委員会・ブロックからのお知らせ

2017年5月18日 (木)

三芳縁農記

縁農委員 齊藤理子(城南・左近山ポスト)

五月晴れの53日、4日連休縁農に参加しました。みんなの家の前に広がる三芳の風景にいつも清清しさを感じます。みんなの家の前には12番古宮、14番蓑浦、16番古宮、23番稲葉さんの田圃があり、田植えのすんだ田圃と水が張られ、田植えを待っている田圃を目にしました。爽やかな風が吹いて水面が動き、小さな稲が気持ち良さそうでした。三芳では連休中に田植えは終了とのことでした。すでにサトイモを植えたとか、田畑は初夏の収穫と秋の準備です。

3日(水)は午後130から20番さんの畑へ。先ずはキヌサヤの収穫。キヌサヤの大きさに注意し、手かハサミで探るとのこと。きれいな薄紫の花を見ながらの収穫でした。黄緑色の葉の中に隠れているサヤを見つけるといった感じが、だまし絵の如く、探し忘れそうでした。キヌサヤのとなり畑にはジャガイモが植えてあり、紫色の花を二つ見つけました。次は蚕豆のアブラ虫取り。蚕豆は一番下についているサヤ一つが食べられる大きさに育ち、これからふくらんでくるサヤは、真っ直ぐ空を見上げているようで、かわいいものでした。5月半ばからの出荷を待ち遠しく思いました。

畑の中に入っていくと、少し元気のない一番上の葉の先に黒いアブラ虫がぎっしり。その近くにはテントウ虫の幼虫(全体は黑色で、背中に一本のオレンジ色の筋)がおり、アブラ虫を食べてくれるそうです。アブラ虫のついている茎をハサミで取り除きました。元気な蚕豆の一番上の葉には大きなテントウ虫が一匹。何かしてやったりの存在感がありました。常に畑を見回らなければならない生産者の大変さを思いました。

次は葱坊主取り。葱坊主の大きいのや葱坊主を被っているうす皮が弾けているものの茎の先を取るのです。ポツ、ポツ、ポツというやさしい音が静かな畑に響きました。これは、はじめての体験でした。縁農の作業中にウグイスたちが鳴き始めました。帰り途、田んぼに白サギが一羽、みんなの家の手前に一羽のキジを見ました。

4日(木)には午前830頃から出荷場での出荷仕分け作業でした。テーブルの上にカゴを並べ、キヌサヤの袋を3等分に、スナップえんどう1袋を2等分に、フキ1束を4等分に指示通りに分けて行きます。偶数に分けるのは容易ですが、奇数に分ける時には気を使います。その時生産者のTさんが「頭を使って! 〇〇防止」と何度か大きな声をかけてきます。その声を聞いてか生産者のさんが「大丈夫、作業から外されていないね」と私達のそばを通りがかります。私達は「まだ大丈夫よ」と返します。

生産者の方々の役割分担で着々と作業が進んで行きます。この日は卵、フキ、キヌサヤ、スナップエンドウ、タマネギ、生姜、キャベツ、サニーレタス、ホウレン草、ねぎが箱詰めされました。野菜は先週より少しずつ増えてきたようです。これで木曜配送の手伝いは終了です。いつも卵、野菜の位置に気を配りながらスピーディーにボックスを作って下さる生産者の皆様、本当にありがとうございます。

異常気象続きで、作付けも大変のことと思います。テレビに天気予報図が映ると、房総半島の真ん中に位置する三芳に目が行くようになりました。生産者の方々が「作業などしなくても三芳に来てもらえたら」とおっしゃっていました。美しい緑とおいしい空気、そして生産者の方々のなごやかな雰囲気の三芳です。

天候にも恵まれ、あっという間に楽しい時間がながれた1泊2日の縁農でした。


オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

5月3~4日縁農報告縁農委員

中野慧子(三多摩火・小川団地ポスト)

 縁農の日取りが決まると、一番気になるのが天気です。どうぞ晴れますように。次は、自分が朝寝坊しないでちゃんと起き、おにぎりも作って予定の列車に乗れますように。でも、天気のことはどうしよううもなく、三芳に行ってみないとわかりません。ということで、53日、4日と5名で三芳へ行っ来ました。天気は申し分なし。新緑が鮮やかです。

3日(水)午後、20番溝口さんの畑に行きました。まだ始まったばかりですが、キヌサヤの収穫です。次がスナップエンドウ、グリンピースの順に出荷だそうです。そら豆がだいぶ食べ頃になってきています。先行予約も始まりました。根元の方から順に花が咲き、それが枯れて黒くなったら、その花殻を付けたまま(はじめは本当に鉛筆の芯のように小さいのが)だんだん大きくなって豆の形になり、黒い花殻が落ちて収穫になるそうです。字のとおり空に向かって豆が大きくなっています。先日の土、日に子供たちが我が家に来て、葉タマネギのスライスにおかかとポン酢をかけて食べさせたところ、「おいしいね、この葉タマネギはいつ植えるの?」と聞かれて返事に窮しました。そこで聞きました。9月頃畑の隅に苗床を作って種をまき、11月頃一本一本定植するそうです。そして4月いっぱいは葉タマネギとして、5月からは掘りおこして乾かしたうえタマネギとして出荷になるとのことです。ちなみにキヌサヤは直まきで密集していました。それから、メルマガで紹介のあったひよこを見せてもらいました。まだハトより一回り小さいのですが、順調に育っているそうです。

4日(木)は出荷場の手伝い。我がポストは火曜日1コースです。2日前に野菜が来ました。ねぎ、サヤ、キャベツ、サニーレタス、タケノコ、生姜、卵でした。少ないねー、と話していましたが、木曜日に出荷場に行ってビックリ。サヤ、スナップエンドウ、レタス、キャベツ、サニーレタス、タマネギ、タケノコ、フキ、ねぎ、ホウレン草、セロリと野菜がいっぱい。急に増えてきましたとのこと。1030分頃終わり(手伝いになったのか、邪魔になったのか)午後に14番蓑浦さん宅の田植えの予定があるということでその準備。しっかり育った苗の箱をハウスから出し、道の脇に並べました。80100箱。水を含んでいるのでかなりの重さ。5人でバケツリレーの要領で運びましたが、一人でこれをやるのは大変です。「助かりました」という蓑浦さんの言葉にすっかりうれしくなって、縁農は終了。三芳の田植えも連休中にすべて終わるそうです。でも、「三芳は連休も関係ないですね」とのこと。みんなの家の玄関の戸をあけておくと、ツバメが入って来ます。キジも卵を守るため鳴いています。山藤、山ツツジも見事です。カエルの声がうるさいほどにぎやか。次は6月中旬の田の草取りです。皆さん、是非参加して下さい。



オーガニック食品ランキング

| | コメント (0)

2016年9月30日 (金)

カボチャのスコッチエッグ

_20160930_145258

カボチャが豊作のようですね!事務局の柳井さんがカボチャのスコッチエッグを作ってきてくれました。卵はもちろん!三芳の卵ですheart01

                                 企画委員会

| | コメント (0)

2016年9月16日 (金)

共同購入委員会より

北海道のカボチャの配送が遅れます。

「9月10日くらいに届く予定」と会員案内ではご連絡しましたが、生産者の深谷さん(北海道中富良野町)から、1週間から10日遅れる予定との連絡が入りました。

南京そのものは台風前に収穫されたので大丈夫だが、その他の畑等の後片付けや手当ての作業に追われていて発送作業に取り掛かれない状況とのことです。
もうしばらくお待ちください。

                              共同購入委員連絡会  森總子

| | コメント (0)

2016年8月22日 (月)

夏野菜の様子

三芳村生産グループの畑におじゃましてきました。

畑と田んぼの様子をお届けします。

Img_5681_683x1024

生産者番号50番 渡辺さんの畑のナス。

Img_5654_683x1024

もうすぐ出荷出来るそうです、新生姜(しょうが)。


Img_5678_683x1024

里芋。


Img_5684_683x1024

里芋。茎が赤いのはセレベスという種類だったかな?


Img_5727_683x1024

ゴマの花。
ゴマを栽培しているのは多分、渡辺さんだけなのでは?この花の中にゴマの実が出来るそうです。実が熟すとこの茎ごと干して、実がはじけてゴマが出てくるそうです。それをゴミなど取り除いてキレイにして出荷・・・と、とても手間がかかります。

Img_5744_683x1024

もうそろそろお終いのミニトマト。夏中、彩りを添えてくれました。


Img_5734_1024x683

「よとう虫」を捕獲するもの。匂いにつられて「よとう虫」がこの中に入ってくるそうです。

Img_5750_683x1024

大豆が花を付けていました。
秋には枝豆で出荷をしたり、豆が熟してから大豆として出荷したり、味噌の材料として使います。

Img_5696_1024x683

もうすぐ刈り取りだそうです。
生産グループで一番広い110aの田んぼを持っている渡辺さん。刈り取った稲は全部はざかけにします。
(取材の翌日22日、館山に台風が接近中。被害がないことを祈ります)

Img_2911_800x533

Img_5718_683x1024

オクラが豊作です。53番、石畑さんの畑。

今年もオクラが豊作で、特注も出来ます。が、特注を受けていても余っているそうで、それらは鶏のエサにするそうです。

さっと湯がいて冷凍しておくと便利ですよ!特注お待ちしていますhappy01。一袋 20本入り ¥190



Img_5704_683x1024

支柱を立てない地生えのキュウリ。キュウリが痛まないように藁(わら)を敷き詰めてありました。

「地生えのキュウリは柔らかいよ」(大森さん)




Img_5753_1024x683

34番、田中さんのハス池。
今年レンコンの生育はどうでしょうか?

(渡辺さんのハス池にはザリガニが大量発生して、根っこがやられてしまったそうです)




Img_5761_683x1024

美しいハスの花。朝、「ポン!」と大きな音を出して花が咲くそうですlovely


Img_5773_683x1024

落花生(ピーナッツ)の畑。イノシシやカラスに狙われているそうです。(イノシシ避けの電柵と上には細いネットも張っていました。

あとひと月くらいで出荷できるそうです。

Img_2972_762x800





Img_5783_683x1024

20番、溝口さんのカボチャ畑。ボックスや宅配会員が増えてきて段ボール箱に入れやすいミニカボチャを作る生産者が増えてきましたが、この大きいカボチャ、ほくほくで美味しいですよね。
大きいカボチャ、只今特注できます。一箱5kg入り ¥1220 (半箱でもOKです)

Img_5792_683x1024

苦瓜。ゴーヤもたくさん実っていました。只今特注できます。



Img_5797_683x1024

万願寺トウガラシ。

Img_1002_800x648

今回も28番 大森さんが軽トラックであちこち案内してくださいました。
「あ!この辺マムシがいるかもしれないから気をつけてwobbly!」とか、果敢に!ハス池に入って写真を撮る私に「あと3メートル先に花がたくさん咲いているよ!」(ハスの葉の背が高くて池に入るとよく見えないので) など、親切なアドバイスに撮影もスムーズに?行うことができました。ありがとうございました。

Img_1031_1024x683_800x534

                                             企画委員会


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (0)

2016年7月21日 (木)

ニューフェイス紹介

今年より生産グループのメンバーに加わりました。

生産者番号20番 溝口さんの息子さん、和基(かずき)さんです。

Dsc_6305_600x1024_2

「暑さに負けないよう頑張りますpunch

| | コメント (1)

2016年6月24日 (金)

田んぼと畑の草取り縁農

6月11日(土)、12日(日)に行われた、縁農委員さん達の田んぼと畑の草取り縁農の様子を写真に撮っていただきました。

Img_800x600_2

手分けして、蓑浦さん(生産者番号14番)、溝口さん(20番)、田原さん(26番)の畑や田んぼのお手伝いです。

Img_20160612_111030_1024x7681024x76

坂詰委員長をはじめ、皆さん縁農スタイルがばっちり決まってますhappy01

詳しくは、もうすぐ配布の「おたより」をご覧くださいね。


オーガニック食品 ブログランキングへ

                                 撮影・・・事務局 石川さん

| | コメント (2)

2016年4月25日 (月)

緒方さわ子さん(熊本県水俣市)の状況

熊本地震で被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

●緒方さわ子さん(熊本県水俣市)の状況

共同購入で甘夏みかんをいただいている緒方さん(水俣市在住)は、熊本地震の被害からは免れているとのことです。
2回目の地震はとても大きく、怖かったそうです。
海沿いなので津波の心配もされたそうですが、それもなかったので、現在のところ、基本的なインフラ(水道、電気、ガス等)にも問題はないとのことです。

                                共同購入委員長 森總子

| | コメント (1)

2016年2月22日 (月)

シイタケのこま打ち

縁農委員さんとシイタケのこま打ち縁農に行ってきました。

Dsc_3997_600x800

まずは、伐採しておいたシイ、クヌギ、栗、トウジなどの木に電気ドリルで穴を開けます。

Dsc_4004_600x800

そこへ、シイタケ菌のコマを入れて、金槌でしっかりと打ち込みます。(今日は小雨が時々降る生憎のお天気でした。縁農委員さんたちはレインコートを着てお手伝いです)

この木を時々裏返したりして向きを変えながら木漏れ日の当たる林の中に1年半くらい置いておくと、シイタケが生えてくるそうです。

Img_4400_533x800

生産者番号28番、大森さんのシイタケ。コマを打って1年目くらいだそう。可愛いシイタケが出てきていました。

Img_4442_800x533

12番 古宮さんのシイタケ。(後日、ホームページのトップページへ、こま打ちの動画を載せますね。少しお待ちください。只今、和田さんの里芋のお話など載せています)

Img_4464_800x533

ここからは、29番安田さんの畑です。玉ねぎ

Img_4458_641x800

キヌサヤが育ってきていました。


Img_4475_533x800

ブロッコリー


Img_4497_533x800

白菜

Img_4459_533x800_533x800

水菜

Img_4490_533x800

菜の花

Img_4480_533x800


春キャベツ



Img_4467_800x533

鶏たちも元気に小屋の中を走り回っていました。

Img_4484_800x533

レモンも豊作ですね。

Img_4429_533x800

川野(甘夏みかん)がたわわに実っていました。21番君塚さん。

Img_4485_800x533

イノシシの被害は相変わらずだそうで、畑の周りやシイタケ林の周りは電柵や丈夫な金網で囲ってありました。シイタケそのものは食べないそうですが、木の周辺の虫を探すためか、土を掘り起こしてシイタケに被害を与えるそうです。

今回、畑と山を案内していただいた生産者番号29番、安田さんの息子さんと28番大森さん。シャイなお二人の横顔しか撮れず、ごめんなさい。

美味しいシイタケが届くのを楽しみにしていますねhappy01


オーガニック食品 ブログランキングへ

                                          企画委員会

| | コメント (2)

2016年1月22日 (金)

ゴボウの頭を植えてみたら・・・

西岡ポストの西岡さんより、こんなお便りをいただきましたhappy01

Dsc01241_640x480

640x480

mailto 写真は、頭のところを土に埋めておいたところ、こんな立派なゴボウができました。
お正月前に収穫して食べてみたら、柔らかくて香りも最高でした。
葉っぱもこの通り。みなさんも是非やってみてください。
大根、小松菜、水菜、ほうれん草、カブに白菜、もちろん長ネギも。
春になると、それぞれの花も見られます。
三芳の野菜は、生命力が旺盛なのでしょう。
これからの季節はグングン成長します。

happy01 西岡さん、ありがとうございました。みなさんの楽しい情報をお待ちしています! 食べる会にメールを送ってくださいね!
infoweb@taberukai.jp  まで。

                                            企画委員会


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (2)

より以前の記事一覧