三芳野菜の料理帖

2016年6月17日 (金)

しょうがハチミツ

happy01小さじ1の「しょうがハチミツ」を200ccの熱湯に溶かして朝一番に飲んでいます。
身体が温まりお腹の調子が良いです。

Img_5424_1024x980

しょうがを洗って皮つきのままおろします。
小鍋に大さじ2のハチミツと混ぜて弱火でひと煮立ちします。
ハチミツに水あめなどが入っていると焦げやすいので注意。

良質のハチミツがベストですが、市販のものでもかまいません。
しょうがも無農薬、無化学肥料、露地栽培の三芳生産グループのものならベストです。
市販の場合はできるだけ漂白していないものを。
ハチミツの量は多ければ子どもにも飲みやすいかもしれません。

                                    会員 西岡政子

(西岡さん、美味しい情報ありがとうございました!はちみつ生姜、ぜひお試しください。共同購入の「山口さんのみかんの花の蜂蜜」だとベストですねdelicious・・・企画委員会)


オーガニック食品 ブログランキングへ

| | コメント (1)

2016年6月 1日 (水)

簡単なフキ料理

Dsc01304_1024x768

Dsc01306_1024x768

みなさん、フキの配送は3回目ですね。

ゆでこぼして皮をむき、調理されていますか?

めんどう、指先が黒ずむ?
捨てちゃいたくなる?(それはないでしょうけど)

手間暇かけず、簡単に出来ないものかとやってみました!

  1. 一口大にザクザク刻む。
  2. 塩を振ってゴリゴリと1分くらいもみ洗い後、水洗い。
  3. 鍋に入れて調味料、しょう油とみりん。
    または、そばつゆをフキ全体に行き渡るくらい入れる。
  4. ガスを点火、混ぜまがら2~3分煮て蓋をして放置。
  5. 15分くらい(もっと経ってしまってもOK)経ったら、混ぜながら再加熱2^3分。
  6. この工程を3回繰り返す。一晩放置すると、不思議!!
    少し気になる程度に皮まで柔らかくなって美味しく食べられます。

ゆがきません、皮をむきません、超簡単!!
お試しを。

(もし、まだ固いようでしたら、もう一度強火で火を通して、汁気がなくなるまで煮てください)


オーガニック食品 ブログランキングへ

                                       会員  西岡政子

| | コメント (3)

2014年10月28日 (火)

三芳野菜を使った簡単レシピ

生産者の八代さん(56番)から、「八代家の簡単レシピ」をいただきました。
実は私、先月の縁農で八代さんのお母さんにご馳走していただき、とっても素朴であったか~い「おやつ」に感動し、レシピいただけると嬉しいなぁ、と頼んでいたのです。
お母さん、ありがとうございましたdelicious

簡単みたらし団子

  1. 小麦粉(薄力粉)と豆腐(木綿が良いです)を混ぜて、耳たぶよりも少し柔らかい程度の固さになるようにする。 (豆腐の量を変えて固さを整える)
  2. これを食べやすい大きさにして、沸騰したお湯に入れ、浮かんできたらお湯からあげる。
  3. しょう油、砂糖、片栗粉でみたらし餡を作って、団子の上にかけたら出来上がり。

  ★小麦粉のかわりに、米粉でも美味しいそうです。(只今、米粉の特注できますよ~wink

Img_1054_683x1024

南京のイタリアンボイル

  1. 南京の皮をむき(全部むかなくてもOK)、5mmの厚さに切る。(分厚いと芯が残ります)
  2. これを皿の上に敷いて、電子レンジで柔らかくする。(500wで4分くらい)
  3. 塩、コショウ、マヨネーズをお好みでかけて出来上がり。

 ★南京をさっと蒸してもおいしそうです!縁農の時は、カラシマヨネーズでした。heart04

枝豆ごはん

  1. うるち米を普通に炊くよう、米と水を炊飯器にセットする。
  2. 生の枝豆をむき、炊飯器に入れる。(必ず生の枝豆を使ってください)
  3. 米5合に対し、塩大さじ1、酒を好みの量入れて炊く。

Photo_6

★生の枝豆で作る炊き込みご飯、とっても美味しそうですdelicious 枝豆ただいま特注できます!

                                         企画委員会


オーガニック食品 ブログランキングへ  ←クリックして応援よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

梅酢の使い方

chickみなさんのお宅にも梅酢が届きましたか?
新しい会員さんなどから「梅酢の使い方を教えて」という連絡が入っているそうなので、一昨年載せた記事をもう一度載せます。
おいしい使い方ご存じの方はまた教えてくださいねdelicious

梅酢は、梅干しを漬けた時に出る梅のエキスです。
赤い色は、赤シソによるものです。塩分を含んでいるため、用途によっては塩加減に注意しましょう。

主な使い方・・・漬物、ドレッシング、煮物、ドリンクの隠し味、紅白の色付け、すし飯などに

Img_9139


★ 漬物(即席の場合)・・・大根、人参、大根葉、かぶ、しょうが、(全部で100gくらい)それぞれを千切りにし、梅酢大さじ3で塩もみのようにしておく。15分くらいねかせ、絞って器に盛り付ける。

★ 即席漬け・・・大根、かぶ、人参など単品をきざんで梅酢を振りかけておく。

★ 煮物・・・青魚を煮付ける時、煮汁に大さじ2分の1を加えて煮る。
        厚揚げ等のの煮物に小さじ1.(特に、夏場の煮物には欠かせません)

 ご飯に・・・すし飯を作る時、大さじ2を入れると風味も豊かになります。(ただし、合わせ酢の塩加減を控えめに)

★ ドレッシング・・・和、洋、中のドレッシングに、小さじ1~2を入れると美味しい。

 黒酢ドリンク・・・1リットルの水、黒酢大さじ2、ハチミツ大さじ1、梅酢小さじ2 (会員さんからの情報です)

その他・・・生産番号1 和田さんは、梅酢を水で割って夏バテ予防のドリンクに、また、水で薄めて、うがいに(うがいをした後、飲み干します)などなど・・・その他にも、使い方をご存知の方、教えてくださいね。

sign03三芳から届いたペットボトル入りの梅酢は、長期間保存する場合、ビンに移し替えましょう。
ただ今、特注ができます。生産グループ出荷場にFAXをしてね。小(ペットボトル入り 450ml¥460)・大(一升瓶入り 1,8ℓ¥1600)

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

おいしい麦茶の淹れ方

Img_6566_800x533

今年も麦茶が届きましたheart04

冷やしても熱いままでも一年中おいしい麦茶です。
生産者に三芳での作り方を聞いたところ・・・鉄鍋に麦を入れて、一時間くらい炒るそうです。「大汗かきながら作るよー」と言われました。

ポスト長さんに美味しい麦茶の入れ方を教えていただきました。NHKテレビの番組で見たそうです。

材料

  • 麦茶・・・大さじ6
  • 水・・・2ℓ

chickフライパンで麦茶(の麦)をさっと乾煎りする。鍋に2ℓの水を入れて沸し、乾煎りした麦茶(の麦)を入れてすぐに火を止め、30分くらいおいて濾す。
ぜひ、お試しくださいdelicious

                                        企画委員会

| | コメント (0)

2013年8月 6日 (火)

万願寺トウガラシ

Img_6270_1024x775

この夏デビューしましたsign01

「万願寺トウガラシ」です。京都の万願寺地方の原産です。三芳でもデビューしました。

シシトウの仲間で、ビタミンCやカロテンがたっぷりsign03疲労回復にも効果があります。
辛みはありません。 天ぷら、網焼きにして、おかか和え、揚げと一緒に煮る、じゃこと一緒に炒める、などなど色々料理してみてくださいねwink

                                           企画委員会


| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

米粉のクレープ

今、三芳の米粉が特注できますねhappy01 先日のゆうゆう館での料理教室で、小川団地ポストの中野さんに教えていただいた「米粉クレープ」を作ってみました。
米粉がたくさん入っていて、モチモチでとっても美味しいです。

Img_4149_980x1024

cherry米粉のクレープ

材料(7~8枚分)

  • 米粉・・・100g
  • 小麦粉・・・50g
  • 卵・・・1こ
  • 重曹(料理用のもの)・・・1.5g
  • 水・・・300ccくらい

作り方

  1. ボールに卵を割りいれて、泡だて器でよくかき混ぜる。この上に水、米粉、小麦粉、重そうを加えてよく混ぜる。
  2. テフロン加工のフライパンやホットプレートなどで、おたまに一杯づつ入れ、生地を薄くのばして弱火で焼く。裏面もさっと焼く。
    ジャムなどをはさんで、丸めていただく。

今日は、いちごジャムと井の頭ポストの細田さんにいただいた甘夏みかんのママレードを入れてみました。

cherry夏みかんママレード

材料・・・夏みかん、砂糖(夏みかんの重さの50~100%) 好みで砂糖は加減してください。砂糖の量が少ない時は日持ちがしないので、小分けにして冷凍をお勧めします。

  1. 夏みかんの皮をはずし、たっぷりの水で茹でて、そのま一晩置く。
  2. みかんの実を出す。取ったあとの薄皮は圧力釜で柔らかく煮る。
    一晩茹で汁にさらしておいた皮を細切りにする。
    鍋に、皮と実、柔らかくした薄皮を入れ、砂糖を加えて15~20分くらい煮る。

(薄皮も使うのは、一物全部を食べるマクロビオティックの作り方だそうです)

Img_4164_535x800←米粉 500g入り550円。 出荷場に注文してねhappy01

                                       企画委員 堀江美穂

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

キュウリの浅漬け

夏野菜も大分少なくなってきましが・・・
先日の料理講習会で縁農委員の中野さんに教えていただいた、「キュウリの浅漬け」を作ってみました。(今週届いたキュウリを全部使ってみました!)作り方は簡単!甘酸っぱくて美味しい!ご飯がすすみま~すdelicious

Img_1828

材料

  • キュウリ・・・1kg(10本くらい)
  • ショウガ・・・1かけ
  • 漬け汁・・・しょう油 2カップ、 砂糖 150g、 酢 1カップ

つくり方

  1. キュウリは乱切り、または1㎝幅の輪切りにして、千切りにしたショウガと一緒にボールに入れておく。
  2. 漬け汁の調味料はすべて鍋に入れて加熱し、火を止めたら熱いうちにキュウリにかける。(一晩置くとおいしい)

★材料には、大根や夏野菜を加えても良い。
★漬け汁は、ご飯を炊くときに少し加えても良い。
★漬け汁は、じゃが芋と鶏肉の手羽元を煮るときにも利用すると良い。

Img_1802

Img_1806

漬け汁に、豚肩ロースと茹で卵を入れて、1時間くらい弱火で煮込んでみました。ちょっと甘めの煮豚が出来上がりました。このままでももちろん美味しいけど、ラーメンに入れても美味しそうnote

Img_1820

 Img_1810      

                                      企画委員 堀江美穂                       

| | コメント (0)

2011年9月14日 (水)

新しょうがのジンジャーシロップ

先日の料理講習会で、縁農委員の中野さんに教えていただきました。
新ショウガなので辛みも少なく、茹でこぼす必要もなしsign01あっという間に作れます。

(ただ今、ショウガの特注できま~すhappy01 生産グループの出荷場にファックスしてね)

Img_16301

材料

  • 新しょうが
  • 砂糖・・・しょうがと同量

つくり方

  1. 新しょうがは、よく洗って泥を落とし、大きいものは手でポキポキと折る。
    これを包丁でなるべく薄く切る。
  2. 鍋に、薄切りにした新しょうが、砂糖を入れ、ひたひたの水を加えて火にかけ、中火で2~3分煮る。
  3. これをザルでこして、シロップは瓶に入れて保存する。
    このシロップを、お湯で割ったり、紅茶に大さじ1~2杯入れていただくと、美味しいですdelicious
    ショウガはお菓子としていただく。フードプロセッサーでみじん切りにして、ジャムにしても良いです。数日間カラカラに干すと、日持ちします。

Img_1615 鍋にショウガ、砂糖、ひたひたの水を入れて2~3分煮る。

Img_16451 清潔なビンに入れて保存を。

                                      企画委員会  堀江

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

一品持ち寄りの交流会

tulip婦人部の方々はお忙しい中を、ちらし寿司や大根の漬物、ふきのとうの佃煮、紅生姜、梅干し野菜の白和えなどご持参下さいました。消費者からも色々なお料理が持ち寄られて、とても豊かなお食事をいただきました。レシピを載せますので、ご参考になさってください。

野菜のしょうゆ漬け (50番 渡辺悦子さんから)

(少人数用に、量を十分の一に縮小して書きますね)

材料

  • 大根・・・300~350g
  • 生姜・・・50g
  • 塩漬けシソの実(あれば)

漬けこみ材料

  • しょうゆ・・・100ml
  • 砂糖・・・50g
  • 酢・・・30ml

つくり方

  1. 大根は皮をむいて、いちょう切り。
  2. 生姜は千切り。
  3. 塩を野菜の20%振り、野菜の重さと同量の重しをして一晩置く。
  4. 翌朝、塩出しする。水を張った容器の中で。(時々水を換えると良い)
  5. 水気をしぼる。(長くもたせるには、半量くらいまでしぼる)
  6. 調味料を煮立ててから70℃くらいまで冷まし、野菜の上にかけて混ぜる。
  7. 液に浸るように、上に皿などをのせると良い。
  8. 毎日1回かきまぜ、味をなじませて2日目くらいから食べられる。
  9. 3~4日経ったら、冷蔵庫に入れると長くもつ。

夏みかんの皮で簡単にできるおいしいピール (並木ポスト 村田和代)

つくり方

  1. 4つ割りにして、中身を食べてしまった皮を、4~5こ分冷蔵庫で貯めておく。
  2. 筍をゆでるのと同じ要領で、米ぬかを一握り入れたかぶるくらいの水で、皮が柔らかくなるまで15~20分ゆでる。冷めるまで放っておく。
  3. 糠を水で洗い流して、好きな大きさに切る。(私は小指ほどの大きさにする)
    (この時、表面のつるつるした皮をむくと美しく仕上がるし、ピりピりしない)
  4. 500gの皮に対して、150~200gの砂糖と大さじ2はいのレモン汁(夏みかんの汁でもOK)を陶器かホウロウの鍋に溶かし、、焦がさないように煮詰める。(水は加えない)
  5. 冷めたら密閉容器に入れて、保存は冷凍庫で。

tulipコーヒー、紅茶に合いますし、2~3枚食べると疲れが取れます。
tulipママレードを作るときも、3まで同じ。ゆでたものを薄く切り、夏みかんの袋から出した実を加えて煮詰めれば、最高に美味しいものができます。delicious

   Cimg6889          

                                    城南ブロック                              

| | コメント (2)

より以前の記事一覧