«  10月25日、異常豪雨で田畑が海になった | トップページ | 秋の作業 »

2019年11月 5日 (火)

水復旧のため山中で奮闘

                                 55番 稲葉洋海

 私の住む地区(旧三芳村増間)では現在でも多くの家で水道が普及していません。我が家では家から500m位離れた山から出てくる水を塩ビパイプを使って家まで引いて生活しています。

台風15号が来た時には断水になり、翌朝復旧のために山へ。この日は長男(20歳、同居)の勤務先が停電で休みになり、いっしょに山へ連れていき、わが家の水の現状を伝え、作業を手伝ってもらうことにしました。

山へ行き、歩行の邪魔になる倒木をチェンソーで切りながら現場へ……。20m位にわたり杉の木が根っこごと倒れ、地中に埋めてあったパイプもいっしょにもっていかれている状態でした。そのパイプを引き抜こうとするも歯が立たず……。

ここまででいったん家に帰り、昼食。

20m分のパイプが必要となり、ホームセンターに買いに行くも停電のため閉店していて、必要な材料をかき集め、材料をかついで現場へ……。午後4時頃には水は復旧しました。

非常に蒸し暑い中での重労働も長男といっしょのためサボることも出来ず、作業に専念しました。

 15号台風の後も19号や大雨でまた木が倒れたりで、再三、水復旧のために山へ行くことになりました。

今回ふだん使っている電気、水のありがたさが身にしみました。

|

«  10月25日、異常豪雨で田畑が海になった | トップページ | 秋の作業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  10月25日、異常豪雨で田畑が海になった | トップページ | 秋の作業 »