メールマガジン

メールマガジン

2018年9月18日 (火)

彼岸頃迄

                                                     20番 溝口和基

 

 真夏の猛暑の時期でも、種まきをするものはいろいろあります。7月中には大豆とニンジン。8月中旬にはブロッコリーやカリフラワー、冬キャベツとレタスを畑の一部を苗床にして播種しました。8月下旬には白菜と京菜を苗床に、2回目のニンジンを畑に播き、ラッキョウを植えました。9月に入ってからはタマネギと春キャベツを苗床に、ダイコンを畑に播きました。この後はホウレンソウやコマツナ、二回目のダイコンを播く予定です。ナバナとカブも播きたいのですが、いまのところ畑が空いていません。

 

 この時期は夏野菜が終わりに近づき、収穫物は少なくなってきますが、種まきやら植え付けが多くて意外と忙しいです。加えて、日が段々と短くなり雨も多いので余計忙しいです。大豆は花が咲き終えて、小さな莢がついています。10月上旬にはエダマメとして収穫できそうです。最初に播いたニンジンは葉が10センチほどに伸び、そろそろ間引きのころ合いといったところです。収穫は10月下旬以降の予定です。ブロッコリー・カリフラワー・冬キャベツは畑に仮植して、一部は枯れましたが、ほとんどは無事に根付きました。レタスは定植を終え、ハクサイは定植の途中です。育苗床にある野菜は、彼岸が過ぎるまでには植えてしまいたいです。

 

 種まきや植え付けをするときになって畑に空きがない、ということがよくあります。収穫を終えた野菜をすぐに片づけられればいいのですが、夏野菜は株自体が大きくなるものが多く、片付けるのが大変です。葉菜類や根菜類などは、収穫しながら周りの草取りもすれば後が楽なのですが、果菜類などは収穫が終わってから一気に片付けることになります。夏野菜の中でも特に厄介なのがオクラとモロヘイヤです。オクラは茎が細いものなら簡単に引っこ抜けるのですが、太いものだと引っこ抜けないのでスコップを使って掘ります。モロヘイヤは野菜というよりも木といったほうがいいような姿になるので、引っこ抜くのは初めからあきらめて、草刈り機で根元を切り、トラクターで耕耘した後に根を拾います。

 

 オクラも草刈り機で刈ったほうが楽なのですが、地中に根を残したくないのでなるべく引っこ抜くようにしています。トラクターで耕耘すると、地中に残っていた根が地上に出てくるのもあれば、土の中に埋まってしまうものもあります。すべてを手で拾いきることはできません。こういう大きいものが土の中に残っていて、そのあとにダイコンやニンジンなどを播くと、伸びていく過程で障害物をよけるために曲がったり二股になってしまったりします。堆肥の塊なんかが直下にあっても同じことが起こるそうです。なかなかスムーズに事は運びませんが、やはり種まきは楽しいものです。

 

 今年入れたヒヨコが、9月の頭に卵を産み始めました。もうヒヨコと呼んではいけないかもしれません。若鶏の卵がだんだん増えてくるかと思いきや、1日に23個の状態が続いています。体の大きさがまだまだ小さい鶏もいるので、全員が生み始めるまでしばらくかかりそうです。ほかの生産者でも、まだ卵を産み始めていないという人が何人かいるので気長に待つことにします。


255_3

| | コメント (0)

2018年9月11日 (火)

お茶生産者佐藤さんより

                         お茶生産者 佐藤寛之

 

連日の猛暑

いつもお世話になっております。9月に入っても毎日暑い日が続きます。夏場はお茶の生育を妨げる雑草との戦いが正念場を迎え、

時には朝6時から作業を始め、昼間は休んで夕方から再開するといった工夫でなんとかやっていました。それにしても今年の暑さは異常でした。

お茶も8月上旬から中旬にかけて雨が降らなかったせいか、一部の幼樹は少し枯れてしまいました。来年以降もこんな暑さの夏がやってくるのでしょうか?

お茶の樹は徐々に成長していますので、これ以上枯れてしまわないよう、来年はもう少し頻繁に雨が降ることを願います。

今年の梅干しができました

今年も梅干しができました。去年の梅干しが丁度全て売り切れてしまい、9月の年間注文の発送から今年収穫した梅干しとなります。

昨年から赤しそから取り出して天日干しをする時期を出荷の2週間から1週間ほどまでに変更しています。

地元の漬物のプロフェッショナル農家さんから教えて頂き、色がより鮮やかになるとのことで実施中です。

闘茶会 清水代表になりました

毎年、茶生産青年会が茶審査技術協議会という大会を開催しており、今年は静岡市で全国大会が開催されます。

通称:闘茶会 清水地区では小島、両河内、庵原の3地区から若手お茶生産者が集まり8月中旬に県大会へ参加する選手を5名選出しました。

ただ、参加者が5名だったので、成績を問わず自動的に私も選手に選出されました(笑 

県大会の上位15名が全国大会に進出するとのことなので、頂いた練習用の茶葉を飲み比べて、県大会も頑張りたいと思います。

この闘茶会ではお茶の外観から産地を当てる審査、飲んで産地を当てる内質の審査、飲んで品種を当てる検査の総合得点で順位を決定します。

静岡含めた10の府県のお茶を飲み比べてみましたが、どのお茶にも個性があり、同じお茶でもここまで味が違うものなのかと驚きました。

お茶を上手に作ることだけでなく、かわばた園のお茶が他と比較してどんなお茶なのか勉強しておきたいと思います。

254mg_0125 2542

| | コメント (0)

2018年9月 4日 (火)

新米の収穫作業と貯蔵完了!

253

                         32番 君塚 弘和

Q 君塚さんの新米収穫の様子を先週の写真メルマガ(252号)で見ました。

今年の作柄、食味はどうですか? 写真ではとてもよく実っている感じですが……

A イネミズゾウムシ、カメムシの被害は少ないですが、収量は期待したより少ないですね。

原因は夜の高温です。食味は昨年と同じだといいのですが、どうでしょうか、ちょっと自信がありません。

Q 最初のころ無農薬・無化学肥料では収量が少ないといわれていましたが、今はどうですか?

A 品種はひとめぼれですが、今でも10a6俵~7俵です(1俵は60キロ) 

Q 君塚さんは、昨年亡くなられた27番安田さんの田んぼを受け継がれましたね。長年無農薬でやってきた田んぼですから、

いいことをされましたね、君塚さんのお米への情熱を感じます。今年の総面積はどのくらいですか。収穫から貯蔵までに何日かかりましたか。

A 総面積は140aで、12日かかりました。 

Q コンバインでの収穫作業の写真を初めて見ました。軽トラックの荷台に脱穀された籾をアームで移すんですね、一日何回この行程を繰り返すのですか。

A 3条のコンバインで一日籾タンク6パイ分の稲刈りをします。籾のタンクがいっぱいなったら、荷台の容器に移します。

容器は2ハイでいっぱいになるので、家に運びます。これを1日に3回やります。

Q そのあと籾の水分を機械で乾燥させて、貯蔵ですね。お米は水分の含有量15%前後がおいしい、水分を調節できるのが機械乾燥の利点だと聞きます。

来月大橋さんが機械乾燥の様子を写真で紹介してくださるそうですが、乾燥作業はいつ、どこでするのですか。どこか専門の業者に頼むとか? 

A 私は乾燥、籾摺り、精米まですべて自分のところでやっています。乾燥機、籾摺り機、精米機をそろえています。

午前中に稲刈りをして、午後には収穫した籾全部をいっぺんに乾燥機にかけます。水分は多いときには25%ぐらいあります。乾燥機にかけて、15時間ぐらいで終了です。

Q 君塚さんのところはかなり多い量のお米ですが、乾燥のあと、どのように貯蔵するのですか。

A 籾の状態で米袋に入れ、コンテナで納屋で貯蔵します。コンテナといっても、廃車になった生産グループの配送車の箱を利用しているだけですが……

Q それを毎月少しずつ出荷するわけですね。

A 毎月出荷事務から玄米〇〇袋、白米〇〇袋出荷の指示がくるので、その分量を籾摺りし、玄米はそのまま、白米は玄米を精米機にかけて袋詰めし、出荷場に持っていきます。

A 「八十八度の手間をかけ」ですね。新米の収穫は農家にとって一年で一番うれしい時といわれますが、これから先心配なことは?

Q はやり日本全体お米を食べる方、食べる量が少なくったことですね。ますます荒れる田んぼが多くなります。

【コメント】生産グループでコンバインを持っているのは君塚さんと34番の田中さんの2人だけ。

コンバイン米の他の生産者は、君塚さんに頼んだり、近所の人やほたる米のグループの人に頼んだりしています。

籾摺り・精米も大方の生産者は、そのつど地域の共同作業所(出荷場の隣にもあります)等に籾を持って行って作業します。10キロ150円の使用料金がかかるそうです。    

 

| | コメント (0)

2018年8月28日 (火)

写真で見る8月の三芳

252 59番大橋一史

「生姜物語」

 820日頃から新生姜(葉生姜)の出荷が始まりました。早速14番蓑浦さんに収穫の様子を見せてもらいました。山の上の畑には、1メートル以上に成長した生姜がありました。

私事ですが、21年前、新規就農した最初の夏「三芳には笹みたいな葉っぱが生えた畑を見かけるけど、何だろう?」と思ったものでした。生姜畑を見たことがなかったのです。

 さて、生姜は土の中では、比較的浅いところに出来ています(土寄せの仕方次第では深くなります)。クワ等は使わず、茎を両手で持って、そのまま引き抜いて収穫。土

を落として、茎をハサミで切りそろえれば、お馴染みの葉生姜の姿となります。

(生姜の保存)

 6月に開かれた「食べる会総会」で、「生姜は長い期間出荷されてますが、どうやって保存しているんですか」という質問がありました。

確かに生姜は、8月~9月の収穫ですが、出荷は長い期間に渡ります。特注でもご愛顧いただき、人気の野菜です。寒さに弱い生姜は、10月~11月にかけて、

ボラと呼ばれる山肌をくり抜いた「ほら穴」(?)にしまいます。

 写真は50番渡辺克夫さんの生姜のボラです。入り口は1m50cm位。奥行きは、67m。横穴もあり生姜が収納されていました。かがんで入ると、中は涼しく広い。

原始人の一家が住めそうな空間となっています。このボラですが、渡辺さんが25歳位の時から5年かけて掘りました(渡辺さん現在79歳)。

山は「ザク岩」と呼ばれるもので出来ていて、入口部分はツルハシで掘り、中は狭いので、先の尖ったハンマーを片手で振り下ろして掘り進んだそうです。

縁農に来た消費者で、生姜ボラを見た人は、「防空壕だったのですか」と勘違いされてる方もいるようです。

生姜生産者は皆、大なり小なりこうしたボラを山肌に所有。これから1年。生姜はここでワラやモミガラに包まれながら、皆さまの元に出荷されます。まさにちょっとした物語。

「稲刈り始まる(コンバイン編)」

 815日。三芳でも稲刈りスタート。写真は君塚代表のコンバイン米。大きなコンバインのタンクにモミのみが蓄えられ、ワラの部分は後ろから細かく粉砕されて出てきます。

このワラは後で燃やし、田の肥料分に。その煙は三芳の夏の風物です。タンクが一杯になるとコンバインのアームを使って軽トラに移します。

コンバインを使うと1反(300坪)の田の稲刈りは1時間程で終了。

この後、機械乾燥ですが、その様子は来月号で。私も機械乾燥を見たことありません。

(はざかけ編)

818日。はざかけの稲刈りも始まりました。バインダーと呼ばれる機械で、刈る⇒束ねるの作業がリズミカルに行われ、1反の田なら2時間ちょっとで終了します。

ただ、これはあくまで刈り取りだけで、はざかけ米の場合は、天日干しの為の「ならし」を木や竹を使って作ります。刈り取った稲をならしにかけるのはまさに人海戦術。

縁農のお世話になることも多いです。この「ならし」太陽の恵みを受けるには最適ですが、台風には弱い構造。この夏すでに20号を数えるほど多発しているので心配です。

 その台風ですが、今のところ三芳の被害はこれと言ってありません。唯一私のトマトが倒された位。リスク分散で東西向きに100苗。南北に40苗の支柱を。南北向きが倒されました。

252_3

| | コメント (0)

2018年8月21日 (火)

十鶏十色

十鶏十色

                         20番 溝口和基

 

梅雨が明けてから一回か二回だけ雨が降り、その後は真夏日や猛暑日が続き、しばらく雨が降りませんでした。「雨よ降れー」と天に願っていたら台風が来ました。二回も。幸い潮風で野菜が枯れたなどということはなく、みんなの話を聞く限りでは被害は軽微だったようです。我が家ではニガウリが支柱ごときれいに倒れました。二回とも。ですが、きれいに倒れたおかげか、株が引っこ抜けることもなく、そのまま立て直しただけですみました。その後の実のつきは悪くなりましたが……。ニガウリは台風の多い沖縄の野菜なので潮風が来ても枯れないのですが、草勢が強く、葉がネットを覆いつくしてしまうので、支柱は交差させていますが、片側だけにネットを張って這わせています。両側にネットをかけると内側の実が見えなくなり、非常に収穫しづらくなるからです。そのため、片側に重さがかかり、葉がびっしりと繁っているので風の影響を受けやすいので二回とも倒れたのだと思います。二回倒れて、二回立て直して、二回補強しましたが、まだ葉は青々としています。

 

ニガウリの隣にトマトがありますが、そちらの支柱は何の被害もありませんでした。ただ、雨の後に実が割れてしまいました。トマトの実は雨が降らなくても収穫遅れで熟しすぎると割れますが、雨が降ると過熟でなくても割れてしまいます。さらに、しばらく晴天が続いてから大雨が降ると、一気に根から水分を吸収するので、半分近くが緑色のままの実も割れていました。810日の収穫分の7割ほどが割れていて、ほとんどが鶏小屋行きとなりました。トマト祭りの始まりです。

 

我が家では13回のエサと一緒に、背負いかごに入れた草や野菜くずを鶏小屋に持っていきます。今のところヒヨコは食べきれないことが多いので、草は12回です。夏野菜の一番人気はやはりトマトで、次にキュウリ、3番手がピーマン類で。その次はナスといったところです。なぜかオクラは見向きもされません。エンサイ・モロヘイヤは後回しにされていますが、次に行くと茎だけ残っています。オクラはそのままです。

 

トマトは、割れたものと疫病で色が変になったもの、カラスにつつかれたものや虫が入っているものなどを鶏小屋に持っていきますが、今までの時期はあまり量が多くなく、苛烈な奪い合いが発生します。が、今回は11個くらいあるので奪い合いもないだろうと思っていたら、熟した真っ赤なトマトに群がっていきました。最初にトマトをくわえた鶏は、独り占めしようと鶏小屋の隅へと持っていきますが、地面におろして啄んでいる最中に追いかけてきた別の鶏たちに横取りされます。そんなことが鶏小屋内のいろいろなところで繰り広げられています。そうかと思うと、熟しきっていないトマトを独占している鶏や、ほかの野菜をゆっくり食べている鶏、それらには見向きもせずひたすらエサ(米とヌカとカキガラ)をつついている鶏もいます。鶏にも好みがあるのかもしれません。

251_2

251
 

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

古宮さん農業日誌

農作業日誌(84日~10日)          12番 古宮和男・好子

 

日(曜日)      和男             好子          出荷物

84日(土)   朝、大豆草取り       梅干し取り込み       ピーマン   

           出荷場           赤じそ干し始める      エンサイ

           じゃがいも掘り       鶏の世話          卵

85日(日)   大豆草取り         梅干し上下返す

           畑草刈り          赤じそ干す

           じゃがいも掘り       梅酢ペットボトルに詰める

                         鶏の世話

8月6日(月)   大豆草取り          梅干し取り込み終了

          食べる会との合同役員会    赤じそ干す

          トマト片付け         鶏の世話

87日(火)   大豆草取り         赤じそ干す         ピーマン

          出荷場            梅酢ペットボトル詰め    エンサイ

          トマト片付け         鶏の世話          じゃがいも

          じゃがいも掘り                      万願寺・卵

88日(水)   出荷物準備          梅酢ペットボトル詰め終了

          ニンニク掘り          鶏の世話

89日(木)   出荷日             梅干しパック詰め始める   ピーマン/・卵

          配送             鶏の世話          エンサイ

                                       じゃがいも

810日(金)  大豆草取り          梅干しパック詰め

          出荷物準備          赤じそ干す

          草刈り            鶏の世話

【コメント】

大豆草取り。今週のメインの作業。大豆は多く作っている。20日過ぎからは米を収穫する。

出荷日。朝7時半には出荷場へ行き、29番安田さんと宅配分の卵のパックをプチプチでくるむ作業。

合同役員会 三芳役員4人で食べる会事務局の3人を1030分館山駅で出迎え、生産グループ行きつけの店で昼食。その後三芳山名共同館で4時まで会議。家に帰って草刈り。7時から役員会。

配送 いざという時には翌日配送も覚悟していたが、朝には台風の影響は弱まり、三多摩コースの配送に出発。途中とくに問題もなく、無事終了。 (和男) 

梅干しづくり わが家には梅の木が25本あります。今年は昨年より少なく、完熟梅としてかなり出荷し、200キロ梅干しにしました。梅もぎと選別作業が済むと、そこから私の梅干しつくりが始まります。今週は漬けた梅を梅干し、梅酢、赤じそとして出荷できるように頑張りました。

鶏の世話 200羽います。春に入れたヒナはまだ卵は産みません。大豆畑でとった草などもやっています。この猛暑でもそんなに弱っている様子はありませんが、産む卵の量は減っています。(好子)

 

| | コメント (0)

2018年8月 7日 (火)

特注について

生産者からのおたより

特注について          33番 安田 仁

Q 特注を受けてから、出荷されるまでの流れを教えてください。

 A FAX、電話、メールで特注が来ると、特注係にすべての注文が知らされます。それを一覧表にして、出荷作業をしている生産者たちに特注として出してもらえる野菜を聞いてまわります。それぞれ出荷する野菜は前回の出荷日に予約を出しているので、誰がどの野菜が出荷調整(特注を受けられるか)になっているかだいたいわかります。火曜日分は土曜日に、木曜日分は火曜日に、土曜日分は木曜日に、9時半ごろから頼み始めます。

 Q 毎回どのくらいの数の特注がありますか。火、木、土で差はありますか。特注するのはポストが多いですか、宅配の方からもありますか。

 A 特注品目の多いこの頃は、だいたい毎回1020品目の特注があります。火曜日と土曜日はあまり変わらないけど、木曜日は少ないようです。宅配の人からは火、木、土とも56名来ます。

 

Q 特注が多いと、大変ですね。

 A 大変ですが、沢山特注をいただければ、ありがたいです。

Q 春ごろからどんなものに多く特注がありましたか。新規に青梅、完熟梅、らっきょうなど特注扱いになりましたが、結果はどうでしたか。

A この二か月ほどの数字ですが、多かったのは川野みかん、ニンニク、じゃがいも、夏みかん、きゅうりなどでした。青梅、完熟梅、らっきょうなどは出荷事務扱いで、特注ではなく先行予約で出荷事務扱いですが、注文に応じられない品目もあり、好評だったようです。

Q たとえば伝票ではきゅうりが特注品目になっているのに、届いた荷物には3本しか入ってないといったことがあります。どうしてこうしたことが起こるのか、私たちには不思議です。

A これは出荷事務の関係ですが、たまたまその日に出荷する生産者が少なかったということです。特注にまわしたので、本体が少ないということはありません。

Q 総会のとき「特注しても来なかった。ない時には連絡が欲しい」という要望がありましたが、ないときどのような対応をしていますか。「行かなければ、ないと思ってくれ」ということですか。私たちとしては「特注の申し込みをいただきましたが、なくなりました」といった連絡がもらえるとありがたいのですが、無理ですか。

A 宅配便の方には荷物の中に「ありません」というお知らせを入れます。ポストの場合はそのままです。

 Q 特注する人に要望したいことはありますか。

 A 木曜日の人は火曜日930分までに、土曜日の人は木曜日930分までに、火曜日の人は土曜日930分までに申し込んでください。それ以後に連絡をいただいても、出荷作業は終わって、生産者が帰ってしまうと、出してくれる人を探して頼むことができません。よろしくお願いします。

【写真】三芳山名夏祭り(2) 23番稲葉晃一撮影

 みんなの家前でのおみこしのもみ②白丁踊り③みんなの家前での見物客(前列左か元14番中村、坂詰・ 後列左から和田、根本、遠藤、石畑)


249



 

| | コメント (0)