« お茶がようやく海外へ | トップページ | 備えあれば患いなし(共同作業) »

2019年12月18日 (水)

冬の種まき

                     20番 溝口和基

 

12月になったと思ったら、あっという間に今年も残り2週間となっていました。1年を振りかえろうとしましたが、印象に残っているのは台風と停電と大雨のことばかりです。

台風被害については何度か書いたので、ほかのことがないかと思い出してみると、我が家で今年初めて出荷した品目がいくつかありました。セロリ・落花生・サツマイモ、それとズッキーニです。落花生とズッキーニは以前も栽培したことがありましたが、セロリとサツマイモは育てるのが初めてでした。今まで育てなかった理由は畑の空きがなかったからで、食わず嫌いではないです。実際に育ててみたら思っていたほど難しくなく、無事に収穫までこぎつけました。

 

 生き残った苗を早く定植したかったのですが、冬になってからも雨の日が多く、一度にまとまった量が降るので、畑がなかなか乾かず、どんどん定植が遅れていきました。できれば11月中にタマネギと春キャベツを植え切りたかったのですが、12月上旬までかかってしまいました。植えてしまえば、畑は乾燥していないので活着は順調に進み、キャベツはほとんど枯れていません。

 

 タマネギと春キャベツを植え終わり、エンドウの種まきも終えたので、年内の定植や播種はほぼ終了です。あとはホウレンソウや小松菜を播くかどうかが悩みどころです。春から夏にかけての時期では、気温が段々と上がっていく季節なので、播種が1週間遅くなっても野菜の生育が追い付き、収穫時期もあまり変わりません。対して晩夏から冬にかけては気温が下がっていくので、播種が1週間遅れると収穫が1か月遅れる、という話を聞いたことがあります。

 

 ホウレンソウと小松菜は寒い時期でも播けるので、収穫時期を見越して、播種時期を意図的にずらすことができます。経験則ですが12月中下旬に播くと3月中下旬に収穫、1月上中旬に播くと4月上旬に収穫となります。天候によりますが3月中下旬は気温が急に上がる季節なので、野菜も一気に大きくなります。アブラナ科の野菜は一気にトウ立ちするので、その前に収穫する必要があり、出荷量が急増します。なのでその時期を避けるために播種を遅らせようと思っていますが、狙った時期に収穫できるかは天候によるので試してみるほかありません。

 

 畑仕事が一段落したので半分吹き飛んだ鶏小屋の修理を始めました。やり始めたら残っている壁や屋根がボロボロなのが気になって、結局大規模改修しようと思っています。ヒヨコが来るまでに間に合いそうになかったら手短に済ませます。大雨のため定植が遅れたブロッコリーが小さな蕾をつけていました。1月中には収穫が始められるかもしれません。

 

|

« お茶がようやく海外へ | トップページ | 備えあれば患いなし(共同作業) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お茶がようやく海外へ | トップページ | 備えあれば患いなし(共同作業) »