« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月28日 (火)

感謝の集いでかんがえさせられたこと

                        60番 江原重人

 

 1月19日(日)に三芳の山名共同館で「感謝の集い」が開催された。「食べる会」「生産グループ」合わせて約100名で、場内は満員になり、小さい子どもさんの元気な声も響いていた。

弁当は、房総郷土料理は外注したが、三芳野菜料理は手づくりで、「食べる会」の皆様に前日から泊りで、たくさんのおいしい料理を作っていただいたご苦労には本当に頭が下がります。どうもありがとうございました。

 毎年11月に開催される「新穀感謝祭」が昨年中止になった原因は、9・10月の台風、豪雨だが、さらにその原因はとなると、「地球温暖化」を抜きには語れないだろう。

この原稿を書いているたった今も、今冬の異常な雪不足のため雪祭りやスキー場の関係者の悲鳴が全国各地であがっている。考えてみれば、「地球温暖化」という言葉を初めて耳にしたのはかなり前のような気がする。

しかしこの現象をどこか他人事のような受け止め方をしてきた人が、自分も含め結構多かったのではないだろうか。

 朝起きて食事をとり、仕事をして自宅に帰り、眠るという生活の基本的枠組みが維持されていれば、それほど危機感は感じられないかもしれない。また問題があることを知ってはいても見て見ぬふりをすることも可能だ。

 しかし、当たり前の生活が当たり前にできなくなるケースが増えてくると、人は危機感を持ち始めるのだろう。だからと言って現状を短時間で劇的に改善することなどできるはずがない。

18世紀の産業革命からの積み重ねがあって、今があるわけだから、元に戻そうと思えば、気の遠くなるような時間が必要だろう。いま手にしている便利さを手放す覚悟も必要となれば、なおさら目をそむけたくなる。

そして人は急激な変化を強いられるのを嫌う。そもそも急に変わることなどできないだろう。だから、知識と意識が交互に足を前に出しながら、少しずつ少しずつ進んでいく。

その歩みのあまりののろさに耐え切れず、投げ出してしまえば、そこですべては終わりだ。逆にスピードアップするためにギアを無理矢理チェンジしても、それは必ず失敗する。

それは今までの歴史が証明している。結局のところ、我々は問題意識を持ち、身近な人、顔の見える人の幸せを願いながら、楽しく、無理せず生活して行くより他ないのだろう。

そしてそのテンポは、畑で野菜が生育するテンポとまったく同じような気がする。

 そんなことを考えさせられた「感謝の集い」でした。

| | コメント (0)

2020年1月21日 (火)

鳥小屋修理記

                     20番 溝口和基

 

 ここ数年、年末年始は鶏小屋の修理をしている気がします。もともとあまり丈夫に作っていない鶏小屋で、例年の台風でも屋根がはがれたり、壁がはがれたり、トタンや柱がボロボロになるなどして、毎年細かい修理をしています。3軒ある鶏小屋のうち、真ん中の鶏小屋の正面の壁が台風15号で吹き飛ばされました。都合がいいことに(?)その鶏小屋の鶏たちは3年目の、間もなくお役御免となる鶏たちでしたので、簡易的な壁をつくって、少し狭くなりましたが11月までその中で過ごしてもらいました。

 

 鶏がいなくなった鶏小屋では、まずは鶏糞出しをします。普段からたびたび鶏糞出しはしますが、空になったときは取りづらい止まり木の下なども含めて、全面床の土が見えるようにします。鶏糞出しが終わってから鶏小屋の修理を始めました。プロに依頼するという手もありますが、台風以来大工さんの人手不足が深刻だそうなので、住居でもない鶏小屋の修理などとても頼めません。頼んだとしてもヒヨコが来る3月に間に合わないので、自分でやるしかありません。

 

 自分で修理するとなると、なるべくお金をかけないように済ませようとしてしまいます。壁や屋根は比較的きれいに吹き飛んだ(鶏小屋のすぐ横に散らかっていました)ので、トタンや木材は再利用できるものが多かったです。そういうものばかり使って修理しているので、毎年毎年細かい修理が必要になるのかもしれません……。年末年始は配送がお休みになり、収穫もする必要がないので畑仕事以外の仕事がはかどります。休みの間に修理を終わらせてしまおうと準備をしていたのですが、慣れない仕事なので順調にいくはずもありません。

 

 吹き飛んだところを修理するだけのつもりが、無事だった部分にもガタがきているのが気になり、もう一面の壁も外して垂木を打ち直し、そのあとに屋根を張り直しました。そこで2019年が終わり、年明けはなかなか鶏小屋の修理にまで手が回らず、結局壁ができたのは出荷が始まってからになってしまいました。外装は終わったので、産卵箱や止まり木などの内装は雨の日につくる予定です。

 

 トラクターで耕耘していると、ミミズなどの土中の虫が表面に出てくるため、野鳥がトラクターの後ろをついてくることが多いです。野鳥と言ってもたいていはカラスかハクセキレイなのですが、先日珍しい鳥が近づいてきました。おそらくアオサギだと思いますが、詳しくないので断定できません。遠目に見ることはよくあるのですが、この日はトラクターから1メートルくらいのとことまでやってきました。興味深そうにこっちを見ていたので写真を撮って、トラクターから降りて近づこうとしたら逃げられました。残念。

 

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

備えあれば患いなし(共同作業)

                                          23番 稲葉晃一

 

 和田代表よりメルマガ原稿作成の厳命(笑)がくだされましたので、必死こいて作成いたしました。

 昨年の度重なる台風被害がどうしても思い起こされます。そんな中で地元では、「あれやっておいて良かったねえ。やってねえったら、もっとひでぇことになっていたっぺよう」との声が大であります。

「あれ」とは……

 三芳~丸山へと抜ける市道法面[のりめん=斜面]に生えている大木の刈り払い作業(こさ切り)です。

 市道から10m超、上の法面から大木の枝等が覆いかぶさっており、東電柱・電話柱・交通への支障が懸念されていました。嵯峨志地区民からの要望を受け、山名区において、「みんなで『こさ切り』をやんべえっさ!」となり、おととしから3日間位かけて実施しています。市からは、ダンプ等の提供を受け、大木切り・搬出・焼却・交通整理等はすべて地元区民で対応しました。

 作業中に東電線切断もありましたが、無事作業を進めることができています。

 市へ要望だけしていても、いつになるか分からんし、今ならまだみんなでやれるだろうということでなんとかやり遂げてきました。

 昨年の台風被害を思ったとき、これやったなかったら、通行止め・停電等が更に長期化していたのでないかなと思いました。今年度も2月中旬に予定しています。

 山名区は、100戸余りの高齢化率大の集落ではありますが、このような共同作業が住みよい生活を支えていくための術のひとつではないでしょうか。

 またひとつ、齢を重ねますが、今年も安全第一でみんなで作業に励みまする。

 場所は、広域火葬場から僅かの距離にあります。119日の「感謝の集い」においでの際にでもご覧くださいませ。

 

 毎週配送となり、やはり「顔」が見えることは、安心につながりますね。

 暖かくなって、いっぱいの野菜が届くまで、今しばらくご辛抱をくだされませ!

なお、台風で出荷場のシャッターが故障して苦労していましたが、過日やっと業者が来て(台風被災から4か月後)確認してくれました。基盤交換しなければならず、まだまだ朝の手動開け作業(チェーンを20分弱引き続け)継続中です(涙)

| | コメント (0)

備えあれば患いなし(共同作業)

                                              23番 稲葉晃一

 

 和田代表よりメルマガ原稿作成の厳命(笑)がくだされましたので、必死こいて作成いたしました。

 昨年の度重なる台風被害がどうしても思い起こされます。そんな中で地元では、「あれやっておいて良かったねえ。やってねえったら、もっとひでぇことになっていたっぺよう」との声が大であります。

「あれ」とは……

 三芳~丸山へと抜ける市道法面[のりめん=斜面]に生えている大木の刈り払い作業(こさ切り)です。

 市道から10m超、上の法面から大木の枝等が覆いかぶさっており、東電柱・電話柱・交通への支障が懸念されていました。嵯峨志地区民からの要望を受け、山名区において、「みんなで『こさ切り』をやんべえっさ!」となり、おととしから3日間位かけて実施しています。市からは、ダンプ等の提供を受け、大木切り・搬出・焼却・交通整理等はすべて地元区民で対応しました。

 作業中に東電線切断もありましたが、無事作業を進めることができています。

 市へ要望だけしていても、いつになるか分からんし、今ならまだみんなでやれるだろうということでなんとかやり遂げてきました。

 昨年の台風被害を思ったとき、これやったなかったら、通行止め・停電等が更に長期化していたのでないかなと思いました。今年度も2月中旬に予定しています。

 山名区は、100戸余りの高齢化率大の集落ではありますが、このような共同作業が住みよい生活を支えていくための術のひとつではないでしょうか。

 またひとつ、齢を重ねますが、今年も安全第一でみんなで作業に励みまする。

 場所は、広域火葬場から僅かの距離にあります。1月19日の「感謝の集い」においでの際にでもご覧くださいませ。

 

 毎週配送となり、やはり「顔」が見えることは、安心につながりますね。

 暖かくなって、いっぱいの野菜が届くまで、今しばらくご辛抱をくだされませ!

なお、台風で出荷場のシャッターが故障して苦労していましたが、過日やっと業者が来て(台風被災から4か月後)確認してくれました。基盤交換しなければならず、まだまだ朝の手動開け作業(チェーンを20分弱引き続け)継続中です(涙)

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »