボランティア、ありがとうございました | トップページ | 驚きの台風15号 »