« 秋の作業 | トップページ | お茶がようやく海外へ »

2019年11月25日 (月)

大器晩成(と、なってほしいです)   

         

                                  20番 溝口和基

 

 金木犀の小さな花が散るころになって山茶花が咲き始めました。水仙も例年と同じくらいの時期に葉が伸びてきました。桜は何輪か狂い咲きしましたが、他の木々は台風に惑わされていないようです。10月25日の大雨の後は畑がなかなか乾かずに、畑仕事がどんどん後回しになっていきました。ようやく秋晴れの日が増えてきましたが、今から種まきをしても間に合わない野菜が多いです。白菜・ブロッコリー・カリフラワー・タマネギなどは9月中、遅くとも10月初めまでに播種しないと、結球しなかったり花蕾が出てこなかったり、大きくならなかったりします。

 

 幸い我が家では、苗を寒冷紗で覆っていたので台風19号の潮風でやられず、畑が冠水したときも流されずに済みました。寒冷紗の中にあったブロッコリーやキャベツの苗は、播種した当初の予定では10月中旬くらいまでに定植するつもりでしたが、台風15号後の鶏小屋の修理などを優先していたため植えるのが遅くなりました。植えてすぐの、まだ根付いていないときに豪雨で冠水していたら流されてしまったであろうことを考えると、結果的には定植が遅れてよかったと言えます。そのかわり収穫も遅れます。流れて行ってしまったのはチンゲンサイだけです。

 

 台風15号の後に白菜を定植しました。10月初旬には外葉が横に広がり、中央付近の葉は立ち上がってきました。こうなると間もなく結球が始まります。そこに台風19号の潮風を受けましたが、外葉が枯れただけでした。白菜に限らず生長点が中央にある野菜は、外側を覆う葉が生長点を潮風から守っているので、ある程度大きくなっていれば株自体が枯れることはありません。白菜の見た目にはあまりダメージがないようなのでしばらく様子を見ていましたが、生長が停滞しているみたいでした。10月初旬と下旬でほとんど見た目が変わっていないように感じました。そんな折に豪雨で畑が湖になり、白菜の姿が見えないほどの水深になりましたが、なぜか枯れず、11月に入ってからようやく結球を始めました。

 

 芽が出たばかりの時に潮風や大雨に遭うとひとたまりもなく、ほとんどが枯れるか流されるかしてなくなってしまいます。活着しているときだと地上部に変化は見られなくても、根にダメージを受けているようです。細い根や新しい根が切れるか腐るかしてしまうので、被害後には根の再生がされているのだと思います。そのため、生育が停滞しているように見えるのでしょう。予定より収穫が遅れていますが、急かしたところで生育が早くなるわけではないので、今できる仕事を一つずつ片付けていくしかないです。時間がかかっている分立派な白菜になってほしいものですが、どうなることやら。

|

« 秋の作業 | トップページ | お茶がようやく海外へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の作業 | トップページ | お茶がようやく海外へ »