メールマガジン

メールマガジン

2019年3月19日 (火)

立春野菜

立春野菜

  20番 溝口和基

 1月の終わりと2月の初めに、待ちに待った雨が降りました。千葉県の北部では雪が降ったそうですが、南のほうは雨だけでした。

年末から1月いっぱいはほとんど雨が降らず、畑がカラカラになっていたことは記憶に新しいですが、その前の11月下旬から12月中旬にかけては

雨が多く、晩秋から冬にかけての季節としては気温が高い日が続いていました。

気候の変化が激しく、野菜がなかなか育たなかったり、逆に予定よりも早く育ちすぎてしまったりなどのことがありました。ままならないものです。

 昨年の9月終わり塩害を伴う台風がありました。冬野菜は大体その前後の時期に播くので、発芽してすぐに台風にやられてしまったものもあります。

10月以降になると、播きなおしてもできる野菜と播きなおしのきかない野菜がでてきます。我が家の白菜は3分の1くらい枯れてしまいましたが、

10月に入ってから播きなおしても結球しません。人参は遅まきすると色が出にくくなります(育たないことはないらしいです)

 台風の後はなるべく早くボロボロになった夏野菜を片付け、カブ・小松菜・ナバナ・ホウレンソウなど、その時期からでもできる野菜を播きました。

その後、思いのほか気温が下がらず、年を越してから収穫する予定だった野菜たちがグングンと成長してしまい、台風の被害を受けた野菜も元気を取り

戻し、多くの野菜が11月下旬から12月に収穫が重なってしまいました。収穫ばかりしていると畑がどんどん空いていきます。ですが、秋から冬にかけての気温が下がる時期だと、直播きできる野菜が限られます。限られるといいますか、越冬する豆類やナバナを除くとホウレンソウだけだと思います(あくまで個人の主張です)

 ホウレンソウは食べるのも育てるのも好きな野菜なので、冬の間途切れることなく収穫できるように、時期をずらして数回播種したのですが、なかなか

思うように育ってくれません。台風の直後に播いたものは12月上旬に収穫しきってしまい、10月下旬と11月上旬に播いたものは雨が多く、うまく育ちませんでした。その後畑が空くたびにホウレンソウを播き、発芽はしたのですが雨が少なく、ある程度の大きさから全然育っていないように見えました。

ですが、地上部に変化がなくても土の中で根っこを伸ばしていたようで、雨が降ったら一気に大きくなりました。多くの植物は、水に溶けた状態でないと

養分を吸収することができない(例外もあるそうです)ので、雨によって水分と一緒に鶏糞の養分を吸収したのでしょう。

今月の終わりころには収穫ができそうです。

 収穫する野菜が少ないのでフキノトウを探しに行きますが、なかなか一袋分になりません。ほかの草に隠れていたり落ち葉の下にあったりで、茎が

のびてから気づくことが多いです。ちなみにフキノトウはフキの蕾の部分なので、採らずにそのままにしておいたら花が咲きます。

275

| | コメント (0)

2019年3月 5日 (火)

新宿でフェアに参加

新宿での南房総市フェアに参加しました

                           代表 32番 君塚弘和

 

219日(火)から23日(土)まで、新宿駅南口近くにあるJA東京アグリパークで行われた南房総市フェアに参加しました。市から出店のお誘いがあったからです。

初日に、割り当てられたコーナーに卵(10個パック入り)、コンバイン米(5キロ袋と2キロ袋)、マヨネーズ、梅干、米粉、里芋、シイタケ、生姜、フキノトウ、ナ花、大根などを並べました。5日間のうち生産グループから売り子が行ったのは初日(32番君塚・12番古宮)と最後の二日(2232番君塚、2332番君塚・56番八代)でしたが、ウイークデーはビジネス街らしく、昼ごろになると、どっと人が来ました。関心を持って話しかけて下さる方も何人かありました。

値段は食べる会価格より2割ほど高くしましたが、全体としてよく売れたのは小袋入りのナ花(110袋)、里芋(15ケース、500g90袋)、生姜、梅干、卵(30キロ)でした。「なくなった」と連絡があるごとに追加して届けました。期待のお米は、2キロ袋6袋、5キロ袋ゼロでした(「誰が重いお米を新宿から持ち帰ると思ってるの? 2キロ袋をド~ンと目立つように積まなくちゃ!」と食べる会の方にいわれました)

新宿にはスーパーマーケットがない。勤め人の方は話をすれば、よいものなら売れると感じました。


277

 

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

なつみかんの摘花

 なつみかんの摘果

                           かわばた園 佐藤寛之

 立春もだいぶ前に過ぎ、静岡でも梅の花やふきのとうなど、春はもうすぐというように季節が変化しています。かわばた園でも梅の剪定が終わり、

次はなつみかんの摘果作業に取り掛かりました。

 なつみかんはそれほど広い畑ではなく、父と2人で1日半作業しただけで完了してしまう程度の面積ですが、急斜面にあることに加えて、

不安定な木の上に登っての作業となり、それなりの疲労感があります。

 樹齢がかなり高齢になっていることもあり、昨年から年間注文は受け付けられてはおりませんが、今年は去年よりは多く残ったかな?という印象です。

残念ながら今年も年間注文としては受け付けられないような印象らしいですが、個別にご連絡をいただければあるいは……といった感じです。

注文のところに関しては改めてご連絡致します。

 私は摘果の作業自体はまだ2回目の初心者なので、どの実を摘果するのかという判断が父のようにサクサクとはいきません。

 父からは「迷ったら落とせ」とのアドバイスをもらってはいますが、そのアドバイス通り素直に摘果してしまうと、1本の木に4個ほどしか

残らなかったものありました(笑)。さすがにやり過ぎているのは自分でもわかるので、「迷ったら……」とは簡単に言っても、やはり考えながら

摘果作業をしていかなければならないものです。何にしても経験ですね。

 梅の剪定についても同じことが言えます。地面に対して垂直に伸びる“直立枝”、太い枝の進行方向とは逆向きに伸びている“逆行枝”は切る、

と言われても、素直に全てやるとスカスカの木が出来上がります。結局、6月ごろの収穫量が減ってしまうのでこちらも難しいところ。

 「こういう剪定、摘果をしたら、こういう収穫量、結果になった」という反省が得られるのは数ヶ月かかってしまう農業の難しさを感じながら、

ちゃんと記録を残して早めの成長を目指します。


276img_3179_2

| | コメント (0)

2019年2月12日 (火)

近況報告

近況報告(農作業日誌に代えて)

                 23番 稲葉晃一

 寒くカラカラ天気がしばらく続いて、ようやく雨が降り出しました。作物もやっと一息ついているのかなと思う今日この頃です。

近況報告ということで、23日(日)について書きだしました。

 午前中は、お寺の役員として、木が覆いかぶさっている墓地のこさ切り作業。チェーンソー等を駆使しての大木伐採作業を行いました

(とは言っても、主に補助的な後片付けが主なものでしたが……)

 午後からは、山名下二地区の「初午」神事に参加しました。20名程の集まりですが、五穀豊穣を祈念しての宴となりました。

非農家の方も参加しての集いであり、年に二、三回しか顔合わせしない方もいて、久々の懇談会となり、夕刻まで話が弾みました

(しかしながら、当分の間は、ノンアルコールでのお付き合いとなりますが……)

 

 鶏たちも、数多くの卵を産んでくれています。来月にヒナが来るので、鶏舎の片づけと併せ、水田へと鶏糞・米ぬかの搬入をしています。

この間田んぼが終わったと思ったら、田んぼ関連作業がもう始まるんだなという感じです。

 お米のだぶつきも懸念されますが、生産現場は、美味しいお米作りに励んでおります。山名地区でも、高齢化等により、コメ作りを断念する

農家が増加しています。

しかし、この米作りは農業の「礎」と思います。多年にわたり育んできたこの大切な農地を、これからも守り続けていきたいと思います。

新たな販路開拓、様々な商品開発等知恵を出し合いながら、前に進みたいと思います。

 まずは健康第一で頑張りまっさ! 春はもうすぐそこまで……


| | コメント (0)

2019年1月22日 (火)

たまごの話

たまごの話                              20番 溝口和基

 

年末年始の配送が休みだった時も、鶏たちは卵を産むのを休んでくれません。出荷ができないので多少は親戚などに配ったりしますが、

それでもどんどん卵がたまってしまいます。マヨネーズも作りますが、この様子だとしばらくは特注が受けられそうです。

若鶏は初産の時期に卵をよく産み、寒くなると少し減り、春先になるとまた増え始めます。

我が家の若鳥は、最盛期には一日に羽数の半分ほどの卵を産み、今は羽数の三分の一ほどで安定しています。

若鶏がいる鶏小屋には高い位置(地面から150センチほど)と低い位置(30センチほど)の二か所に産卵箱を設置しています。

高いほうの産卵箱に入るには、いったん止まり木に乗ってから飛び移らないとたどり着けません。それにもかかわらず、

ほとんどの鶏が高いほうの産卵箱で卵を産みます。本能的に敵から狙われにくい、高い場所で産卵をしたがるものなのかもしれません。

それか、低いほうの産卵箱は入り口が狭いので入りづらいだけかもしれません。今度ヒヨコを入れる予定の鶏小屋を、年明けからリフォームしています。

そこの産卵箱を二階建てにしてみたので、上と下のどちらの産卵箱が人気となるか見てみたいと思います。

 産卵箱の床は木の板なので、そのままだと卵が産み落とされたときにぶつかって、ひびが入ってしまします。

そこで、卵の割れを防ぐために産卵箱の中にもみ殻か切り藁を入れています。入れてからしばらくは何事もないのですが、

そのうち鶏が切り藁を啄んで外に出すなどするので、だんだんと減っていきます。もみ殻を入れた場合には、わざわざ足でどかして窪みをつくり、

すわりのいい状態にするので床が露出してしまいます。

たまに産卵しているところに出くわすことがあります。産卵しそうな時と卵を温めているときに産卵箱に手を入れると威嚇されます。

鶏によってはつついてきます。あまり痛くありませんが、つつかれるのもいやなので産卵の様子を眺めていると、卵はとがった側を下にして産み落とされます。

卵の殻には小さな気孔が空いていて、それが丸い側には多く、とがった側には少ないので、とがった側のほうが強度があるため下を向いて産み落とされるそう

です。卵パックや箱に入れるときもとがっている側を下にします。

産卵の直後は卵の表面が湿っていますが、数秒もすると乾きクチクラ層という膜をつくります。クチクラ層は細菌が卵に入るのを防ぐ役割がありますが、

洗卵すると洗い流されてしまうそうです。水拭きでも取れてしまうのかはわかりません。産み落とされて湿っている間に、産卵箱の中の汚れが付着してしまう

ようですが、もみ殻はなぜかあまり殻につきません。卵の上に卵が産み落とされた場合も汚れは付きません。その時は下の卵にひびが入ると思いますが。

271

参考資料 『たまご大辞典 改訂版』 高木伸一著 工学社

| | コメント (0)

2019年1月15日 (火)

竹林の間伐作業の日々

かわばた園のお茶は、秋の収穫を終えると次の新茶の時期まであまりやることがありません。昔はみかんを栽培していたので、冬にもやることがありましたが、今では栽培していないので結構時間があります。という訳で?最近は暇ができれば竹林の間伐を行なっています。いろいろとやることもあり、父一人では手が回らなかったので現状はかなり荒れていて、枯れた竹が倒れていたり、竹が密集しすぎていて空が見えません。

 たけのこも3−4年生ぐらいの竹の根から多く出るものなので、古い竹が残っていると竹林の新陳代謝ができず、徐々にたけのこも取れなくなってしまいます。よく番傘をさして通ることができるぐらいの間隔というのを聞きますが、とりあえずはそのぐらいを目指しています。

 実際に作業をしてみると、竹を切ること自体は竹の中が空洞ということもあり簡単です。ただ、問題は切った竹をどうするかということです。竹を切る→3mほどに切りそろえる積み重ねる焼くor粉砕機にかけるという順序になりますが、かわばた園には粉砕機がありません。焼くにしても安全に処理できるところまで運搬しないといけない…。重機を使わず、全て手作業なので140本も処理するとヘトヘトです。地道な作業ですが、120本ずつゆっくり作業しています。最初はチェーンソーも使っていたんですが、急斜面ということもあり、重たいチェーンソーは取り回しが難しく、結局ノコギリが1番楽という結論になったので一人竹と戦う毎日です。ちなみに父は近所のみかん農家さんの収穫のお手伝いとイノシシ、シカ、サルとの追いかけっこに明け暮れています。

 竹林の整備には数年かかりそうですが、杉林の整備にはさらに時間がかかりそうです。茶畑を囲むように植林された杉林は、かなり密に植えられているので、日光を遮り、下草が全く生えていません。最近ではいろいろな地方で豪雨と土砂崩れのニュースを聞くようになり、私の住む地域でも数年前に大きな土砂崩れがありました。周辺の山も強度の間伐が必要です。あっちもこっちも、というわけにはいかないので、まずは竹林から。次に杉林を間伐して健康な山づくりを目指していきたいと思います。そうした山に囲まれたお茶は健康に育ち、より良いものになるのかなと思っているので、長い目で見て頑張りたいと思います。

                 かわばた園 佐藤寛之

| | コメント (0)

2018年12月18日 (火)

はなやさい

はなやさい            20番 溝口和基

台風に耐えた野菜や台風後に種まき・定植した野菜が、気温が下がらないせいで一気に成長し、収穫時期が重なっています。

台風後に播いた野菜は年末から年明けにかけて収穫する予定だったのですが、思ったより早く成長してしまいました。

そういうわけで、品目が多い状態は年明けには解消されると思います。あくまで個人的な見通しですが。

気温が高かったおかげで野菜がグングン成長しましたが、同時にレタスがトウ立ちしてしまいました。

「トウ立ち」という言葉は今まで何度か出てきた気がしますが、説明していなかったので調べて説明します。

「トウ」は漢字で書くと「薹」です。漢字が難しいのでカタカナで表記します。「トウ」は野菜などの花の茎のことです。

トウ立ちしてしまうと養分が花のほうにいくためか、根菜類は根が固くなり、葉菜類は茎が固くなります。

結球野菜は玉を突き破ってトウが伸びてきます。我が家のレタスも結球してすぐくらいにトウが外に出てきました。

 基本的には野菜はトウ立ちしたら出荷できませんが、逆にトウ立ちしてくれないと困る野菜もいくつかあります。

ブロッコリー・カリフラワー・ナバナなどの花蕾を食べる野菜たちです。適期に種まきをして、生育中に何事もなければ、

野菜はある程度大きくなってから、周りの環境に応じてトウ立ちします。レタスは高温を、ブロッコリー・カリフラワー・ナバナは低温を感受してトウ立ちします。

今年は秋の気温が高かったので、レタスはトウ立ちして鶏のエサとなり、ブロッコリーはなかなか蕾ができずに株が大きくなりました。

 トウ立ちしてくれないと困りますが、ブロッコリーとカリフラワーとナバナは株が大きくなる前にトウ立ちされても困ります。

株が小さいまま花蕾ができてもあまり大きくならないからです。早くに定植したら虫にたかられて、遅くしたら花蕾が小さくなります。

品種によっては越冬して大きい花蕾が収穫できるものもありますが、難しい野菜だとあらためて思います。

ブロッコリーと同じ時期に定植したカリフラワーはまだ花蕾が見えません。株は順調に大きくなっているので、たぶん大丈夫です。

ちなみに去年(今年の春に収穫予定だった)カリフラワーは、株だけ大きくなって花蕾ができませんでした。

 11月下旬くらいからブロッコリーの花蕾が見え始めました。株は大きく育っているので花蕾も大きくなると思います。

気温が高いままだったら花蕾が開いてしまう恐れがありましたが、ちゃんと寒くなってくれたので採り遅れなければ大丈夫でしょう。

いきなり寒くなりすぎて、人間のほうがダメになりそうですが……。初めて知ったのですが、ブロッコリーの和名は「緑はなやさい」だそうです。

今年もいろいろな天候不順があり、配送が隔週になるなどの影響を受けましたが、年末になって野菜が復活しました。

来年も悪天候に負けずに栽培をしていくので、どうぞよろしくお願いします。少し早いですが、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0)

2018年12月11日 (火)

農作業日誌 安田仁・澄子

農作業日誌(1130日~126日)

33番 安田仁・澄子

 

 農作業           出荷した生産物

1130日(金) 出荷の荷造り・鶏の世話・卵ふき             

  晴       トマト片付け(支柱、ネットを外し、

草刈り機で刈る)

121日(土)  午前中出荷場(仁)・鶏の世話・卵ふ  卵、大根、里芋、人参 ・28番大森さん母

  晴       き・モアで草刈り、トラクターかけ   かぶ、サニー、小松菜 49日法要(澄子)

          蚕豆定植(360本)          古根生姜      ・夕方二人で種苗店

122日(日)  蚕豆定植(160本)・ほうれん草種まき

  曇       溝上げ・鶏の世話・出荷物収穫と箱詰め

123日(月)  出荷物荷造り・鶏の世話・卵ふき

  曇時々晴     出荷物の種類が多く忙しかった。

124日(火)  出荷場()→配送。PM8:30帰宅   卵、大根、里芋、人参

  曇夕方雨    出荷物の収穫(人参は水洗いした)   かぶ、サニー、小松菜

          鶏の世話・卵ふき          レン草、チンゲン、古根

12月 5日(水) 人参収穫・出荷物荷造り

  曇時々曇    鶏の世話・卵ふき

12月 6日(木) 午前中出荷場(仁)・出荷物の収穫  卵、大根、里芋、人参 ・美容院(澄子)

  雨のち曇    鶏の世話・卵ふき           チンゲン、小松菜、  ・夕方二人で忘年会                     

                           古根、鶏肉        用の景品を買いに                            

 台風後に種まきをした葉物が一斉に育ち、出荷物の種類の多い一週間でした。毎日のように(午前中とか夜とか)雨が降っていたので、雨やみを見ながら野菜の収穫をしていました。それで畑の仕事(草取り、鶏糞入れ等)が遅れてしまっています。早く天気にな~あれ、と祈っています。

6日夕方二人で忘年会用の景品を買いに行きました。生産グループの忘年会で1000円程度の景品を持ち寄って、ビンゴゲームをするからです。婦人部も参加して毎年行っています。今年は129日(日)の夕方から。景品は一か所に集め、早く上がった人から取りますが、その場では開けず、中身は家に帰ってからのおたのしみ。

 写真は忘年会の様子(撮影・大橋一史) 会場は館山市の御食事処「花清」

 今年一年お疲れさまでした、乾杯! 一番左の列の手前から二人目が33番安田澄子さん。


267


 ビンゴゲームに真剣! 一番和田さん。

267_2

 2時間の忘年会も終わり、一本締め(瞬間を狙ったのですが、一瞬遅れました)

267_3

| | コメント (0)

2018年11月13日 (火)

新穀感謝祭・替え歌

新穀感謝祭で食べる会側が歌った替え歌を紹介します(その2

三芳替え歌(3)三芳賛歌(雪山賛歌)           替え歌作者・和田あき子

  1 三芳の野菜は われらが命 俺たちゃこれしか 食べないからに

2 ニンジン ダイコン レンコンいいね 届いた野菜は 何でも食べる

  3 三芳のネギは 極上品よ ネギがくれば すき焼きします

4 卵 卵 卵がほしい 俺たちゃ町では 買わないからに

(会場から)レンコン レンコン レンコンがほしい 俺たちゃ町では買わないからに

( 〃 )マヨネーズ マヨネーズ マヨネーズがほしい 俺たちゃ町では買わないからに   

5 野菜が少ないときゃ どうすりゃいいの それぞれ自分で 算段してね

  6 三芳の野菜は われわが命 俺たちゃこれしか 食べないからに

 食べる会側ではほかに「僕らは三芳野菜をたべている」(手のひらを太陽に)を歌いました。

生産グループからは23番稲葉さんの「島唄」(「安室奈美恵でなく、すみません」との前置きあり)と「聖者の行進」の曲にのせた「農家の行進」の2曲。音楽グループのドラマーだった60番江原さん作詞の「農家の行進」はさすがに音楽的センス抜群。前回紹介した三多摩百草なでしこポストの山口あつ子さんのピアノ伴奏つきの替え歌「その名も偉大な三芳村」のCDに一同しんとして聞き入りました。ご協力ありがとうございました。(和田あき子)

| | コメント (0)

写真で見る新穀感謝祭2018

              撮影・59番大橋一史

 「みんなの家」台所での料理づくり。みなベテラン主婦で、手際のよいこと!!


2631



 畑見学。32番君塚代表、33番安田さんの畑を見て、毎月レポートに登場する20番溝口君の畑見学。解説者として1番和田さん、50番渡辺さんのほか、婦人部の皆さんもいっしょに見学。渡辺さんから「畑を見て、これなら通常配送ができると安心した」のお言葉あり(写真は左から食べる会和田代表、1番和田さん、溝口君)


2632


 開会を待つ会場風景。


2633


 食べる会和田代表挨拶(左から和田代表、司会の露木代表、23番稲葉)


2634


 いよいよ歌合戦の始まり。オープニングの歌「三芳生産グループの 今日は楽しい感謝祭」(村祭り)を歌う。

2635

| | コメント (0)